電話受付時間 平日10:00~17:30 第2・4木曜日定休
【近畿地方限定】失敗しないお墓づくりに役立つ小冊子プレゼント!

2.墓地の種類と場所で選ぶ【その2】みなし墓地(神戸市内にも数多くあります)

2.墓地の種類と場所で選ぶ【その2】みなし墓地(神戸市内にも数多くあります)
この記事を書いている人 - WRITER -
みなし墓地

「みなし墓地」?

なんか聞きなれない名前の墓地ですが、
いったいどんな墓地のことなのでしょう?

都市部の中心から離れた住宅地の一角や道路の脇とか、
田んぼや畑の横とか、山のすそ野に多く見られる墓地で、
実際には墓地の経営許可を受けていませんが、
受けたものと“みなす”墓地のことを「みなし墓地」と言います。

cat11-2-1.jpg

「墓地」というのは、誰でもが勝手に造成してつくれるものではなく、
自治体である県や市の許可がなければつくることはできません。

また、墓地を経営することが認められているのは、
自治体などの地方公共団体、財団法人などの公益法人、
そして、お寺などの宗教法人に限られています。

私たち、石材店や不動産開発業者などが、
墓地の経営に関わることは認められません。
(実際には宗教法人の名義貸しなどが行われていますが…)

このことは、昭和23年6月1日に施行された、
「墓埋法」(墓地、埋葬等に関する法律)によって定められています。

この墓埋法が施行されるずっと以前から、
すでに墓地として存在していたものを「みなし墓地」と言います。

みなし墓地には、その昔の村の共同墓地であったり、
個人の所有地にあり、親族や親戚縁者のための墓地である個人墓地など、
日本中のいたるところに数多く点在しています。

cat11-2-2.jpg

これらは、地域によって「村墓地」「共同墓地」「自治会墓地」など、
さまざまな名称で呼ばれており、墓地の規定や管理もまちまちです。

というよりも、墓地の管理などは、そこに墓所を構える人たちが、
自分自身で行わないといけないような墓地もたくさんあり、
水道の設備すらないところも決して少なくありません。

それらの「みなし墓地」の申し込み資格に関しては、
昔からその地域に住んでいる人だけに限定している所や、
近隣の新興住宅地の住民も対象に含まれていたりとさまざまです。

いずれにしても、大規模な募集があるところは少なく、
空き区画を中心とした募集がおこなわれているところがほとんどです。

多くの利益を得ることを目的とした墓地ではないので、
墓地代は安く、多くは公営墓地と同程度の金額で分譲されています。

また、墓石についてのカタチも特に制約がないことが多く、
石材店も自由に選べる場合がほとんどですが、
なかには、自治会等が定めた指定の石材店でしか、
墓石の建立ができないところもあるので事前に確認が必要です。

みなし墓地を選ぶ理由?

墓地の性格上、「みなし墓地」のほとんどは、
墓地全体の環境や設備、管理、サービスなどの面において、
公営墓地や民営墓地と比較すると、劣ると言わざるを得ません。

みなし墓地にその昔から墓地を確保されている方は別として、
新たに、この墓地を求められる方の最大の理由は自宅からの距離なのです。

この「自宅からの距離」を最優先に考えられる方が、
墓地をお探しの方の中にかなり数多くいらっしゃいます。

もちろん、自宅から近いにこしたことはないですが、
人によっては、家から車で30分の距離にある墓地でも
遠いと言われる方も決して少なくありません。

それらの方々のご希望は、自宅から徒歩圏内であるとか、
電車の駅から歩いて行ける場所にある墓地なのです。

仕事場への通勤でも、家から30分位は当たり前だとは思うのですが、
なぜか、墓地に関しては、環境や設備より距離を優先に選ばれる傾向にあります。

お墓参りに行かれる回数は、それぞれの人によって異なりますが、
よく行かれる人で月1回、一般的にはお盆、お彼岸、年末年始、命日など、
年に4~5回程度の墓参回数の人が多いのではないでしょうか?

それぞれの人の感覚に、個人差はあると思いますが、
車で30分、電車、バスなどを乗り継いで1時間程度ならば、
都市部では、便利の良い方だと思えるのですが…。

お墓というものは、その人の代だけで使用するものではなく、
未来永劫、長きにわたって後世に受け継いでいくものだけに、
自宅からの距離という問題だけに限定した墓地選びをされるのではなく、
さまざまな観点から、選んでいただくことが重要かと思います。

【みなし墓地の評価】総合評価:△(墓地によってさまざまです)

価 格 公営墓地と同様、安価な場合が多い。
立 地 その人の住まいの場所による。
宗 教 宗旨・宗派、不問の場合がほとんど。
墓 石 お墓のカタチは自由だが、石材店は指定の場合がある。
設 備 × 墓地によってさまざまだが、設備に期待はできない。
管 理 × まったく管理がされていない墓地も多数ある。
この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください