電話受付時間 平日10:00~17:30 第2・4木曜日定休
【近畿地方限定】失敗しないお墓づくりに役立つ小冊子プレゼント!

1.よく分からないお墓・墓石の選択基準?

1.よく分からないお墓・墓石の選択基準?
この記事を書いている人 - WRITER -

お墓は何を基準に選べばよいのか?

何を基準に選べばよいのか?

ほとんどの消費者の方が、お墓を購入される際に、
何を基準に選べばよいのかが分からないと言われます。

「まったく、その通りでしょう!」

車や家電製品のように、過去に何度か購入した経験がある商品ならば、
多くの消費者の方が、ある程度の判断ができるでしょう。

また、パソコンならスペックの比較が出来ますし、
食品なら味見をすることも可能ですが、お墓には情報がありません。

有ったとしても、限られた少ない情報程度でしょう。

ましてや、オリジナルデザインの墓石を除けば、
どのお墓も似たり寄ったりのカタチをしているわけですし…

いったい、誰の言うことを信用すればいいの?

石材店の人の言うこともお店によってまちまちです。

消費者側からすれば、いったい何が本当なのか分かりません?

こういったところが、余計にお墓選びを複雑にしており、
消費者に不安ばかりを与える結果になっているのではないでしょうか。

ある石材店では「庵治石なんて最近では採れてません。大島石がお薦めです!」

また、ある石材店では、「最近のお墓はみんな中国で作ってます。
日本でお墓を作っている店などほとんどありません!」とか…。

「どちらも、まったくのウソ!」

国産の最高級墓石材である庵治石も毎日採掘されていますし、
中国における墓石加工が全体の多くを占めているとはいえ、
庵治や岡崎、真壁といった加工産地を中心に日本のあちこちで、
墓石や燈籠、彫刻物などの石材加工は日々行なわれております。

商売をしている以上、どのお店にしても営業マンにしても、
出来ることなら自分の店でお墓を購入してほしいという気持ちは理解できます。

もちろん、私もそうですから!

だからといって、消費者にその場限りのウソや適当な情報を伝え、
正確な情報をきちっと伝えないというのはどうかと思います。

モノのない戦後の時代や高度経済成長期の頃なら、
どんなものでも、作ればなんでも売れたかも知れません。

しかし、情報化社会となった今では、消費者には知る権利があり、
私たち販売する側には、正しい情報を提供する責任と義務があります。

特に、お墓という商品は消費者にとっては高額商品であり、
一生に一度買うかどうかの大きな買い物なのでなおさらです。

また、建築物には「1級建築士」、不動産なら「宅地建物取引主任者」、
料理人なら「調理師」など、資格が必要な業種も数多くありますが、
お墓の販売するにあたっては何の資格も必要ありません。

入社まもない営業マンでも名刺1枚でお客様宅に訪問し、
カタログと石材サンプルで墓石を販売するなどはごく当たり前。

資格が必要でないため、最近では葬儀社、仏壇店、葬祭ギフト店などの
仏事関連業者も相次いで墓石の販売に参入してきている時代です。

それゆえに、私たちお墓づくりを専門とする石材店としては
今、正に『専門店としての意義』が問われる時代と言えるでしょう。

国産の墓石が良いか?中国産の墓石が良いか?
という以前に、業界人としての最低限のモラルとルールをもって
消費者に対応できているかどうかの方が先決なのではないでしょうか。

こんなことすら、出来ないお店に国産であろうが、
中国産であろうが、心のこもった本当に良いお墓を
消費者に届けることなど極めて難しいと私は考えます。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください