電話受付時間 平日10:00~17:30 第2・4木曜日定休
【近畿地方限定】失敗しないお墓づくりに役立つ小冊子プレゼント!

あなたが建てるお墓のデザイン!30年後でも後悔しませんか?

あなたが建てるお墓のデザイン!30年後でも後悔しませんか?
この記事を書いている人 - WRITER -

こんにちは。兵庫県神戸市兵庫区にある株式会社第一石材の能島です。

(一社)日本石材産業協会認定の「1級お墓ディレクター」です。

能島

かつてのお墓といえば、四角い石を数段積み上げたものが一般的でした。

 

「洋型墓石」という背の低い横型の墓石もありましたが、主にキリスト教信徒の墓石として取り扱われていました。

 

ところが、平成の時代に入る頃から「デザイン墓石」と呼ばれるお墓が登場し、消費者の好みに合わせたデザインのお墓が建てられるようになりました。

故人の人生を振り返り、思い出の場所や趣味・仕事・生き方など、その人らしさを残すモニュメント的なお墓も増えてきました。

 

また、他にはない独創的なデザインのお墓を望む方もいらっしゃいますが、肝心なのは、後になって後悔しないデザインかどうかです。

 

今回の記事では、お墓のカタチにまつわる相談事例をご紹介しますと共に、後悔しないデザイン墓石の選び方についてお伝えいたします。

 

1.今あるお墓のデザインを変えたい

今あるお墓を普通のデザインのお墓に変えたい

30代の女性、T様(仮称)から、今あるお墓のリフォーム相談です。

 

ただ、お墓のリフォームと言っても、一般的なリフォームとはちょっと違うのです。

 

以下が、そのご相談内容です。

 

T様は一人娘さんで、大学生の頃にお母様を亡くされたそうです。

 

当社がおつくりしたお墓ではありませんが、ピアノが好きだったお母様のために父と相談して建てたお墓は、ピアノの形をあしらったデザインの墓石とのことです。

 

その後、T様は一人息子であるご主人様と結婚され、現在男児2人、女児1人のお子様がいらっしゃるとのことです。

 

そして、今回は「両家墓」についてのご相談です。

 

T様もご主人様も、いずれも一人っ子ということは、どちらの親も遠い将来はこのお二人が供養していくことになります。

たまたま、ご主人様方の父親は三男で、お墓がなかったので、夫は、T様の父親が建てたお墓を自分たち二人が継いで、両家のお墓として祀っていってはどうか?と提案されたそうです。

 

T様ご夫妻には、跡継ぎとなる男のお子様が二人もいらっしゃるので、そうしてもらえるのなら、T様も実家のお父様もご安心でしょう。

 

そこで、ネックになってくるのが、「ピアノのデザインのお墓」です。

 

お墓を建てるときには、若くして亡くなった母を偲んで、父と相談して、母が好きだったピアノのデザインのお墓にしたが、夫方の家と両家で使うお墓となるとこのデザインでは…と悩まれ、何とか費用を抑えたリフォームはできないものかとのご相談です。

 

何とか良いご提案をさせていただく旨、お約束いたしましたが、問題は、お墓を建てて10年ちょっとしか経っていないのに、また大きな出費が必要になるということです。

 

2.独創的なデザイン墓石の問題点

独創的なデザイン墓石の問題点

T様に限らず、ご自身が望んで建てたデザイン墓石にもかかわらず、年月が経つと後悔される人は少なくありません。

 

これは、お墓に限らず、クルマや衣服など、デザイン製を伴う商品を選ぶときは、その時の気分や時代背景に影響されます。

中には、数十年前のクルマであるにもかかわらず、今見ても色褪せしないデザインの名車もありますし、創業時からデザインを大きく変えていない時計もあります。

 

しかし、そのような名品はごくわずかで、多くは年月を経ると古さを感じてしまうのです。

 

あなたの家のタンスの中にも、一生着ないような服が眠っていませんか?

 

かと言って、亡くなられたお母様を想う気持ちから、ピアノのデザインのお墓を選んだT様を責めることはできません。

20年、30年先を見越してお墓のデザインを決める方など、そうそういらっしゃいません。

 

そこで、重要なのが私たち石材店の立ち位置なのです。

 

仕事欲しさに、お客様が望むデザイン墓石を二つ返事で引き受けるだけではなく、さまざまな事例を示し将来を見据えた提案力が必要となります。

 

そう考えると、石材店はお客様に対して単にイエスマンだけではダメのようです。

 

3.まとめ

たしかに、その人だけのお墓などんなデザインでも良いかも分かりません。

 

ただ、日本の場合、多くのお墓は一個人としてのお墓ではなく、家や家族のお墓として代々に渡り使っていくのが一般的です。

そう考えると、特定の方の個性が強すぎるデザインのお墓は、後になって色々な問題に直面する可能性は否定できません。

 

個性を重視しつつも、単に奇抜なだけのド派手なお墓ではなく、何年たっても古さを感じさせない洗練されたデザイン墓石が望ましいように思います。

 

お墓は、クルマのように買い替えたりするものではないだけに、やはり、シンプルなデザイン墓石が一番なのかも分かりませんね。

 

 

【実録映像】第一石材のご紹介とお客様の声(00:03:33)

 

私たちに30分の時間をください!

お墓づくりに成功する秘訣をお伝えできるでしょう。

ここまで読んでいただきありがとうございます。

 

しかし、この記事だけでは、あなたのお墓への疑問を解決するにはまだまだ情報量が足りません。

 

もし、あなたが、

 

  • 満足のいくお墓を建てたい
  • お墓づくりで失敗したくない

 

と思われているのなら、私たちに30分だけ時間をください。

 

方法は簡単です。

当社にお電話をしていただくだけです。

 

フリーダイヤル:0120-756-148(ナゴム・イシヤ)

 

対応は、すべて(一社)日本石材産業協会認定の「1級お墓ディレクター」資格者の当社代表・能島孝志が承ります。

もちろん、相談は一切無料です。

 

私たちに30分のお時間をいただければ、あなたがお墓づくりで失敗する確率はかなり少なくなるはずです。

また、当社にご来店いただけるのなら、あなたのお墓づくりの半分は成功へと近づくでしょう。

そして、あなたのお墓づくりを当社にお任せいただけるのなら、満足を超えた感動をご提供できると自負しております。

 

しかし、問い合わせをすれば、

 

売り込まれるんじゃないか?

後からしつこく電話が掛かってくるんじゃないの?

なんて心配をされているのならご安心ください。

 

当社では、

しつこい営業は絶対にいたしません。
売り込み電話は絶対にいたしません。
自宅への押しかけ営業は絶対にいたしません。

 

安心してお問い合わせください。

お問い合わせはコチラ!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
https://daiichisekizai.com/inquiry/

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください