電話受付時間 平日10:00~17:30 第2・4木曜日定休
【近畿地方限定】失敗しないお墓づくりに役立つ小冊子プレゼント!

石材店任せではできない良いお墓づくりのための3つのポイントとは?

石材店任せではできない良いお墓づくりのための3つのポイントとは?
この記事を書いている人 - WRITER -

いざ、お墓を建てるとなったとき、あなたは何を基準に選びますか?

 

  • 石の種類ですか?
  • 墓石の形ですか?
  • 価格ですか?

 

それとも、何もわからないから石材店にお任せですか?

 

こんにちは。(一社)日本石材産業協会認定「1級お墓ディレクター」の能島孝志です。

兵庫県神戸市で、“カロート(納骨室)に水が入らない特許構造墓石”『信頼棺®』を販売する、(株)第一石材の代表を務めさせていただいております。

能島

たしかに、お墓選びは一般消費者にとって極めてわかりにくいものでしょう。

また、決して安い買い物ではないし、買い替えのきくものでもありません。

 

多くの方が気になる、石も、墓石の形も、そして価格も大切な要因であることは事実です。

 

しかし、近年においては、災害に強いお墓かどうかについても目を向ける必要があります。

 

では、具体的にどのようなお墓づくりが必要なのかを、これからお伝えいたします。

 

1.お墓もお家も基礎工事が重要

お墓もお家も基礎工事が重要

お家やビルなどの建築物を建てる際には、基礎工事が重要なことは誰しもがご存知かと思います。

しかし、お墓のこととなると、意外にも基礎工事にさほど関心がない方が多いのです。

 

もしかしたら、関心がないというよりも、「石材店に任せているから安心」と思っているのかもしれません。

 

でも、お墓の基礎工事は建築物と違って石材店ごとに仕様は様々なのです。

 

しっかりと鉄筋を組んで生コンで仕上げる建築レベルの基礎工事をする石材店もあれば、鉄筋を網目状に組んで溶接した「ワイヤーメッシュ」と呼ばれるものとモルタルで仕上げた気休め程度の基礎工事まであります。

また、お墓の基礎工事は地域性もあり、中には基礎工事をまったく行わない地域もあるのです。

 

なぜ、このような違いがあるのかというと、お墓の工事には建築基準法のような規定法律がありません。

つまり、どのような工事をするかは石材店の考え方次第なのです。

 

でも、近年では、日本中のあちらこちらで大きな自身が頻繁に起こっている状態で、これって怖いと思いませんか?

ましてや、石はとても重いものです。

 

お墓もお家と同じく基礎工事はとても重要なのです。

 

そう考えると、あなたがお願いしようと考えている石材店が、どのような基礎工事をしているのかをあらかじめ知っておくべきです。

 

2.お墓も地震対策が当たり前の時代

お墓も地震対策が当たり前の時代

お墓も基礎工事が重要なことはご理解いただけたかと思いますが、基礎工事だけでは地震への対策としては不十分です。

 

今や、日本中いつどこで地震が起こっても不思議ではありません。

 

けれども、1995年(平成7年)に、当社第一石材の地元である神戸市で発生した「阪神・淡路大震災」以前には、関西で大きな地震が起こるなんて、ほとんどの人が思ってもいなかったことかと思います。

それゆえ、墓石の施工も地震を想定しての工法などしておりませんでした。

基礎工事においてもモルタルを使用した気休め程度のもので、生コンを使用しての基礎工事なんて関西ではほぼなかったように思います。

 

もちろんですが、その当時は墓石の耐震・免震施工なんて皆無です。

 

そして、あの「阪神・淡路大震災」が起こりました。

 

お墓も数多く倒壊し悲惨な状態でした。

この地震を機に、阪神間では基礎工事に若干力を注ぐようになりましたが、全国には、いまだに基礎工事を行わず墓石工事をする地域もあります。

 

外柵の施工時にステンレス製金具を使用する石材店が多くなりましたが、各部材の接合には、今でもモルタルを使用して施工する業者があります。

モルタル施工はボンド(石材用接着剤)施工と比べると耐久性に乏しく、“震度5弱”程度の揺れで墓石倒壊の恐れがあることが実験でも証明されております。

その証拠に、「阪神・淡路大震災」以降に発生した数多くの地震でもモルタル施工の墓石の多くが倒壊しています。

 

では、モルタル施工では地震対策にならないことがわかっているのに、なぜボンドを使わずにいまだにモルタル施工をしているのでしょう?

 

それは、モルタル施工の方が値段が安くて施工が簡単だからです。

それ以外の理由は何もありません。

つまり、石材店側だけの都合なのです。

 

地震国日本においては、ボンド施工だけにとどまらず、お墓の地震対策も当たり前の時代です。

 

ただ、お墓の地震対策ツールも数多くの種類があり、中には耐震・免震効果がほとんど期待できない工法もありますので、事前に石材店に確認しておく必要があります。

 

いくら良い石を使ったお墓でも地震で倒れたら終わりなのです。

 

3.お墓の納骨室の水対策は大丈夫ですか?

お墓の納骨室の水対策は大丈夫ですか?

その昔は、夕立や集中豪雨と呼ばれていた大雨も、今では「ゲリラ豪雨」と呼ばれるほどの局地的な大雨が毎年全国のあちらこちらで大きな被害を与えています。

 

中には、家屋の倒壊や土砂崩れによって命を亡くされた方も大勢いらっしゃいます。

 

また、「不幸中の幸い」というにはあまりにもひどすぎますが、人命には影響なくとも家の中や家財などが水や泥の影響で甚大な被害を受けた方々となると数え切れないほどいるでしょう。

きっと、家の中は当分使えないような状態になっていたことかと思います。

 

このような状態と同じことが、お墓の中で起こっているとしたらどうしますか?

 

こんなところに大切な家族のお骨を納めますか?

実は、全国のほとんどの地域の墓石は納骨室(カロート)の中に水が入ってしまう構造なのです。

 

ただ、お墓の中を覗いたことがあるなんて人はほとんどいないためご存じないだけです。

 

ましてや、近年のゲリラ豪雨となれば、納骨室の中に水が溜まり、お骨がプカプカと浮いていることもあります。

また、水が入るだけではなく、クモやムカデなどの虫のすみかになっていたり、スズメバチが巣を作ったりすることもあります。

 

あなたの大切な家族のお骨が、このようなところに納められているとしたら、あなたは耐えられますか?

 

見た目の美しさや石の品質も重要でしょうが、お骨を納める納骨室こそきれいな環境にしてあげることで安らかに眠っていただけるのではないでしょうか。

 

4.まとめ

いかがでしたでしょうか。

 

お墓づくりは何もわからないからといって、すべて石材店にお任せでは絶対ダメということです。

 

あなたは、お家を建てるときやマンションを購入するときに、業者にすべてお任せにされるでしょうか?

また、日用品を購入するように、簡単にポンと買ってしまいますでしょうか?

 

おそらく、そんなことはしないはずです。

 

お家が「現在の住まい」であるならば、お墓は「未来の住まい」なのです。

お家も数十年前とは構造も仕様も大きく変わっています。

 

お墓も同じです。

 

日本の自然環境も、頻繁に起こる大きな地震やゲリラ豪雨による水害など、3、40年前と今では大きく変わっています。

 

お墓の構造や施工方法もこのような環境の変化に対応した、自然災害に強い構造にて設計することが要求されます。

 

一般消費者にとってお墓はわかりにくい商品だけに、ついつい目に見える部分で選んでしまいがちですが、外からは見えない部分にも目を向けていただき、本当の意味での「いいお墓」を建ててください。

 

私ども第一石材では、お墓に関するさまざまな疑問にお答えさせていただいております。

相談は「1級お墓ディレクター」の私、能島孝志が対応させていただいております。

もちろん、相談は一切無料です。

 

当社では、

しつこい営業は絶対にいたしません。
売り込み電話は絶対にいたしません。
自宅への押しかけ営業は絶対にいたしません。
…ので、安心してお問い合わせください。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください