電話受付時間 平日10:00~17:30 第2・4木曜日定休
【近畿地方限定】失敗しないお墓づくりに役立つ小冊子プレゼント!

9.お墓のことだけではなく、問われる事務手続きに関する知識!

9.お墓のことだけではなく、問われる事務手続きに関する知識!
この記事を書いている人 - WRITER -

役所への様々な事務手続きのノウハウも必要!

人が亡くなると、残された家族がお墓を建てて納骨をする。

ごく自然の流れであたりまえのことです。

そして、「いいお墓」を建てるためにはどのような観点から、
石材店や営業マンを選べばいいのかという事をこれまでお話ししてきました。

設計や施工といったハード面から、仏事やしきたり等のソフト面まで、
その判断項目は数多くに分かれ、いずれもが大切なことばかりです。

しかし、お墓を建てるという事は、単に墓石を建立して納骨をする、
という物理的な行事を行うだけでは済まされません。

申請書類や届出書類の提出

そこには、様々な申請書類や届出書類の提出をする必要があります。

「火葬許可証」「改葬許可証」「承継申請手続」等の、
法律や条例にて定められた書類を、墓地や霊園を申し込む時や、
納骨の際に、定められた管理事務所等に提出する必要があります。

これらは、何も亡くなった人だけに限らず、
生きている人間でも、子供が生まれれば「出生届」を出し、
引っ越しをする際には、「転出届」や「転入届」を出すのと同じです。

ただ、「出生届」や「転入・転出届」なら誰でも知っているが、
『改葬許可証』などは、その言葉すら初めて聞く人も少なくないでしょう。

家を建てて、人が住んで、各種届出を済ませて、はじめて引越し完了です。

亡くなった人も、生前の住まいから、「お墓」という新しい住まいへ
引越しをされるわけですから、生きている人間と同様の手続きが必要となるのです。

お墓づくりは単なるモノではなく、墓石の加工・仕上げから、墓地での工事、
そしてアフターサービスまでに至るハード面はもちろんのこと、

「お墓建立」の際に必要な書類や、申請手続きに関する知識も含めたソフト面をも、
石材店や担当する営業マンとしては持ち合わせておく必要があります。

それ以外にも、各霊園や墓地によって、独自に定められた規程や提出書類等があります。

お墓を購入される際には、これらの事務的な手続きの方法や、
市町村役場への書類申請手続きに関する知識を、
担当の営業マンが有しているかどうかを、事前に確かめることが重要です。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください