電話受付時間 平日10:00~17:30 第2・4木曜日定休
【近畿地方限定】失敗しないお墓づくりに役立つ小冊子プレゼント!

1.国産のようで国産でない墓石?

1.国産のようで国産でない墓石?
この記事を書いている人 - WRITER -

現在では日本における墓石の大半が中国の石材加工工場でつくられています。

別に中国を含む新興国でモノづくりをすることが悪いことではありません。

墓石だけに限らず、私たちの身のまわりの物の多くもそうしてつくられています。

ただ、墓石に関しては建築基準法や食品衛生法の様な規定法律や、
「JIS規格」や「JAS規格」の様な規格もありません。

ということは、墓石の製作に関しては何をしても法的規制は無いということです。

それをいいことに、中国の石材加工工場では、熱処理、薬品処理、染色といった、
あらゆる方法を用いた”お墓のごまかし加工”が日常的に行なわれています。

この事実については、中国の石材加工工場に墓石の製作を依頼している、
多くの日本の石材商社や卸売業者も知らないはずはありません。

知らないのは、ごく一部の小売業者とほとんどの消費者でしょう。

けれども、”お墓のごまかし加工”は法にふれないのでどうしようもないのが現実です。

私ども第一石材が出した結論は、中国内に自社の専属提携工場を確保し、
原石のチェックから設計内容の打合せ、製品加工から完成に至るまでのすべてを、
自らが中国に出向き、ごまかしの無いお墓づくりを行うというものです。

国産のようで国産でない墓石?

それでも、消費者側からすればやはり不安は残るものです。

そんな不安な思いをするくらいなら、少々値段が高くなっても、
「やっぱり国産のお墓にしよう!」と考える人も少なくないはず!

「その通りです!」

正真正銘の国産のお墓なら安心できるでしょう!

ところが、国産であるようで、完全に国産でないのが、
近年日本で数多く出回っている通称「国産墓石」と呼ばれるものです。

1-1.gif

「なんかよく解りにくい話ですね!」

その「国産であるようで国産でない墓石?」とはいったいどんなものなんでしょう?

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください