電話受付時間 平日10:00~17:30 第2・4木曜日定休
【近畿地方限定】失敗しないお墓づくりに役立つ小冊子プレゼント!

7.神戸・兵庫・近畿地方で建てるお墓の形を選ぶ

7.神戸・兵庫・近畿地方で建てるお墓の形を選ぶ
この記事を書いている人 - WRITER -

お墓の形や大きさには、特別な決まりはありません。

基本的にお墓の形は、好みに合わせて自由に決めることができます。

ただし、墓地の区画が定められている場合は、
それに収まる大きさにしなければなりません。

また、墓地によっては、お墓のカタチについて、
ある程度規制をしている場合もありますので、
その墓地・霊園の規定沿った墓石を建てる必要があります。

従来の墓石のカタチは「和型墓石」と「洋型墓石」が中心でしたが、
最近では、故人をイメージしたものや、お好きな言葉を刻字したものなど、
個性的な「オリジナルデザイン墓石」も数多くつくられています。

和型墓石

出し扱いでレイアウトをしてください。

和型墓石の最も標準的なものは「和式角柱角」と呼ばれるものです。

これは台石の上に竿石と呼ばれる塔状の石を建てたものです。

現在の墓石のような形態の和型墓石は、
江戸時代の中期頃からつくられてきたと言われており、
現在でも多くの人が和型墓石を建立しています。

和型の墓石は、3段重ねのものが主流になっており、
上から順番に竿石、上台、下台で構成されています。
(※これらの名称は地域によって呼び方が異なります)

寸法は、正面から見た竿石の幅によって墓石全体の大きさも違い、
8寸型(約24cm)、9寸型(約27cm)、尺角型(約30cm)などがあります。

和型の墓石にも、竿石上部の形状を変えたり、
蓮華台や、スリンと呼ばれる豪華な装飾を施すなど、
好みに合わせて少しずつデザインを変えることもできます。

洋型墓石

高度経済成長期の霊園ブームを機に、
公園形式の墓地や芝生墓地が数多くでき、
洋型の墓石を選ぶ人も増えてきました。

洋型といっても、日本で考え造り出されたものですから、
厳密に言えば、和洋折衷型と考えることもできます。

洋型墓石は竿石の竿石の形状により、
正面を斜めに削り落とした「オルガン型」と、
シンプルな直方体の「ストレート型」の2種類が一般的です。

洋型墓石は和型墓石に比べ安定感があり、
地震にも強いことから、近年人気が高まっています。

墓地や霊園によっては「洋型墓石」しか建てられないところも、
増えてきておりますので、事前に確認する必要があります。

cat11-7-2.jpg

石材店によっては、柔らかなアール加工を施したり、
竿石の形や花立などに、工夫を凝らしたりして、
さまざまなデザインの洋型墓石が用意されているので、
自分の好みに合ったものを選ぶことができるでしょう。

これらは、オーダーメイドの雰囲気を持ちながらも、
あくまでも既成のデザインなので、デザイン費が掛からず、
完全オーダーメイドのオリジナルデザインの墓石に比べて、
予算を低く抑えることができるという利点があります。

洋型墓石の基本的な構造は、竿石、上台の2段型のものと、
2段型に下台が加わった3段型が一般的なカタチです。

オリジナルデザイン墓石

中国の石材加工技術の発達や人件費の安さなどもあり、
自分の個性をお墓にも反映させたいという意識の高まりから、
一般的な形式にとらわれない、デザイン性に富んだ、
オリジナルデザインの墓石を建立する人も増えてきました。

この背景には、「家」という制度をもとに考えてきた、
一族の墓という考え方から、核家族化の進む現代社会においては、
その家だけの墓もしくは、個人を主体としたお墓へと、
人々の考え方が変化している、という事情があると考えられます。

cat11-7-3.jpg

そのカタチも、故人の趣向を汲んだり、
家族の心や想いをお墓に表現したものもあります。

生前建墓であれば、自らの思いを反映させたり、
家族の絆、家族の生きた証を強く感じさせるものもあります。

時には、趣味の道具や本の形をかたどったお墓、
お酒好きだった故人を偲んでつくった徳利型のお墓など、
個性あふれるさまざまな形のものが登場しています。

また、墓石の正面には、家名ではなく自分の好きな言葉を彫ったり、
立体彫りにて、お好みの図柄や礼拝の対称などを彫刻することもできます。

cat11-7-4.jpg

ただ、和型墓石ならば、墓石に使用する石材の善し悪しや、
熟練職人による、精度の高い加工と磨きによってつくられた墓石なら、
消費者にとって、「良いお墓」と呼べるものが出来上がるでしょう。

しかし、自分の理想にかなった、イメージ通りのオリジナルデザイン墓石を
つくるためには、「オリジナルデザイン墓石」に精通した信頼できる石材店を探し、
十分な時間をかけて、担当者とよく話し合うことが最も重要なポイントです。

「オリジナルデザインのお墓を建てるには?」について詳しくはコチラまで

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください