電話受付時間 平日10:00~17:30 第2・4木曜日定休
【近畿地方限定】失敗しないお墓づくりに役立つ小冊子プレゼント!

これでいいのか!?墓石業界!(2)施工基準がない業界

これでいいのか!?墓石業界!(2)施工基準がない業界
この記事を書いている人 - WRITER -

2015年3月に、建築用免震ゴムの大規模なデータ改ざん発覚、
2015年11月には、横浜市のマンションが杭打ちの手抜きによる傾き、
…と、今年は建築業界の不正が社会的に大きな問題となっています。

1124a.jpg

 


では、墓石業界は大丈夫なのでしょうか?

答えは、墓石業界ではこのような問題は起こりません。
なぜなら、「建築基準法」のような規制法律がないからです。

つまり、どんな工事をしようが法的には問題ないのです。

 

1.地面を十分な深さまで掘り下げ、割栗石や砕石を入れて転圧をし、
  鉄筋を組み上げ、コンクリートを流し込み基礎工事を行う基礎工事。
2.地面の表面の土を3㎝ほど取り、モルタルを敷くだけの基礎工事。
3.基礎工事など全く行わない業者。

1124b.JPG

この他にも、軟弱地盤などの場合には、地盤沈下を防ぐために、
特殊工法を用いた基礎工事を行う場合もあります。

これらは、すべて、それぞれの石材店が決める事なのです。

では、仮に法的に問題はないとしても、地震が起きたら大丈夫なのか?
また、年数が経つと共に墓石が傾いたりはしないのか?

全然、大丈夫ではありません!

事実、20年前の阪神・淡路大震災では数多くの墓石が倒壊しました。

1124c.jpg

この地震を機に、被災地・神戸にて開業することになった当社では、
基礎工事の重要性を再認識し、建墓に関する工法を根本的に見直しました。

また、全国的にも、お墓に関する地震対策への関心が高まり、
現在では、さまざまな墓石用地震対策製品が販売されています。

けれども、地震に関しては地震対策製品により性能が異なるのと、
いくら優れた性能の地震対策を施したとしても、
基礎工事が万全でなければ何の意味もありません。

ただ、家やビルなど、建物の倒壊に関しては大きな話題になり、
建築に関わる法改正や工法の見直しがされていくのですが、
お墓に関しては、それほど大きく変わることはありません。

火山国日本では、今後もいつ大きな地震が起きても不思議ではありません。

それがもし、お盆やお彼岸など、お墓参りの多い時期に起こったとしたら、
1基数百kgもある墓石が墓参者の上に倒れてくるかも知れないのです。

想像するだけでも恐ろしいことです。 

現状において、規制法律がある無しはともかくとして、
「墓参者を守る」そして「ご先祖様も守る」ためにも、
一定基準の施工を行うことが石材店としての務めではないかと考えます。

今の時代、基礎工事を行わない墓石工事なんて論外です。

       
                                      ~つづく~

top_img_1604_520x265.png

top_bnr_inquiry_site_520x85.png

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください