電話受付時間 平日10:00~17:30 第2・4木曜日定休
【近畿地方限定】失敗しないお墓づくりに役立つ小冊子プレゼント!

お墓には当たり外れがある?(3)意外と知られていない墓石の流通経路(神戸・兵庫の墓石編)

お墓には当たり外れがある?(3)意外と知られていない墓石の流通経路(神戸・兵庫の墓石編)
この記事を書いている人 - WRITER -

お墓はどこでつくられるのでしょう?

さて、あなたがどこかの石材店に注文したお墓は、
いったい、どこでつくられているのでしょうか?

では、一般消費者にはあまり知られていない、
お墓の流通経路について、ちょっと触れてみましょう。

今でも、お墓は「注文した石材店内の工場でつくっている」
…と思っている消費者は意外と多いのではではないでしょうか?

確かに、無いことはありませんが、最近では極めて少なく、
都心部の石材店では、ほとんど無いと言っていいくらいです。

91.jpg

石材店が直に原石を仕入れ加工する、いわゆる「自社加工」ですが、
ほとんどが国産の石に限られ、加工の技術は石材店により様々です。

自社加工だからと言って、必ずしも良い製品とは限りません。

自家製麺のラーメン屋が絶対美味しいかというと、
必ずしも、そうとは言えないお店もあるのと同じです。

墓石の自社加工も全く同様です。

ただ、このケースで「外れ」に当たった場合が最も難しいのです。

この場合、ほとんどが地元の地域密着の石材店のため、
本家や親戚もみんな知っているため、なかなか文句が言えません。

墓石の加工・製作も分業化の時代

その昔、墓石加工の全てを手作業で行っていた時代には、
石材店、いわゆる「石屋」の石工が自社で加工していました。

92.jpg

しかし、切削から研磨まで、加工の機械化が進むにつれ、
墓石の加工・製作も他の製品と同様、分業化されてきました。

山から石を切り出し、原石を販売する「採石丁場」。

採石丁場から原石を仕入れ、墓石製品に加工する「加工工場」。

加工工場の多くは、原石を入手しやすく、
取り替えもしやすい、原石産地の周辺に多く集まっています。

93.jpg

加工工場には、日本の加工工場と中国の加工工場があります。
(その他、インドやベトナムなどもありますが…)

そして、文字彫刻を専門に扱う「字彫り工場」。

その他、蓮華加工などを行う「やくもの専門工場」、
「地蔵・仏像工場」「燈籠工場」など、様々な石材加工関連工場があります。

94.jpg

こうして出来上がった墓石製品を、石材店に販売する、
仲買業務を専門とする、「石材商社」や「仲卸問屋」。

この、出来上がった墓石を消費者に販売する「石材店」「墓石店」など。

今では、このような流通経路を経て墓石がつくられています。

そして、多くの石材店は、消費者からのお墓の注文を、
「石材商社」を通じて、どこかの加工工場でつくってもらうのです。

これらの工場には、技術力の高い工場も、そうでないところもあります。

どこの工場を選ぶのかは、石材商社の取引範囲や、
石材店と石材商社とで取り決められている石材の単価にもよります。

ただ、ほとんどの場合、消費者はどこでつくられているのかは知りません。

また、石材商社側が、どの技術レベルの加工工場と、
親密な関係にあるかによっても、使う工場が異なってきます。

特に中国加工の場合に、その差は顕著に表れます。

そうなると、石材店が中国事情に精通しているかどうかが、
消費者のお墓の品質に大きく影響してくるのです。

95.jpg

テレビCMで有名な大手の石材店、老舗の石材店だからと言って、
必ずしも良いお墓が出来上がるとは限らない時代なのです。

これらの流通経路が、お墓の当たり外れに影響するのです。

お墓づくりとは、それほど難しいものなのです。

           ~つづく~

top_img_1604_520x265.png

top_bnr_inquiry_site_520x85.png

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください