電話受付時間 平日10:00~17:30 第2・4木曜日定休
【近畿地方限定】失敗しないお墓づくりに役立つ小冊子プレゼント!

消費者だけが知らない中国産(加工)の国産墓石とは?

WRITER
消費者だけが知らない中国産(加工)の国産墓石とは?
この記事を書いている人 - WRITER -

こんにちは。兵庫県神戸市兵庫区にある株式会社第一石材の能島です。

(一社)日本石材産業協会認定の「1級お墓ディレクター」です。

能島

いったい何を基準に選べば良いのか、まったくわからないのがお墓選び。

 

「近年では中国産墓石を選ぶ人も多いと聞くが、やはりどこか不安。少々予算をアップしても国産墓石にしよう!」

 

もし、あなたがこのように考えているのなら、ちょっと待ってください。

 

あなたが購入しようとしている国産墓石は「中国産(加工)」かもしれませんよ!

 

国産墓石が中国産(加工)?

「いったい、何を言っているんだ」と思われていることでしょう。

 

つまり、「中国でつくられた国産墓石かもしれない」ということなのですが、よけいにわかりにくくなったかもしれませんね。

 

では、一つずつ順を追ってご説明させていただくことにいたします。

 

1.中国でつくられる「国産墓石」っていったい何?

中国でつくられる「国産墓石」っていったい何?

「中国でつくられる国産墓石?」

「なぜ、国産墓石が中国でつくられるの?」

「中国でつくられるのに、なぜ国産墓石?」

 

きっと、このような疑問があなたの頭の中をぐるぐると駆け巡っているかと思います。

 

では、中国でつくられる「国産墓石」というものについてご説明いたします。

 

モノづくりにおいては、日本の技術力が優れていることは、誰もが認めるところです。

逆に、技術力は劣るがコスト面では中国でつくった方が安くつくことも周知の事実です。

 

つまり、製作コストを下げるために、日本で採れた石を中国に送り、中国の石材加工工場で墓石として完全に加工されたものを、再び日本に輸入したものが「中国産(加工)の国産墓石」なのです。

 

中国で加工するのは、コスト削減だけが目的です。

「良い墓石をつくろう」という観点からではありません。

 

そして、今では、日本国内で販売される国産墓石のうち、おそらく70%以上、もしくはそれ以上が中国産(加工)の国産墓石なのです。

 

あなたが買おうとしている国産墓石も中国産(加工)かもしれないのです。

 

2.中国産(加工)の国産墓石を「国産墓石」として販売しても良いの?

中国産(加工)の国産墓石を「国産墓石」として販売しても良いの?

中国で加工されたのなら「中国産墓石じゃないの!?」という声もあります。

私自身もそちら側の意見に賛成なのですが、現実はそうではありません。

 

素材が日本の石である以上、たとえ加工地が中国であっても「国産墓石」として販売しても法的に問題ないのです。

 

そして、厄介なのが、中国で加工されたという事実を消費者に告げないで販売しても問題がないという点です。

 

つまり、お客様に加工地の話は一切しないということです。

 

私個人的には、たとえ法的に問題がないとしても、モラル的にはいかがなものかと思いますが・・・

 

3.中国で加工した国産墓石であることを告げないで販売する理由

中国で加工した国産墓石であることを告げないで販売する理由

中国でつくられた国産墓石を、お客様に中国加工であることを告げないで販売している石材店は実にたくさんあります。

 

そのような販売方法をしている石材店の方が多いかもしれません。

 

その理由はいったい何なのでしょうか?

 

それは、実に簡単です。

 

まずは、法的に問題はないということです。

つまり、法的に問題がないのなら言う必要がないということなのです。

 

そして、わざわざ真実を告げない方が売りやすいからです。

 

「やっぱり日本の石が安心ですね」

「大島石だから安心です」

 

石材店からの説明は、ここまでです。

 

いちいち、中国で加工されたなんて言いません。

とにかく、「日本の石」「国産墓石」の一点張りです。

 

あとは、消費者が「国産墓石なんだから当然日本でつくられているもの」と、勝手に思い込んでしまっているだけなのです。

 

もちろん、見積書にも「大島石墓石」や「天山石墓石」などと書かれているだけです。

あえて「中国加工」なんて書く必要がないのですから・・

 

そして、消費者は国産墓石を割安で買えたと喜んでいるわけです。

 

では、品質はどうなのか?というと、日本国内の一流加工工場がつくったものと比べると、天と地ほどの違いがあります。

 

結局は、値段なりの品物というわけです。

 

4.まとめ

いかがでしたでしょうか。

 

国産墓石に、こんなからくりがあったなんて信じられないという人もいらっしゃるでしょう。

でも、事実ですからきちんと見極める必要があります。

 

ただし、見極めるのは墓石ではありませんよ。

 

「石材店」です!

 

国産墓石を勧める際に、国内加工か中国加工かを明確に言わない業者は即アウトです。

当然、見積書にもきちんと書かれていなければなりません。

 

そして、国内加工と中国加工の違いもきちんと説明を受けることです。

 

中には、「国内加工も中国加工も大して変わりません」なんていう業者もいます。

 

これもアウト!

 

中国加工の国産墓石を否定するつもりはありませんが、消費者がその事実を知ったうえで納得して購入されることが前提です。

お墓選びって、一般消費者にはつくづくわかりにくいものですね。

 

 

【実録映像】第一石材のご紹介とお客様の声(00:04:40)

 

私たちに30分の時間をください!

私たちに30分の時間をください。失敗しないお墓選びの秘訣をお伝えいたします。

ここまで読んでいただきありがとうございます。

 

しかし、この記事だけでは、あなたのお墓への疑問を解決するにはまだまだ情報量が足りません。

 

もし、あなたが、

 

  • 満足のいくお墓を建てたい
  • お墓づくりで失敗したくない

 

と思われているのなら、私たちに30分だけ時間をください。

 

方法は簡単です。

当社にお電話をしていただくだけです。

 

フリーダイヤル:0120-756-148(ナゴム・イシヤ)

 

対応は、すべて(一社)日本石材産業協会認定の「1級お墓ディレクター」資格者の当社代表・能島孝志が承ります。

もちろん、相談は一切無料です。

 

私たちに30分のお時間をいただければ、あなたがお墓づくりで失敗する確率はかなり少なくなるはずです。

また、当社にご来店いただければ、あなたのお墓づくりの半分は成功へと近づくでしょう。

そして、あなたのお墓づくりを当社にお任せいただけるのなら、満足を超えた感動をご提供できると自負しております。

 

しかし、問い合わせをすれば、

 

  • 売り込まれるんじゃないか?
  • 後からしつこく電話が掛かってくるんじゃないの?

 

なんて心配をされているのならご安心ください。

 

当社では、

しつこい営業は絶対にいたしません。
売り込み電話は絶対にいたしません。
自宅への押しかけ営業は絶対にいたしません。

 

安心してお問い合わせください。

お問い合わせはコチラ!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
https://daiichisekizai.com/inquiry/

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください