電話受付時間 平日10:00~17:30 第2・4木曜日定休
【近畿地方限定】失敗しないお墓づくりに役立つ小冊子プレゼント!

神戸・阪神間で永代供養墓が欲しいが合葬墓は嫌という方のための個別供養墓

WRITER
神戸・阪神間で永代供養墓が欲しいが合葬墓は嫌という方のための個別供養墓
この記事を書いている人 - WRITER -

家族が亡くなれば、お骨をお墓に納めて墓参りをする。

 

昔から日本人が、ごく当たり前に行ってきた供養の形態が近年変わりつつあります。

 

その大きな要因になっているのが、少子化や核家族化によるお墓の跡継ぎ不在問題です。

また、後継者はいるが、親族に負担を掛けたくないなどの理由で、お墓を持たない人もいます。

 

それらに加え、先祖に対する考え方の変化も背景にあるようです。

 

このような状況からか、全国のあちらこちらに永代供養施設が誕生しています。

 

私どもの地元にある神戸市立鵯越墓園内にも、2018年に「鵯越合葬墓」が完成し、一定数の支持を得ています。

 

しかし、鵯越合葬墓は供養はしてくれないし、「他の人と一緒の合葬墓はイヤ!個別の永代供養墓が欲しい」という人が意外と多いのです。

 

そんなふうに思っているあなたに朗報です。

 

今回の記事では、個人単位で個別にお骨を納めることができる永代供養墓「神戸大倉山・楠寺/瑠璃光苑」をご紹介いたします。

瑠璃光苑は、神戸市営地下鉄「大倉山」駅から徒歩約2分という交通の便の良さも魅力的です。

 

1.「永代供養墓」と「合葬墓」の違い?

「永代供養墓」と「合葬墓」の違い?

永代供養墓とは、「お墓の承継者がいない」「お墓参りに行けない」などの理由で将来に渡り墓守が困難な方に代わり、寺院などが管理や供養をしてくれる埋葬(埋蔵)施設です。

 

永代供養墓の多くは、他の家族の方のお骨と同じ場所に納める「合葬墓」が一般的です。

 

ただ、「永代供養」といっても、「未来永劫」という意味ではなく、供養の期間には一定の期限が設けられている場合が多く、33回忌までを期限とするところが一般的なようです。

 

ちなみに、神戸市立鵯越墓園内の「鵯越合葬墓」も、読んで字のごとく合葬式の墓ですが、公営墓地では宗教的意味合いを含むため供養をしてくれるわけではありません。

 

単なる遺骨の埋葬(埋蔵)施設なのです。

 

 

2.合葬に対する根強い嫌悪感と将来の改葬問題

合葬に対する根強い嫌悪感と将来の改葬問題

寺院の永代供養墓や公営墓地内の合同埋葬施設で圧倒的に多いのが「合葬墓」です。

つまり、他の方のお骨と一緒に埋葬(埋蔵)されるのです。

 

しかし、アジアの国々、特に日本人においては、他人のお骨と一緒になることを嫌う傾向にあります。

将来的に合葬されるのならともかくとして、最初から一緒にされるのが極めて嫌のようです。

 

この感覚は、お骨に対する特別な想いといえるのでしょうが、一定期間(10~15年程度)が過ぎれば、不思議とこの嫌悪感は薄れていくみたいです。

 

もう一つは、将来において通常のお墓を建てる可能性が残されている場合や、お骨を他の場所に移す可能性のある場合など、合葬にしてしまうと、お骨を取り出すことができないという物理的な理由です。

 

3.個人・ご夫婦単位で納骨できる駅近の永代供養墓「神戸大倉山・楠寺/瑠璃光苑」

個人・ご夫婦単位で納骨できる駅近の永代供養墓「神戸大倉山・楠寺瑠璃光苑」

永代供養墓を考えているが、「他人のお骨と一緒に納められる合葬墓はイヤ!」という人は少なくありません。

そんなあなたにピッタリの、個別のお墓に納骨するシステムの永代供養墓「瑠璃光苑(るりこうえん)」が神戸市の市街地に誕生しました。

 

瑠璃光苑は、神戸大倉山の静寂な緑に囲まれた、約700年の歴史を誇る「廣巖寺・楠寺(こうごんじ・くすのきでら)」の境内の一画にあります。

 

  • 神戸市営地下鉄「大倉山」駅から徒歩約2分
  • JR「神戸」駅下車 北へ徒歩約10分
  • 阪急電鉄・阪神電鉄・神戸高速鉄道「高速神戸」駅下車 北へ徒歩約8分

という、都心の駅近にあり、いつでも気軽にお参りできる理想の現代墓地です。

 

4.「瑠璃光苑」のシステムの詳細と費用

「瑠璃光苑」のシステムの詳細と費用

瑠璃光苑の永代供養墓には、お一人様ごとの個別で納骨するお墓以外に、ご夫婦やご家族単位で納骨できるお墓もご用意しております。

 

いずれのお墓も永代供養墓で、最初に納めていただく永代供養料や墓石代金などの初期費用のみで、毎年の管理費などは一切不要です。

 

また、宗教、宗旨・宗派、国籍も問わずお申し込みができ、生前にお申込みいただくことが可能です。

 

そして、何よりも檀家になる必要がないのです。

つまり、これまでのあなたの宗教・宗旨・宗派のままで構わないのです。

 

墓石は、お求めやすい中国産石材を使用したものから、国産最高級墓石材「庵治石細目」まで、全14種類の中から、お好みやご希望の予算に応じてお選びいただくことができ、当社、㈱第一石材が徹底した製品管理のもとご提供させていただきます。

 

いずれの永代供養墓も、33回忌までは個別にお祀りしてもらえますが、気になるのは「33回忌を過ぎた遺骨はどこへ行くのか?」という点ですよね。

 

ご安心ください!

その後も、同じく瑠璃光苑内の合葬墓にて引き続き永代供養をしてもらえるのです。

 

では、各種類の永代供養墓を順にご紹介いたします。

 

4-1.お一人様ごとに納骨する、永代供養付き「個人供養墓」

お一人様ごとに納骨する、永代供養付き「個人供養墓」

お一人様ごとに独立した墓石にてお祀りいたします。

墓石には、戒名・俗名・命日・没年齢等を刻り入れ、台座に設けたカロート(納骨室)の中にお頭骨(のど仏)を納めさせていただきます。

なお、お胴骨は、供養塔(永代供養宝塔)の下に埋葬(埋蔵)いたします。

●永代供養料(1名様1基):60万円…区画場所により異なります

●墓石価格:9万円~27万円(税別)

 

4-2.ご夫婦・ご家族ごとに納骨する「夫婦供養墓」「三人供養墓」

ご夫婦・ご家族ごとに納骨する「夫婦供養墓」「三人供養墓」

・「お一人様ごとに納骨する個人供養墓は寂しい」

・「夫婦で一緒のお墓に入りたい」

・「姉妹3人のお墓にしたい」

など、ご来苑のお客様の声から実現した永代供養墓です。

 

個人供養墓を二つ連結した形の墓石を建立し、ご夫婦やご親族でお祀りすることができます。

墓石には、戒名・俗名・命日・没年齢等を刻り入れ、台座に設けたカロート(納骨室)の中にお頭骨(のど仏)を納めさせていただきます。

●永代供養料(2~3名様1基):120万円~

●墓石価格:22万円~53万円(税別)

 

4-3.ご先祖様の永代供養墓「先祖供養墓」

ご先祖様の永代供養墓「先祖供養墓」

郷里に古いご先祖様のお墓があるが、遠方のためなかなかお参りに行けない、という悩みを抱えている人は数多くおられます。

かといって、放りっぱなしにはできないし、という方々のために、古いご先祖様のお墓を改葬(お引越し)し、一つのお墓におまとめしてお祀りさせていただくのが永代供養付きの「先祖供養墓」です。

 

先祖供養墓専用の墓石に家名などの刻字をしてお祀りし、台座に設けたカロート(納骨室)の中に、古いご先祖様のお墓から持ってきたお骨の一部やお土を納めさせていただきます。

●永代供養料(1基):100万円

●墓石価格:13万円~30万円(税別)

 

5.法要施設やカフェ併設の設備充実

法要施設やカフェ併設の設備充実

永代供養墓の選択基準として、多くの人が気になるのが交通の便です。

 

しかし、いくら行きやすくても、着いてからのお参りのしやすさと管理体制などの設備面も重要です。

 

神戸市営地下鉄「大倉山」駅から徒歩約2分の瑠璃光苑は、車イス対応のエレベーターで墓参が可能なバリアフリー設計です。

もちろん、お車で墓参される方のために駐車スペースもございます。

 

瑠璃光苑と併設した本堂には、休憩室としてご利用していただけるカフェや回忌法要を営んでいただける法要施設も完備しております。

 

また、暮らしに役立つ終活セミナーなど、充実したイベントも定期的に開催しており、まさに、至れり尽くせりの永代供養墓といえるでしょう。

 

6.まとめ

いかがでしたでしょうか。

 

ひと口に永代供養墓といっても奥が深いですよね。

 

「お墓参りが大変!」という理由で永代供養墓にするのならば、何よりもお参りがしやすいかどうかが重要です。

永代供養墓を選んだものの、公共交通機関ではなかなか行けない、というのでは何の意味もありません。

 

合葬ではない個別の永代供養墓

駅近の交通至便

充実した設備と管理体制

ここまで、三拍子そろった永代供養墓施設は神戸市中探しても、まずないでしょう。

 

まずは、「百聞は一見に如かず」です!

ご自身の目でご覧になられるのが一番です。

 

見学をご希望の方は、当社にてご案内いたしますので、お電話にてご希望日時をお知らせください。

なお、当社では、しつこい売り込みや自宅への押しかけ営業はいたしませんので、安心してお問い合わせください。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください