電話受付時間 平日10:00~17:30 第2・4木曜日定休
【近畿地方限定】失敗しないお墓づくりに役立つ小冊子プレゼント!

黒龍石の墓石といっても品質・見た目・値段に違いがあるのを知っていますか?

WRITER
黒龍石の墓石といっても品質も見た目も値段も違いがあるのを知っていますか?
この記事を書いている人 - WRITER -

国産の石と比べてもそん色ないと評価が高い中国産の墓石材「黒龍石」ですが、黒龍石には多くの種類があり、品質も値段も大きく違うことはあまり知られていません。

 

複数の石材店からもらった見積書にも、単に「黒龍石」としか書かれていなかったり、ちょっと親切な見積書でも、黒龍石の代表的な石種である「G1704-K12」と書かれてあるくらいでしょう。

 

良いものに当たれば、国産材と同等もしくはそれ以上という意見もあります。

 

逆に、とんでもなくひどいものもあります。

 

では、いったいどのようにして選べば良いのでしょうか

 

そこで、今回の記事は、黒龍石の特徴と黒龍石でお墓を建てる際の注意点について書いていきます。

 

もし、「黒龍石の墓石ならどれも同じ」と思っているのなら、ちょっと危険です!

 

これから説明することを頭の片隅に置いていただき、後悔しない黒龍石のお墓を選んでくださいね。

 

1.黒龍石は厳密には100を超える種類がある

黒龍石は厳密には100を超える種類がある

中国の最北部に位置する黒龍江省で産出される墓石材を総して「黒龍石」と呼ばれています。

 

でも、黒龍江省の面積は日本の国土の約1.2倍もあるのですよ。

 

日本国内で産出される墓石材の石種でも100種類近くあるのに、それより広いところから採れる石をひとくくりに「黒龍石」と表示するには少々無理があります。

 

黒龍石も厳密には細かく石種が分かれておりますが、日本の石のように「庵治石」や「大島石」といった名前がついているわけではありません。

 

すべてが、採石丁場(採石場)と採石エリアごとに記号と番号で分別されているのです。

 

大きくは、「G1704系」「G1716系」「GL系」「1790系」などに大別されます。

 

そこから「K3」「K7」「K12」「K16」「101CA」などに分けられます。

 

さらに、「K3-#92」や「K12-#50」などに分かれ、その数100以上の種類になります。

 

なんと、G1704系の代表的な石種である「K12」だけでも、数十種類はあるでしょうね。

 

もちろん、品質の良いものも、とんでもなくひどいものまであります。

 

2.黒龍石の特徴と問題点

黒龍石の特徴と問題点

黒龍石全般としての特徴は、

●伊予の銘石「大島石」に似た石目

●吸水率が低い=水を吸いにくい

●硬い

●経年劣化に強い=変質しにくい

などが挙げられますが、問題点もあります。

 

それは、

●黒玉(大きなほくろのようなもの)が多い

●ナデ(帯キズのような模様)が出る

●経年により色がさめる(薄くなる)

●種類によっては吸水率が高い

などです。

 

良いものとそうでないものの違いが激しい石だけに決して扱いやすい石とはいえませんが、見る人が見ればきちんと選別できます。

 

3.では、どの品番の黒龍石が良いのか?

では、どの品番の黒龍石が良いのか?

では、いったいどの品番の黒龍石が良いのかというと、数ある黒龍石の中でも高品質の部類に入るのが「G1704系」と「G1716系」です。

 

「K3」「K12」「K16」あたりがこの系統に属します。

 

ただ、「K12」であっても数十種類に及ぶのですべてが良いとは限りません

 

K12の採石丁場のどのエリア(#50などで表記)で産出されたかにもよりますし、採石される年ごとに品質も異なります。

 

また、「101CA」は石は硬いが石目が粗い。

 

「1790系」「1791系」は、黒龍石とは思えないほど水を吸います。

 

このように、品番ごとに見た目も品質も異なるのと、石は自然のものだけにたとえ同じ品番であっても二つとして同じものはありません。

 

4.品質の良い黒龍石を選ぶ以上に大切なこと

品質の良い黒龍石を選ぶ以上に大切なこと

では、品質が良く見た目もきれいな黒龍石を使えば良いお墓ができるのでしょうか?

 

答えはNO!です。

 

いくら良い素材があっても、それを良い製品にするには優れた技術力が要ります。

 

たとえ、あなたが質の良い黒龍石の原石を手に入れたとしても、さすがに日曜大工のように自分自身でお墓をつくることはできないでしょう。

 

それには、質の良い黒龍石の原石を大量に保有し、技術レベルの高い石職人がいる中国の石材加工工場でつくる必要があります。

 

でも、そういった工場は当然値段が高いので必然的に売値も高くなります。

 

5.満足できる黒龍石のお墓を建てるには?

“納骨室に水が入らないお墓”「信頼棺®」

実は、良い黒龍石を選ぶ以上に大切なことがもう一つあります。

 

それは、お墓の構造です。

 

これは、一般消費者にはあまり知られていない事実ですが、日本全国のほとんどの地域のお墓はカロート(納骨室)に水が入ってしまう構造なのです。

 

つまり、あなたの大切な家族のお骨が水浸しになるということです。

 

いくら良い石、高い技術力でつくったお墓であっても、お墓の主役であるお骨が水浸しになるようでは本末転倒です。

 

そんな、お墓の水問題を解決すべく、私ども第一石材は特許・実用新案登録の独自構造“納骨室に水が入らないお墓”「信頼棺®」にて黒龍石の墓石をご提供しております。

 

 

6.まとめ

いかがでしたか?

 

少しは「黒龍石」についてご理解いただけましたでしょうか?

 

とはいっても、この石は種類が多すぎて石材店でもなかなか精通しているところが少なく、結局は中国の石材加工工場とパイプを持つ石材商社頼みになるしかないというのが実情です。

 

当社では、常に安定した黒龍石の墓石を提供するため、石材商社を介さず直接中国に出向き最高レベルの工場を指定して常に原石状態を確認しながらおつくりしております。

 

黒龍石での建墓を考えているがどうも不安な方、失敗したくないとお考えの方は、無料相談を受け付けております。(要予約)

 

しつこい売り込みや自宅への訪問営業は一切しておりませんので安心してお問い合わせください。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -

Comment

  1. […] 『黒龍石の墓石といっても品質・見た目・値段に違いがあるのを知っていますか?』 […]

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください