電話受付時間 平日10:00~17:30 第2・4木曜日定休
【近畿地方限定】失敗しないお墓づくりに役立つ小冊子プレゼント!

娘だけで跡継ぎがいないから墓じまい!これを読んでもお墓はいりませんか?

WRITER
娘だけで跡継ぎがいないから墓じまい!これを読んでもお墓はいりませんか?
この記事を書いている人 - WRITER -

娘しかいなくて、跡継ぎがいないのでお墓はいらない。

 

近年、よく耳にする言葉です。

 

行きつく先は「墓じまい」。

 

そして、お骨は、、、

 

  • 合葬
  • 散骨
  • 樹木葬

 

でも、これってはたして娘さんの本心なのでしょうか?

きちんと相談して出た結論なのでしょうか?

 

跡継ぎうんぬんのことは二の次にして、意外と娘さんは、きちんと手を合わせる場所を望んでいるかもしれないのですよ。

 

1.「つたえたい、心の手紙」

「つたえたい、心の手紙」

亡くなった大切な家族に、生前伝えることができなかった想いは誰しもがあるはずです。

 

そんな想いを「手紙」として記すことで、少しでも悲しみを乗り越えるきっかけになれば・・・

という願いのもと、冠婚葬祭互助会の株式会社くらしの友(東京都大田区西蒲田8-2-12)が、2008年より「つたえたい、心の手紙」という企画を毎年実施しています。

 

その企画に2016年に応募された、福岡県の樋口淳子様の受賞作品が、お笑い芸人の鉄拳さんによってパラパラ漫画化され話題になっています。

 

タイトルは「お父さんは愛の人」。

子供のころから父親の愛情をたっぷり受けて育ったひとりの女性が主人公です。

 

結婚・離婚・出産を経験した彼女が、年老いて認知症になった父親の介護を通して、子供の頃からの父親との思い出を振り返り感謝する、といったエピソードが描かれています。

 

2.娘から、今は亡き父への手紙「お父さんは愛の人」

娘から、今は亡き父への手紙「お父さんは愛の人」

パラパラ漫画動画をご覧いただく前に、まずは原作をご紹介いたしましょう。

 

娘から、今は亡き父への手紙「お父さんは愛の人」

福岡県 樋口淳子 様 48歳

 

お父さんは愛でできている。小さい頃から、そう思いよったよ。

 

私が小学校の頃、尿検査でおしっこを入れるしょうゆ入れみたいなのの赤いふたが無いって大騒ぎしたことがあったやん。

 

私がわあわあ泣きよったら、お父さん、「淳子ちゃん、泣かんでよか」ってどっかからコルクを持ってきて、削り削り入れ物に合わせてふたを作ってくれたもんね。

なんか妙な形やったけど、おしっこがこぼれんようなちゃんとしたふたやった。

次の日一人だけコルクのふたで検尿を出したけど、恥ずかしいやら自慢やら。

 

優しかったあ。お父さんは。

 

中学の技術の課題、防犯ブザー覚えとう? 不器用な私は作れるはずもなく、結局お父さんが徹夜で作ってくれたね。

 

寝ぼけた私は、ブーブー音が鳴る度に、「うるさい!」って文句言いよったらしいね。

朝になって防犯ブザーが出来上がっとうのを見て、ごめんなさいって気持ちでいっぱいやったとよ。

 

でも、今思えば、お父さんもあんまり器用な方じゃなかったね。

 

評価2やった。

 

私が離婚を決めたときも、何も言わず何事もなかったように、全て受け入れてくれたね。

 

親不孝な娘やんね、私。

 

父親のいない子を産む決心をした時もそう。

穏やかに、いつもと同じ笑顔で私たちを守ってくれた。

 

それなのに、お父さんの優しさが辛くて、ちゃんとありがとうって言えんかった。

 

だから、お父さんの認知症が進んで、夜中にトイレに連れて行ったりお尻を拭いてあげたりするようになった時、涙が出るほど嬉しかっとよ。

 

お父さんは何度も「ごめん」って言いよったけど、私は喜びで胸が震えるほどやった。

 

やっと恩返しができるっちゃもん。

 

でも、ほんの短い期間の介護生活の後、病院のベッドで眠り続けて、そして逝ってしまったね。

 

私になんちゃって介護の思い出を残して。

 

私の罪悪感を少しでも軽くしようと思ったっちゃろ? お父さん。

 

どこまでも優しいお父さん。

 

お父さんは大きな愛の人。

 

私もお父さんみたいな愛の人になるけんね。

だって、お父さんの愛から生まれて愛で育った娘やもん。

 

すでに、この段階で涙腺崩壊かもしれませんね。

 

3.感動のパラパラ漫画動画

感動のパラパラ漫画動画

人は誰しもが歳を取り老いていきます。

 

そして、必ず死にます。

 

実に死亡率100%です。

 

そんな中で、家族の固い絆や、かけがえのない数々の思い出、そして父親への感謝を改めて気づかせてくれる内容のパラパラ漫画です。

 

このパラパラ漫画には、モノクロでナレーションやセリフがありません。

あえて、無声映画のような手法でつくられているからこそ、琴線に触れる作品になったように思います。

 

では、お待たせいたしました。

 

この手紙を鉄拳さんがパラパラ漫画動画にしたものをご紹介するといたしましょう。

 

 

4.まとめ

いかがでしたでしょうか。

 

胸が熱くなりましたか?

 

涙が頬を伝いましたか?

 

号泣しましたか?

 

たぶん、感じ方はそれぞれかと思いますが、娘さんの子供の頃を思い出されたことでしょう。

 

それでもやっぱり、お墓はいりませんか?

 

娘さんにとって負担に思いますか?

 

意外と娘は、親が心配しているほど、お墓参りを負担だなんて思っていないかもわかりませんよ。

 

それは、嫁いでいても関係ありません。

 

家督相続制度もなくなった今の時代に、「跡を継ぐ」って、いったい何を継ぐのですか?

跡継ぎうんぬんの問題と、お墓にお参りすることは別問題ではないでしょうか。

 

お墓をしまうのは簡単ですが、二度と元には戻りません。

 

合葬したお骨も還ってきません。

海に撒いたお骨もしかりです。

 

あなたの娘さんは、そんなに薄情ではありません。

 

だって、あなたが育てた子供なんですから。

 

お墓は、亡くなった人だけのものではありません。

残された者が、故人に会いに行くための場所でもあるのです。

 

 

こんにちは。(一社)日本石材産業協会認定「1級お墓ディレクター」資格の能島孝志です。

兵庫県神戸市で、“カロート(納骨室)に水が入らない特許構造墓石”『信頼棺®』を販売する、(株)第一石材の代表を務めさせていただいております。

能島

私ども第一石材では、お墓に関するさまざまな悩みにお答えさせていただいております。

相談は「1級お墓ディレクター」の私、能島孝志が対応させていただいております。

もちろん、相談は一切無料です。

 

当社では、

しつこい営業は絶対にいたしません。
売り込み電話は絶対にいたしません。
自宅への押しかけ営業は絶対にいたしません。
…ので、安心してお問い合わせください。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください