電話受付時間 平日10:00~17:30 第2・4木曜日定休
【近畿地方限定】失敗しないお墓づくりに役立つ小冊子プレゼント!

3.墓地の種類と場所で選ぶ【その3】寺院墓地

3.墓地の種類と場所で選ぶ【その3】寺院墓地
この記事を書いている人 - WRITER -
寺院墓地

読んで字のごとく、お寺が所有、管理・運営している墓地です。

人が亡くなると、お寺の住職に葬儀をあげてもらい、
それぞれの菩提寺にある墓地にお墓を建てて祭祀をする。

宗教、信仰などによっても異なりますが、
日本人のその昔からの一般的なお墓のあり方でしょう。

寺院墓地の多くは、市街地近くの利便性の高いところにあるため、、
空きがない場合が多く、もし有ったとしてもそれなりの値段はします。

これは、寺院墓地だけに限ったことではなく、
住宅地、商用地でも同じことが言えるでしょう。

cat11-3-1.jpg

檀家になるということ

寺院墓地には、常に住職等、お寺の関係者がいるため、
管理も行き届いているところが多く、法要の際だけでなく、
日常的に安心して、管理・供養をお任せすることができます。

しかし、お寺の墓地にお墓を構えるということは、
そのお寺の檀家になることを意味し、必然的に宗旨・宗派は限定されます。
(なかには例外もあり、宗旨・宗派不問のところもあります)

一般の墓地のように、単なる墓所の管理ということだけではなく、
お寺に日々の供養をも、お願いすることになるわけですから、
それなりのお付き合いが生じてくるのは当然のことです。

檀家になるということは、自分一代限りの問題ではなく、
子供、孫の代にわたり、お寺を支えていく会員となることなのです。

したがって、お寺の墓地をお考えになる際には、
必ず、そのお寺の住職に、お寺の行事やお付き合いの仕方などを、
事前によく確認しておいてから決めることが大切です。

また、お墓のカタチについても、一般の墓地のように、
どんなお墓でも自由に建てても良いというわけにはいかず、
当然ながら、お寺の境内にある墓地ということなので、
その景観や宗教的観点に沿ったものに限定されることもあります。

お墓を建てる際の石材店に関しても、お寺という神聖な場所だけに、
お施主が自由に選べるところは少なく、お寺が認めた御用達の石材店でなければ、
墓地への出入りができない決まりになっているところがほとんどです。

【寺院墓地の評価】総合評価:◎~△(個々の考え方によって評価が異なる)

価 格 立地条件が良い分、値段も高い。
立 地 人が来やすい場所にあることが多い。
宗 教 × そのお寺の宗旨に限る場合が多数(例外あり)。
墓 石 一般的には奇抜な墓石はNG。石材店はお寺御用達に限る場合が多い。
設 備 お寺なので、法要も可能。
管 理 日々の管理と供養についての安心度は極めて高い。
この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください