電話受付時間 平日10:00~17:30 第2・4木曜日定休
【近畿地方限定】失敗しないお墓づくりに役立つ小冊子プレゼント!

今一度「お墓のデザイン」を考える!(7)やはり石材店選びが重要! (神戸・兵庫のデザイン墓石編)

今一度「お墓のデザイン」を考える!(7)やはり石材店選びが重要! (神戸・兵庫のデザイン墓石編)
この記事を書いている人 - WRITER -

消費者がそのデザインを気に入るかどうか?

プロがデザインしようが、素人がデザインしようが、
最終的に、消費者がそのデザインを気に入るかどうかです。

ルイ・○○トンやエ○○スなどの有名ブランド品に関しても、
人それぞれによって、デザインの好みが異なりますし、
ブランド品なんて全く興味がない方もいらっしゃいます。

1.消費者がそのデザインを気に入るかどうか?.jpg

ルイ・○○トンやエ○○スなどの有名ブランド品は、
もちろん、プロの一流デザイナーがデザインをしていますが、
消費者にとっては、そんなものはどうでもいいことなのです。

結局は「好き」か「嫌い」かのどちらかなのです。

お墓のデザインにも同じことが言えます。

「プロのデザイン」か「素人のデザイン」かという問題ではなく、
消費者が「好む」か「好まない」かが大きな問題です。

こうなると、お墓を購入する消費側と、石材店の営業担当者、
デザイン・設計担当者との相性が問題になってきます。

要は、相性や感性が合うかどうかです!

つくり手で出来栄えが大きく変わる!

次に、見た目のデザインは気に入ったとしても、
石の質や加工精度など、品質に問題はないかどうかです。

デザイン墓石の場合、通常は(おそらく90%以上)、
日本国内で加工されることはほとんどありません。

ほとんどが中国の石材加工工場でつくられるのです。

そして、中国の石材加工工場に直接依頼する石材店は極めて少なく、
石材商社を通じて墓石の製作を依頼するのが大半です。

詳しくはコチラまで
あまり知られていないお墓の流通経路

2.多くの墓石がつくられる中国の石材加工工場.JPG

そうなると、お墓を注文した石材店が、大手であっても、
老舗であっても、品質の良し悪しとは何の関係もありません。

その石材店から、依頼を受けた石材商社が、
中国のどこの工場に製作を依頼するかで品質が異なります。

ちなみに、ルイ・○○トンやエ○○スなどの有名ブランド品は、
見た目の好みはともかくとして、とても丁寧につくられています。

これが、お墓と有名ブランド品とは大きく違うところです。

良いお墓づくりは石材店選び!

良いお墓ができるかどうかは、最終的にはやはり「人」。

消費者の好みに合わせてデザインを考えていく、
和墓と違いデザイン墓石となると、なおさらのことです。

経営者のモノの考え方や方針、営業担当者の人柄など、
満足のいくデザイン墓石ができるかどうかは「人」次第です。

余談になりますが、私は仕事柄、中国に行くことが多いのですが、
ホテルの部屋に飾られている絵が歪んでいることがよくあります。

過去に、二度や三度のことではありません。

1センチ程度の傾きは、ごく普通に見られる光景です。

ひどい場合は、数センチも傾いているのです。

おそらく、部屋の掃除をするスタッフも気にしないのでしょうし、
その人たちの上司も、特にそのことを指摘することもないのでしょう。

そして、その部屋に泊まる宿泊者の中にも、
この歪みが気になる人と気にならない人がいるはずです。

たとえば、この歪みが気になる人が設計や加工をした墓石と、
気にならない人が携わった墓石とでは、出来栄えは同じでしょうか?

私、個人的には、墓石の出来栄えは大きく違うと思います。

3.庵治・牟礼の職人による蓮華加工風景.jpg

上の画像は、デザイン墓石ではないが、日本三大石材加工地の一つである、
香川県・高松市、「庵治・牟礼(あじ・むれ)」のやくもの職人、
松原 勲氏による、墓石の蓮華加工の下準備をしているところです。

そして、見事な庵治型上下蓮華加工が出来上がりました(下図)。

4.庵治型上下蓮華(国内加工).JPG

一枚一枚の花弁が薄く反り返った蓮華加工は、正に「匠の技」です。

以下の中国で加工された蓮華加工と比べると一目瞭然です。

5.上蓮華加工(中国加工).JPG

花弁が厚く、全体にボテッとした感じです。

これは、加工技術力の差はもちろんのことですが、
それ以前に、根本的な「こだわり」の度合いの差です。

今回は、明らかな出来栄えの違いを解って頂きたく、
日本と中国の蓮華加工の差を例に挙げましたが、
通常の墓石の加工においても、工場によって大きな差が生じます。

これは、「日本だから」「中国だから」という問題ではなく、
加工工場によって、製品の精度が大きく異なります。

「ここまでするか!」という工場もあれば、
「これで十分でしょ!」という工場もあります。

これは、「日本」「中国」という問題ではなく、
それぞれの工場の経営方針に起因するところが大きいのです。

家でも墓石でも、ちょっとしたことで大きく変わるのです。
ただ、そのことを消費者が分からず、見抜けないだけなのです!

そうなると、やはり「石材店選びが最も重要」ということになります。

                                        ~つづく~

オリジナルデザインのお墓を建てるには?
https://daiichisekizai.com/entry_2951/

top_img_1604_520x265.png

top_bnr_inquiry_site_520x85.png

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください