電話受付時間 平日10:00~17:30 第2・4木曜日定休
【近畿地方限定】失敗しないお墓づくりに役立つ小冊子プレゼント!

お墓のカロート(納骨室)は水が入るだけではなく、虫のすみかになっているのをご存知ですか?

お墓のカロート(納骨室)に水が入るだけではなく、虫のすみかになっているのをご存知ですか?
この記事を書いている人 - WRITER -

こんにちは。兵庫県神戸市兵庫区にある株式会社第一石材の能島です。

(一社)日本石材産業協会認定の「1級お墓ディレクター」です。

能島

お墓のカロート(納骨室)の中に水が入ることは、意外と消費者に知られていません。

…というよりも、元々お墓の中に水が入るなんて思ってもいなかった、という人がほとんどかも知れません。

 

しかし、日本全国のほとんどの地域の墓石は、カロートの中に水が入ってしまう構造なのです。

 

ひどい場合には、水がたまり、お骨がプカプカと浮いていたりします。

 

これは、今に始まったことではありません。

何十年も前からずっと、水が入ってしまう構造なのです。

 

そこで、今回の記事は、お墓の中に水が入ることを、なぜ消費者が知らないのか?

そして、水だけではなく、虫のすみかになっている事実をお伝えするとともに、その解決方法についてお知らせいたします。

 

これから、お墓を建てようと考えている方は、墓石選びには十分な注意が必要ですよ。

 

1.お墓の中に水が入ることを消費者が知らない理由?

お墓の中に水が入ることを消費者が知らない理由?

当社の第一石材がある、兵庫県神戸市のお墓はもちろんんこと、全国のほとんどの地域の墓石は水が入ってしまう構造なのです。

 

それは、和型・洋型・デザイン墓石など、お墓の形に関係ありません。

どんな形のお墓であっても、カロート(納骨室)の中に水が入ります。

 

全国のほとんどの地域の墓石は水が入ってしまう構造

このように、水がたまって骨壺が水没していたりもします。

 

この事実は、おそらくすべてと言ってもいいくらいの石材店は知っていることですが、一般消費者で知っているのは、ご自分で納骨をされた方だけです。

 

なぜならば、納骨をする際に、多くの方は納骨作業を石材店に依頼するからです。

 

依頼を受けた石材店は、事前にカロートのふたを開けて、水がたまっていないかどうかなど内部を確認し、水がたまっていたら納骨日までにくみ出しておきます。

それゆえ、納骨作業を石材店に依頼された方は、カロート内がどのような状態になっているのかを知らないのです。

 

でも、納骨作業を石材店に依頼せず、ご自身で納骨をされた方は、納骨日にカロート内の状態を見て驚かれる人も少なくありません。

 

つまり、お墓を扱う業者はみんな知っていることなのですが、お客様には言えないことなのです。

 

私も同じく・・・

言えませんでした。

 

悪意はないのですが、たぶん消費者が尋ねない限り、石材店の方から水が入るなんてことは、わざわざ言わないでしょうね。

 

2.お墓の中に水が入るだけではなく、虫のすみかになっているのをご存知ですか?

お墓の中に水が入るだけではなく虫のすみかになっている

お墓のカロート(納骨室)内には、水が入るだけではなく、さまざまな虫のすみかになっていることはあまり知られていません。

 

  • クモが巣を作って住み着いているかも・・・
  • ムカデがいるのはごく当たり前
  • ゲジゲジがいることもあります

 

暗くて湿気の多いカロートの中は絶好のすみかなのです。

 

お墓の中は虫のすみかになっている

時には、ハチが巣を作っていたりすることもあり、プロの業者に駆除を頼むしかない時もあるほどです。

 

少々グロテスクな画像をご紹介いたしましたが、お墓のカロート内がこのようになるかもしれないのです。

 

もし、あなたが毎日寝ている寝室に、ムカデやゲジゲジがいたり、ハチが巣を作っていたりしても平気ですか?

 

お墓のカロートは、大切な人のお骨を納めるところです。

たとえ、水や虫が入っても亡くなられた人は文句を言いませんが、できれば快適な環境で祀ってあげるべきではないでしょうか。

 

いずれは、自分自身も入るかもしれない場所なのですから・・・

 

3.なぜ、水や虫が入ってしまう構造なのか?

なぜ、水や虫が入ってしまう構造なのか?

お墓の中に水や虫が入ってしまう理由はいくつかありますが、その中の一つに、お墓への納骨は一回限りではないということが挙げられます。

 

何十年先か?もしかしたら数年先に、また別の方のお納骨があるかもわかりません。

 

そのため、お墓の納骨室の入口は、次の納骨を考慮した構造にするしか仕方ありません。

それに加え、石材店のスタッフが一人で簡単にできる構造でなければなりません。

 

そのため、どうしても水が入ってしまう構造になってしまうのです。

 

つまり、お墓のカロート(納骨室)の中に水が入ることは、墓石業界にとっては「どうしようもない」ことだったのです。

しかし、幸いにも外から見えないため消費者に知られることはほとんどありません。

 

それゆえ、いまだに水や虫が入ってしまう構造のお墓が、ごく普通に流通しているのです。

 

4.お墓の水問題の解決方法はないのか?

お墓の水問題の解決方法はないのか?

当社も、開業以来ずっと「お墓の中に水が入ることは仕方がないこと」という認識でお墓づくりをしてまいりました。

 

それゆえ、お墓の中に水が入ることを疑問に感じたことは一度もありませんでした。

逆に、お墓は「こんなもの」という認識のほうが強かったかもしれません。

 

ましてや、その事実を知っている消費者など、ほとんどいないわけですから、指摘されることもありませんし・・・

 

そんな考えで、タカをくくって商売をしていましたが、その事実を知っているお客様がついに現れたのです。

 

けれども、その方の「お墓の中に水が入るのは絶対にイヤ!」という強い想いのおかげで、納骨室に水が入らないお墓が誕生したのです。

 

「信頼棺®」は特許・実用新案登録の独自構造墓石

それが、特許・実用新案登録済みの独自構造墓石である、“納骨室に水が入らないお墓”「信頼棺®」です。

 

「信頼棺®」なら、「お墓・墓石に水や虫が入る」という悩みをすべて解決できます!

「信頼棺®」なら、今までのどのお墓よりも快適できれいな環境で、大切な方のご遺骨を末永くお守りできることをお約束します。

 

まさしく、「信頼できる棺(ひつぎ)」を備えたお墓なのです。

 

5.まとめ

いかがでしたか。

 

お墓の中に、水や虫が入るとい事実を知ってしまうと、「別に気にしない」という方はほとんどいません。

実際に、当社で250人のお客様にアンケートを取ったところ、実に98%の方が「イヤ!」という回答でした。

 

そりゃ当然ですよね。

 

大切な人のお骨を、わざわざそんなところに納めたいなんて人はまずいないでしょう。

 

いくら、国産最高級品の「庵治石」や「大島石」でお墓を建てても、納骨室の中に水が入るようでは本末転倒です。

総ヒノキ造りの家が雨漏りするようなものです。

 

これから、お墓を建てようと考えておられる方は、石の種類や形に加え、故人の寝室にもこだわってみてはいかがでしょうか。

 

“納骨室に水が入らないお墓”「信頼棺®」は、知的財産権を有する独自構造の墓石につき、全国の「信頼棺®」正規加盟店だけでの取り扱いです。

 

大切な方のお骨を、きれいな環境でお祀りしたいとお考えの方は、一度ご相談されてみてはいかがですか。

 

 

【実録映像】第一石材のご紹介とお客様の声(00:04:40)

 

私たちに30分の時間をください!

お墓づくりに成功する秘訣をお伝えできるでしょう。

ここまで読んでいただきありがとうございます。

 

しかし、この記事だけでは、あなたのお墓への疑問を解決するにはまだまだ情報量が足りません。

 

もし、あなたが、

 

  • 満足のいくお墓を建てたい
  • お墓づくりで失敗したくない

 

と思われているのなら、私たちに30分だけ時間をください。

 

方法は簡単です。

当社にお電話をしていただくだけです。

 

フリーダイヤル:0120-756-148(ナゴム・イシヤ)

 

対応は、すべて(一社)日本石材産業協会認定の「1級お墓ディレクター」資格者の当社代表・能島孝志が承ります。

もちろん、相談は一切無料です。

 

私たちに30分のお時間をいただければ、あなたがお墓づくりで失敗する確率はかなり少なくなるはずです。

また、当社にご来店いただけるのなら、あなたのお墓づくりの半分は成功へと近づくでしょう。

そして、あなたのお墓づくりを当社にお任せいただけるのなら、満足を超えた感動をご提供できると自負しております。

 

しかし、問い合わせをすれば、

 

売り込まれるんじゃないか?

後からしつこく電話が掛かってくるんじゃないの?

なんて心配をされているのならご安心ください。

 

当社では、

しつこい営業は絶対にいたしません。
売り込み電話は絶対にいたしません。
自宅への押しかけ営業は絶対にいたしません。

 

安心してお問い合わせください。

お問い合わせはコチラ!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
https://daiichisekizai.com/inquiry/

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください