電話受付時間 平日10:00~17:30 第2・4木曜日定休
【近畿地方限定】失敗しないお墓づくりに役立つ小冊子プレゼント!

私が求めたのは、満足や安心が、より長く継続する事です。【大阪府守口市 KK様】

私が求めたのは、満足や安心が、より長く継続する事です。【大阪府守口市 KK様】
この記事を書いている人 - WRITER -

kk_160325.jpg

KK様  ←画像をクリックすると拡大表示されます。

KK様  ←画像をクリックすると拡大表示されます。


私が求めたのは、満足や安心が、より長く継続する事です。

半年で15軒ほど石材店を廻りました。
本当に色々なお店がありました。

電話の会話だけでダメと判断できる店、
とんでもない高価格を平気で提示する店、
逆に首を傾げるほど低価格な店。

そして、平気で嘘をつける店。

これらの店で建てたと思うとゾッとします。

同じ仕様で見積もり依頼しても、
最大で2.5倍の価格差がある時もあり、
適正価格だけでなく、何が正しくのかも解らなくなり、
正直とても混乱していました。

そんな時に、栃木県の高庵寺の御住職のブログや、
富山県の宮崎さんのブログを知り、
私の住む大阪から少し離れておりますが、
神戸の第一石材さんを知りました。

この流れが出来たのは本当に幸運です。

確実に自分の希望が明確になっていきました。

他店を悪く言う気はありませんが、
私を含めて、お墓の素人であれば、どんな石材店で建てても、
最初は誰もが立派なお墓が出来たと感動して満足すると思います。 

でも、その時の感動や満足感、
そして安心感をどれだけ長く継続できるか?
それも5年や10年でなく、
何十年経っても良いお墓と思えるかどうか?

購入時の価格のみの比較で、
間違った判断で後悔するのは絶対に避けたかったのです。

その長く続く安心を求めていると自分の中で解ると、
自然と石材店は絞れていきました。

第一石材さんであれば、国産石は絶対に国内加工です。

インド産や中国産の石で、中国加工であっても間違いない品質と確信できました。

基礎工事も念入りでコンクリートも良質ですし、地震対策も現状では、
最高にコストパフォーマンスに優れたモノを用意して頂けたと思います。

そして何より、こちらの都合を最優先して頂き、
急かす事も一切なく商談して頂けました。

可能な事は全て応えて頂けたと思います。

最後の価格交渉時のみ、「それは勘弁して下さい・・・」
と能島社長は辛そうに首を横に振られましたが(笑)

商談途中で能島社長より、
「お墓の中に水が入らない仕様があるのですが如何でしょうか?」と提案頂きました。

富山の宮崎さんのブログを読んでいたので、
能島社長の提案は理解できましたが、
関西には関西の風習があるのだから、
そこまでは必要ないだろうと正直考えていました。

当時のウチのお墓は和歌山県の南端にあり、
その地域の仕様は水が入る入らない以前の問題で、
お骨を最初から土の中に埋葬してしまうのです。

土葬の延長の様な感じですね。

そして基礎工事も無く、上に墓石を置くだけでした。

母方のお墓は大阪で、納骨の時も見ていますが、
困った事はないと考えていたので、
お墓の中に水が入らない事が重要とあまり思えなかったのです。

商談時は、まだ防水仕様は第一石材さんでも実績が少なく、
諸事情もあって契約前に設計図や構造的な事は解らなかったのですが、
信頼できる方と思える能島社長が強く勧められます。

それも自社の利益ではなく、
こちらの事を強く思って勧めて頂いているのがよく解りましたので、
ここは思い切って新しい仕様を選択しました。

富山の宮崎さんも、予算の関係があるのなら、
石のランクを落としてでも、
構造重視で防水仕様を選ぶべきです!と強く勧められます。

契約後に設計図を見せて頂いて、
ようやく仕様が「なるほど!」と理解できました。

後日、石の加工で香川県の庵治牟礼に能島社長と同行させて頂いた時に、
理解が確信に変わりました。

実物を見て、この仕様はコスト高になるけど積極的に選んで良かったと。

お墓の工事の時には、もうメリットは明確に解っていたので、
この仕様を選んでなければ、逆に大きな後悔をしていたと思えるほどでした。

私には、お墓の中に水が入らないという事よりも、
お墓の構造自体が遥かに丈夫で、
地震にも強い事がメリットと思えました。

素人目にも明らかです。

すっかり母もお墓も見る目が養われてしまい、

実家の両親が眠る30年前に建てたお墓を見て、
一番下の土台になる石が離れかけている・・と、
四つ合わせの芝台を指差していました。

近いうちに修理が必要になると思いますし、
仮に震度5クラスの地震が来たら耐えられないと思います。

今回の第一石材さんで建てて頂いた仕様であれば、

免震ゲルの「安震はかもり」を20年か30年先に交換、
後は目地のコーキングをやり直すぐらいしか、
将来的な修理の必要は感じません。

仕様としては割高になりますが、結果的には安く済むと思うのです。

昨今の安直な風潮で、後世に負担を掛けたくないという、
「墓じまい」をテレビ等で見かけますが、
心の拠り所がない方がむしろ負担に思えますし、
本当の負担を掛けないとは、確かなお墓を選択する事だと思います。

安い割に良いモノはあっても、
安過ぎるモノに本当に良いモノは無いと思っています。

本当に良い品質の間違い無いモノを求めるのなら、
ある程度の価格の覚悟が要りますね。

当初の予算は大幅にオーバーしましたが、
最高の結果を得られて大満足しております。

最後に、栃木県の高庵寺の御住職、富山県の宮崎さん、
第一石材さんを通じて建墓に関わって頂いた方々、
全ての方に感謝いたします。

本当に有難うございました。

栃木県、高庵寺のご住職のブログはコチラまで
お墓の値段はいくら?富山のお墓の営業マン・宮崎さんのブログはコチラまで

top_img_1604_520x265.png

top_bnr_inquiry_site_520x85.png

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください