電話受付時間 平日10:00~17:30 第2・4木曜日定休
【近畿地方限定】失敗しないお墓づくりに役立つ小冊子プレゼント!

2.安売りと利益追求の為に行われる”ごまかし加工”

2.安売りと利益追求の為に行われる”ごまかし加工”
この記事を書いている人 - WRITER -

お墓が高価である理由?

自然の大地から採掘される石は、同じ場所で採掘された石でも、
微妙に石目や色目が異なり、二つとして同じものは有りません。

火山が爆発し、溶岩が地中深くで気の遠くなるような、
長い年月を経て生まれた石には様々な成分が含まれております。

ゆえに、キズやナデ(帯状の色ムラ)、アザ、タマ(斑点)など、
均一でない石目・色目でない部分ももちろんあります。

それらのキズやナデ、アザ、タマ(黒いもの、白いもの)などは、
必ずしも加工を始める前の、原石の状態ですべて分かるものではありません。

安売りと利益追求の為に行われる

何トンもの重量がある原石を採掘元から買い付け、運搬し、
工場内の大口径(原石を切断する機械)にセッティングをして、
原石の切断をして、初めて分かる石もありますし、
まだ、この段階でも分からず加工途中の段階で、
黒タマや白タマが、石の内部から現れてくる場合もあります。

日本の加工・製作工場でつくられるお墓については、
従来より、お墓をつくる加工工程の途中で、
前述のような、キズやナデ、タマなどが出てきた場合には、
一般的には、加工を途中で止め、新たに別の原石を
一から切断するところから始め、つくり直すのです。

※タマの大きさについては、地域によって許容範囲が異なります。
 一般的には、関東方面より関西方面の方が厳しい傾向にあります。

こうして、手間暇かけてつくられるものだけに、
お墓は、昔から高価なものだったのです。

デフレ社会での価格競争による品質の低下

しかし、世の中がデフレ傾向となり、消費者はより安いものを望まれ、
売り手側も、いかにより安く販売するかの競争となっている近年においては、
お墓も例外ではなく、「いかに安く販売するか!」という問題について、
避けては通れない製品の一つとなってしまいました。

本来は、自分の大切な家族をお祀すりする為の、
祈りの対象としての、礼拝物であるはずのお墓が、
日用品とさして変わらない状態で販売されています。

石材店の多くが、自社でお墓をつくることがなくなり、石材商社を通じて、
中国の石材加工工場でつくられる製品を仕入れて販売をするようになった近年では、
石材店だけではなく、仏壇店・葬儀社・ギフト販売店等の、
葬祭関連の異業種も、墓石の販売に参画してくるようになりました。

安売りと利益追求の為に行われる

そうなってくると、ますます業者間の価格競争が激化し、
「どこよりも良い品を!」というよりも、「どこよりも安く!」をアピールし、
お墓の販売を行っている業者も少なくありません。

こういった状況が、より良い製品をつくることよりも優先して、
「いかにコストを下げて安く売りながらも、利益を追求しないといけない」
という売り手側の身勝手な考えとなり、中国の石材加工における、
お墓の”ごまかし加工”につながっている要因の一つではないかと私は考えます。

石材商社に加工・製作のすべてを任せっきりにして、完成品を仕入れるのではなく、
自分自身が中国に出向き、信頼できる工場と契約し、
頻繁に中国へ出向き、発注内容の確認から、原石のチェック、
加工・製作段階での、詳細にわたる打ち合わせをしながらお墓をつくりあげることです。

自分自身が行き、自分自身が見て、中国語で会話し、
工場の人間ともコミュニケ―ションをはかり、
お施主様に満足していただけるお墓づくりを目指す。

私が、たどり着いた結論は「これしかありません!」

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください