電話受付時間 平日10:00~17:30 第2・4木曜日定休
【近畿地方限定】失敗しないお墓づくりに役立つ小冊子プレゼント!

1.お墓はどこでつくられているの?

1.お墓はどこでつくられているの?
この記事を書いている人 - WRITER -

お墓はどこでつくられているの?

さて皆様は、お墓はどこでつくられていると思いますか?

多くの方が、「そりゃ、石屋さんでしょう?」と答えられるでしょう。

決して間違いではありません。

しかし、それは、ドラマの「寺内貫太郎一家」のような
光景をイメージされているのではないでしょうか?

■東京の下町で石屋を営む一家を描いたテレビドラマ「寺内貫太郎一家」のついて詳しくはコチラまで
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AF%BA%E5%86%85%E8%B2%AB%E5%A4%AA%E9%83%8E%E4%B8%80%E5%AE%B6

お墓はどこでつくられているの?

その昔、お墓は石職人の手で、ひとつひとつ手加工にてつくられてきました。

昭和30年代以降になると、墓石の加工も他の製品と同様に、
少しずつ機械化され、自動化によるお墓の製作も進められてきました。

お墓の製作が機械化されるにつれ、以前はそれぞれの石材店(小売)が、
それぞれの店で、家業を中心としたかたちで、コツコツとお墓をつくっていたものが、
製作を中心とし、卸売りをする産地と、小売店とに分かれていきました。

ちょうど、「京都の呉服」の様に、着物や帯の産地であるのと同様です。

私たちの家(ちなみに神戸市)の近くの呉服屋さんが、
反物を染めたり、帯を織ったりしているわけではないですよね。

お墓はどこでつくられているの?

お墓も、それらの業種と同じく、「香川県の庵治・牟礼」、
「愛知県の岡崎」、「茨城県の真壁」の日本三大石材加工地を中心とし、
墓石用の石が採れる地域では、お墓の加工産地として発展してきました。

したがって、石材加工産地以外で皆様があちこちで目にされる、
「○○石材店」「△△石材工業」といった市街地の石材店では、
自社で墓石をつくっている石材店は、ほとんど無いといってもいいくらいです。

市街地を離れると、石材店全体の数からすればわずかながらですが、
現在でも、自社で墓石の製作を行なっている石材店(あくまで小売店)は存在します。

だが、ほとんどの場合は、私たちの身の回りの品物と同じく、
原石採石業者→墓石加工業者→(石材商社、仲卸)→小売石材店→消費者、
という生産者から小売店への流れを経て、お客様のお墓となるのです。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください