電話受付時間 平日10:00~17:30 第2・4木曜日定休
【近畿地方限定】失敗しないお墓づくりに役立つ小冊子プレゼント!

お墓・墓石のカロート(納骨室)内の「水たまり」解決できます!

お墓・墓石のカロート(納骨室)内の「水たまり」解決できます!
この記事を書いている人 - WRITER -

かつては、突然降る雨のことを「夕立」と呼んでいました。

 

しかし、近年では「ゲリラ豪雨」という名前で呼ばれるほどの激しい雨が降り、全国各地で大きな災害が目につくようになってきています。

 

2018年7月の「西日本豪雨」、そして、1年後の2019年7月には九州南部を中心心とする記録的豪雨など、なぜ、近年ゲリラ豪雨がこんなに増えているのでしょうか?

 

これらの豪雨は、多くの家屋に甚大な被害をもたらしていますが、あなたのお墓・墓石の「水・雨対策」は大丈夫ですか?

 

富山県など、ごく一部の地域のお墓・墓石の構造を除いて、全国のほとんどの地域のお墓のカロート(納骨室)には水が入るのですよ!

 

今回のブログは、お墓のカロート(納骨室)内に水が入る理由と、その解決策をお伝えいたします。

 

1.お墓のカロート(納骨室)に水が入る(溜まる)理由?

お墓のカロート(納骨室)に水が入る(溜まる)理由?

当たり前のことですが、お墓はお骨を納めるためのものですよね。

それも、一人だけのお骨を納めるためのお墓というのは、今の時代少ないでしょう。

 

時が経ち誰かが亡くなると、またお骨を納める必要があります。

そのため、どの墓石も納骨作業が簡単にできるような構造になっています。

 

私どもの地元である神戸を含む関西地方の墓石はもちろんのこと、全国のほとんどの地域の墓石は簡単に納骨作業ができる構造ゆえ、カロート内に水が入ってしまうのです。

 

2.納骨後に石材店が固定してくれるって聞いたけど・・・

納骨後に石材店が固定してくれるって聞いたけど・・・

多くの場合、納骨の際に動かした石を元の位置に戻すだけですが、中にはモルタルなどで目地止めをする業者もあります。

 

ただ、将来的な次の納骨のことを考えると完全に接着してしまうことができないのです。

それゆえ、目地の劣化と共に継ぎ目などから水が入ってしまうのです。

 

ひと昔前までと違い、近年のようなゲリラ豪雨が多くなれば、お墓のカロート内に入る水の量も半端ではありません。

3.親戚の納骨式でお墓の中を覗いたが水は溜まっていなかったが・・・!?

お墓のカロート(納骨室)内に水が入るということは墓石業界の公然の秘密なのです。

あるお客様に、お墓のカロート(納骨室)内に水が入ることを話したところ、「親戚の納骨式でお墓のカロート内を覗いたが水など溜まっていなかった」と言っておられました。

 

もちろん、水が入っても好天が続けば、水は自然と地面に抜けていきますので、その直後の納骨式なら水は溜まっていないでしょう。

 

ただし、雨が続いた後の納骨式は厄介です。

 

恥ずかしい話ですが、そんな時は納骨日前日や当日の時間前などに事前にお墓を開けて中を確認し、水が溜まっていれば汲み出すのです。

お施主様が来られた時には、水が溜まってないような状態にしておくのです。

 

つまり、お墓のカロート(納骨室)内に水が入ることは墓石業界の公然の秘密なのです。…ばらしてしまいました(´・ω・`)

 

それをするのを業者が忘れていて、納骨式の際に水が溜まっていて骨壺がひっくり返り「お骨がプカプカと浮いていた」というお客様からのご相談を受けたことがきっかけで、この悩みを解決できる新構造の墓石を開発することができたのです。

 

4.“納骨室に水が入らないお墓”「信頼棺®(しんらいかん)」

“納骨室に水が入らないお墓”「信頼棺®(しんらいかん)」

お客様の声から生まれた新構造の墓石“納骨室に水が入らないお墓”「信頼棺®」は、私ども、㈱第一石材が特許・実用新案登録済みの、これまでにない独自構造です。

 

しかし、そのお客様からのご相談がなければ、きっと今現在でも当たり前に、水が入る墓石を提供していると思うとえらそうなことは言えません。

 

「信頼棺®」は、ほぼ全国各地の和型墓石の形に対応できるだけでなく、洋墓・デザイン墓石など、あらゆる形の墓石に対応できます。

 

また、新しく建てるお墓だけに限らず、今建っているお墓を「信頼棺®」仕様にリフォームすることも可能です。

 

 

5.まとめ

いかがでしたか?

おそらく、多くの方はお墓の中に水がはいることをご存じなかったのではないでしょうか?

 

石材店は教えてくれませんし・・・

というより言えることではなかったのです。

ご先祖様も文句ひとつ言われないのでご存じなくて当然です。

 

高級な石で立派なお墓を建てることも素晴らしいことですが、大切な方のご遺骨を納める場所であるカロート(納骨室)こそ、お墓の中で最も重要な部分と言えるのではないでしょうか

あなたの大切な家族のお骨が水浸しになっているとしたら、あなたは耐えられますか?

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください