電話受付時間 平日10:00~17:30 第2・4木曜日定休
【近畿地方限定】失敗しないお墓づくりに役立つ小冊子プレゼント!

お墓の良し悪しは加工工場の技術力以前に石材店の考え方が大きく影響します

お墓の良し悪しは加工工場の技術力以前に石材店の考え方が大きく影響
この記事を書いている人 - WRITER -

「お墓はどこで建てても同じ。違うのは値段だけ!」・・・なんて、思っている人は決して少なくありません。

 

しかし、これはとんでもない大間違いです。

 

  • ラーメンはどこで食べても同じですか?
  • お寿司はどこで食べても同じですか?

 

違いますよね!

 

こんにちは。(一社)日本石材産業協会認定「1級お墓ディレクター」の能島孝志です。

兵庫県神戸市で、“カロート(納骨室)に水が入らない特許構造墓石”『信頼棺®』を販売する、(株)第一石材の代表を務めさせていただいております。

能島

墓石も料理と同じく、天然素材である石を人が加工してつくり上げるため、素材の良し悪しや石職人の技術により出来栄えが大きく異なります。

 

ただ、消費者がそれがわかりにくいだけなんです。

だから、ついつい値段だけで選んでしまうのです。

 

もちろん、墓石の良し悪しなんて知らなくて当たり前ですし、知っている消費者がいる方がかえって不思議なくらいです。

かといって、安い買い物ではないだけに、いいお墓を選びたいのは当然のことです。

 

では、いいお墓を選ぶためにはどうすればいいのでしょうか?

もしかしたら、「腕のいい石職人さんがいる石材店!」と答えられるかもしれませんね。

たしかに、間違ってはいませんが完璧な回答ではありません。

 

その理由をこれからご説明いたします。

 

1.お墓の良し悪しの鍵は中国が握っている

お墓の良し悪しの鍵は中国が握っている

石材店が自ら石を仕入れ、自社の工場で切って磨いて墓石に加工し、墓地での施工も自社で行う。

 

いわゆる、完全自社加工・自社施工の石材店にお墓づくりを依頼するのなら、

 

腕の良し悪し(技術力)いいお墓

という方程式が成り立ちます。

 

しかし、今や日本の市場に流通している墓石の80%以上が中国の石材加工工場でつくられている現状を考えると、先ほどの方程式は成り立たなくなるのです。

そうなると、いいお墓ができるかどうかの鍵は中国が握っていることになるのです。

つまり、中国に数多くある石材加工工場の中でも技術力の高い工場でつくられた墓石であることが大前提となります。

 

「じゃあ、そこに頼めばいいじゃない!」

って、簡単に問題解決できそうですが、実はそうはいかない大人の事情があるのです。

 

2.あまり知られていない墓石の流通経路

あまり知られていない墓石の流通経路

そうはいかない大人の事情について説明する前に、一般消費者にはあまり知られていない墓石の流通経路についてお話ししておきたいと思います。

それも、今回は中国の石材加工工場でつくられる墓石についてです。

 

実は、石材店が中国の石材加工工場に直接頼んでいるわけではないのです。

ほとんどの場合、石材商社と呼ばれる卸問屋を介して中国で加工された墓石を仕入れているのです。

 

直接、中国の石材加工工場に注文している石材店は、全国でもほんのわずかしかありません。

 

では、具体的な流れにをご説明いたします。

 

1.石材店がお客様からお墓の注文を受ける

▼▼▼

2.石材店は石材商社に墓石部材を発注する

▼▼▼

3.石材商社は取り引きのある中国の石材加工工場に発注する

▼▼▼

4.出来上がった墓石部材を石材店に納品される

▼▼▼

5.石材店もしくは外注業者が墓地で組み立て施工する

 

多少、簡略化しておりますが、おおまかこのような流れで中国加工の墓石が出来上がるのですが、この過程で、いいお墓にならない大人の事情が出てくるのです。

 

たとえば、石材店がお客様からとことん値切られたりしたときには、次に石材商社を値切りにかかったりします。

やむを得ず石材商社も了承したものの損をするわけにはいかないので、できるだけ値段の安い中国の石材加工工場に墓石の加工を発注することになります。

 

当然ながら、「安かろう悪かろう」の製品しかできてきません。

まさに、負の連鎖です。

 

逆に、まったく値切らず、石材店の言い値で買ったからといって、いいお墓ができるとは限りません。

ただ単に、ぼったくり石材店の場合はそうなります。

大人の事情というよりも、子供の事情以下かも知れません。

 

いずれにしても、あなたのお墓が中国のどこの加工工場でつくられているかを、あなたはもちろんのこと、石材店にもわからないところに怖さがあるのです。

 

当社、第一石材でも、20年以上前ですが、このような問題に何回も直面しました。

もちろん、石材商社に対して値切ったわけではありません。

 

現在では、石材商社に頼ることなく、自社で中国の石材加工工場を指定して加工を依頼し、私自らが中国まで出向き、原石の状態から完成検査までをきちんと検査することで、この問題を解消いたしました。

 

同じ中国でつくられているものでも、ユニクロのようにきちんと品質管理ができているところもありますが、墓石はそうではないのです。

 

3.お墓の良し悪しは石材店の考え方が大きく影響する

お墓の良し悪しは石材店の考え方が大きく影響する

消費者がお墓のことを何も知らないのは当然のことですが、問題は、お墓を販売する側の石材店の考え方です。

 

  • どういう石を選べば良いのか?
  • どの石を選んではいけないのか?
  • どのような構造が良いのか?悪いのか?
  • どのような設計がお参り・掃除がしやすいのか?
  • どのような施工が耐久性に優れているのか?

 

…などなど、何も知らない消費者に伝えることは、たくさんありますし、それが石材店の意義であるはずです。

 

しかし、そんな石材店ばかりではありません。

 

どうせ何も分からない消費者に細かな説明をするより、営業マンに「さっさと契約をもらってこい!」と発破をかける経営者もいます。

そんな利益第一主義的な考え方の石材店にいいお墓がつくれるでしょうか?

 

いくら墓石をつくるのは中国の石材加工工場であっても、それ以前にお客様に相対するのは石材店なのですから・・・

 

4.まとめ

現在、日本国内で加工・製作される墓石の数は非常に少なく、国産回帰の流れがみられるとはいえ、大部分の墓石は中国の石材加工工場でつくられているというのが現状です。

 

中国には数百件もの石材加工工場があります。

そして、それらの工場の技術レベルもピンからキリまであります。

 

あなたが、中国加工の墓石購入を考えているならば、この数百件の内のどこかの工場でつくられるのです。

 

「そんなの不安だから国産の石にしよう」としても、国産の石も大半は中国に送られて墓石として加工されているのです。

大島石や天山石の墓石であっても、中国の石材加工工場のどこかでつくられる可能性が大なのです。

 

「ピンキリ」の、どのレベルの工場を選ぶのかは、それぞれの石材店の考え方によって異なります。

 

さて、あなたのお墓は、いったいどこでつくられるのでしょう?

 

私ども第一石材では、お墓に関するさまざまな疑問にお答えさせていただいております。

相談は「1級お墓ディレクター」の私、能島孝志が対応させていただいております。

もちろん、相談は一切無料です。

 

当社では、

しつこい営業は絶対にいたしません。
売り込み電話は絶対にいたしません。
自宅への押しかけ営業は絶対にいたしません。
…ので、安心してお問い合わせください。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください