電話受付時間 平日10:00~17:30 第2・4木曜日定休
【近畿地方限定】失敗しないお墓づくりに役立つ小冊子プレゼント!

神戸・兵庫には数多くの石材店があるが、デザイン墓石に精通した石材店を選ぶ

神戸・兵庫には数多くの石材店があるが、デザイン墓石に精通した石材店を選ぶ
この記事を書いている人 - WRITER -

近年はお墓も住宅と同様、個性的で美しいお墓を建てたいと希望される方が多くなっています。

 

旧来からの伝統的な和型三段墓だけではなく、和型墓石にもデザイン的要素を加えた「和・モダン」的なお墓が登場しました。

 

洋型墓石も、オルガン型と呼ばれる、単に高さを抑えた四角い墓石ではなく、各部にアレンジを施したデザイン性の強いものが求められている傾向にあります。

 

その昔のお墓と言えば、一族のお墓という考え方が強く表れていました。

 

核家族化がすすんだ現代社会においては、その家族だけの一家の墓としてお墓を考え、故人の趣向を汲んだり、家族の想いや心を表現したものが多く建てられています。

 

生前に建墓するのであれば、自らの思いを反映したものであったり、お墓からは家族の絆、家族の生きた証とした意味合いが強く感じられます。

 

また、宗教的なものからも解放され、自由な発想でお墓を建てることで、墓石の形態は、かつてなかったほど変化してきています。

 

今回のブログでは、オリジナルデザインのお墓(デザイン墓石)を建てる際の石材店の選び方についてお伝えいたします。

 

1.どこの石材店でも「デザイン墓石」をつくれるのか?

どこの石材店でも「デザイン墓石」をつくれるのか?

あなたが、いざ「デザイン墓石」を建てるとなった場合、どこの石材店に頼みますか?

 

「折り込みチラシにもデザイン墓石が載っていたし、近所の地元の石材店の店頭にもデザイン墓石が展示されていたので、どこの石材店でもいいんじゃないの・・・?」

こんな風に思っている人が意外と多いのです。

 

結論から言えば、デザイン的センスは別として、ほとんどの石材店でデザイン墓石をつくることは物理的には可能です。

 

一昔前は、墓石のデザインを考案できる石材店はごくわずかでした。

しかし、今では、石材店自らが墓石のデザインができなくとも、石材商社が提供するデザイン墓石やデザイナーズブランド墓石とライセンス契約をすることでデザイン墓石の提供が可能になりました。

 

ただ、石材店ごとに極めて大きな違いが出るのは、全体的なバランスでしょうね。

 

下手をすると、ネクタイに短パンのような組み合わせになりかねませんので注意が必要です。

 

2.「デザイン墓石」に精通した石材店を選ぶことが重要

「デザイン墓石」に精通した石材店を選ぶことが重要

石材商社やデザイナーズブランド墓石から提供されるデザインは定型デザインなので、すべての墓地にピッタリ合うわけではありません。

 

また、墓地によっては石碑や外柵の高さ制限や建ぺい率など、さまざまな規定が定められているため定型デザインをリデザイン(アレンジ)する必要があるのです。

 

問題は、そのリデザインのバランス次第で見た目のイメージが大きく異なってきます。

 

ここが石材店のセンスを問われるところなのですが、ほとんどは、その地域に伝わる形の伝統的な和型墓石を、長年に渡りつくり続けてきたお店が全体の大半を占めるでしょう。

 

そこに、いきなりデザイン墓石のリデザイン(アレンジ)を、お客様に提案しないといけないのですから、そりゃ大変な作業です。

 

たとえて言うならば、日本家屋の建築を専門にしている大工の棟梁に、レストランやブティックの店舗設計を依頼するようなものです。

 

そう考えると、やはり”餅は餅屋”で、「デザイン墓石」を建てるのなら、その分野に精通した石材店を、インターネットなどで事前に調べておくことが大切です。

 

3.お墓の形だけがデザインではない?!

お墓の形だけがデザインではない?!

墓石のデザインが決まったからといって、「デザイン墓石」のデザインのすべてが完成したとは言えません。

その後には文字や模様のレイアウトという難題が控えています。

 

通常の和型墓石ならば、棹石と呼ばれる墓石の一番上の部分に「○○家之墓」や「南無阿弥陀仏」などの文字を、部材サイズいっぱいに彫刻するので、レイアウトもさほど難しくありません。

 

しかし、デザイン墓石の場合は、墓石のデザインによって横書きにする方が良いのか縦書きの方が良いのかも違います。

それに加え、文字の大きさや彫刻する位置によっても見え方が異なります。

 

また、文字の彫刻だけではなく、花柄などの彫刻を墓碑銘や外柵に施す場合には、さらなるデザインセンスが問われるのです。

 

4.まとめ

いかがでしたか?

 

どこの石材店でもできそうなデザイン墓石ですが、なかなかそう簡単にはいきません。

いざ、お墓ができ上がってみたら、「思っていたイメージと違う…」なんてことも少なくありません。

 

やはり、本当に美しいデザイン墓石を建てるには、石材店のデザイン的センスとプロデュースの手腕が大きく影響します。

 

また、デザイン墓石を建てるには、通常の和型や洋型のお墓と違い、デザインの決定から石材加工・工事期間を含め、最低でも3ヶ月程度はかかりますので、「一周忌に合わせて納骨したい」などの希望があるときは早めに計画をたてることが大切です。

 

お墓は買い替えがきく商品ではありません。

「石材店選び」がすべてなのです!

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください