電話受付時間 平日10:00~17:30 第2・4木曜日定休
【近畿地方限定】失敗しないお墓づくりに役立つ小冊子プレゼント!

2.鉱物学的に見る庵治石の特徴

2.鉱物学的に見る庵治石の特徴
この記事を書いている人 - WRITER -

庵治石は中生代白亜紀頃(約8000万年前)に形成された花崗岩の一種で、
地質学的には「黒雲母細粒花崗閃緑岩(せんりょくがん)」に分類されます。

約8000万年前というと、小惑星の衝突が原因で、
恐竜をはじめとする地球上の生物の70%が死滅した、
といわれるのが約6500万年前くらいのはなしですので、
そこからさらに、さかのぼること1500万年前の、
霊長類が地球に出現したころに庵治石は誕生したのです。
ajiishi03.jpg


庵治石は石英・長石・雲母・角閃石を含む極めて硬い石です。

これは、庵治石の結晶が他の花崗岩と比べて非常に小さく、
結合もち密なことが、他を圧倒する硬さを誇る要因です。

モース硬度「7」

庵治石の硬さは、ドイツの鉱物学者、フリードリッヒ・モースが考案した、
宝石などの硬さを表す単位であるモース硬度によると硬度「7」です。

地球上の物質で最も硬いとされるダイヤモンドが硬度「10」、
ルビー、サファイアが硬度「9」、トパーズが硬度「8」となっており、
なんと、庵治石は鋼鉄よりも硬く、水晶と同じ硬度なのです。

ちなみに、私たちの身の回りの物の硬度を調べてみると、
人の爪は硬度「2.5」、10円硬貨は硬度「3.5」、木工用の釘は硬度「4.5」、
ガラスは硬度「5」、ナイフの刃は硬度「5.5」などです。

こうして見ると、庵治石がいかに硬い石かがよくわかります。
ajiishi04.jpg


その硬さゆえに、墓石などの製品への加工は困難を要しますが、
反面、他の石ではできない細やかな細工や彫刻が可能なため、
匠の技をもってつくられた庵治石の製品は他を圧倒する美しさです。

石はさまざまな種類の鉱物が結合してできています。

庵治石は石英、長石を主な成分とし、少量の雲母と角閃石を含んでいますが、
それぞれの鉱物の結晶が極めて小さく組織の結合がち密なため、
水を含みにくく、風化や変質にも強く、長い年月を経ても、
彫られた文字が崩れたりすることなく艶持ちも良いという、
数ある御影石の中でも、極めて耐久性に優れた墓石材と言えるでしょう。

しかし、この優れた品質と美しさを誇るすばらしい素材でも、
作り手の技量によって製品の出来栄えが大きく変わってきます。

庵治石は誰でもが簡単に加工できる石ではありません。

ましてや、中国で加工・製作された庵治石墓石などは論外です!

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください