電話受付時間 平日10:00~17:30 第2・4木曜日定休
【近畿地方限定】失敗しないお墓づくりに役立つ小冊子プレゼント!

9.建てたばかりのお墓にひび割れが?

9.建てたばかりのお墓にひび割れが?
この記事を書いている人 - WRITER -

今回の事例は、墓石のひび割れに関する事例です。
ありとあらゆる言い訳トークを備えている石材店もあると聞きます。

【事例.4】完成したばかりのお墓なのにひび割れが!

石材店から施工工事が完了したとの連絡を受けて、霊園に確認に行ったところ、
完成したばかりのお墓なのに、墓石にひび割れがありました。

さっそく取り替えてほしいと、石材店にお願をしたのですが、
なかなか対応してもらえなくて困っています。(60代・女性)

cat6-9-1.jpg

【解説】建ててすぐの墓石が自然にひび割れするとは考えにくい

こうしたトラブルが発生した場合には、
先ず契約書に同様のケースに該当する記載がないか確認をすることです。

そして、保証が付いていれば、その内容について双方で確認し、
それに従って対応してもらえるよう交渉します。

もし、保証について明記されていない場合でも、
完成したばかりの墓石にひび割れが生じるなんてことは、
よほど強い衝撃を与えない限り、通常では考えにくい状況です。

ただ、お墓に使用する石は、打撃には弱いので、
角の部分や、蓮華加工などの鋭利な部分は、
ちょっとした衝撃でも欠けてしまいます。

今回のケースのように、墓石全体にひび割れが生じているのならば、
原石もしくは、加工・施工上に原因がある可能性が高いでしょう。

一般的には、建立後一年以内に発生した瑕疵であれば、
社会通念上、石材店側には保証の義務があると考えられます。 

どうしても業者側が、交渉に応じてくれない場合は、
最寄りの消費生活センターに相談されることをおすすめいたします。

【参考文献】「霊園ガイド・2011上半期号」(株式会社六月書房発行)

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください