電話受付時間 平日10:00~17:30 第2・4木曜日定休
【近畿地方限定】失敗しないお墓づくりに役立つ小冊子プレゼント!

価格・予算をアップして国産墓石を選んでも良いお墓になるとは限らない理由

価格・予算をアップして国産墓石を選んでも良いお墓になるとは限らない理由
この記事を書いている人 - WRITER -

お墓は自然の素材である石を材料とし、人の手でつくり上げていくものなのですが、当たりはずれがあることは、あまり知られていません。

 

しかし、消費者側からすれば、お墓は食べ物や日用品とは違い、一生に一回買うかどうかのもので買い替えがきくものではありません。

ましてや、安い買い物ではなく高価な買い物なのです。

 

こんにちは。(一社)日本石材産業協会認定「1級お墓ディレクター」の能島孝志です。

兵庫県神戸市で、“カロート(納骨室)に水が入らない特許構造墓石”『信頼棺®』を販売する、(株)第一石材の代表を務めさせていただいております。

能島

たしかに、お墓は高額商品です。

それだけに、「大当たり」は望まないとしても、「ハズレ」だけは絶対に避けたいと考えるのも当然です。

 

それならばと・・・

「ハズレ」に当たらないために、少々予算をアップしても、「中国産の墓石よりも国産墓石!」と考える人も少なくありません。

 

でも、国産墓石を選んだからといって必ずしも安心できないのですよ。

 

そんなわけで、今回の記事は、国産墓石を選んだにもかかわらず、どうして「ハズレ」に当たるのか?

また、どうすればそんな目にあわないで済むのかについてお伝えしたいと思います。

 

1.「国産墓石」ってホントに国産?

「国産墓石」ってホントに国産?

近年、中国から日本に数多く旅行にやってきて、「爆買い」と呼ばれるほどたくさんの買い物をする中国人の富裕層の人たちだって、「made in China」は買わないようです。

 

同様に、日本人だからこそ、「やっぱり、日本のモノが安心よねぇ」と考える人は結構います。

 

では、お墓も国産を選んでおけば間違いないのか?ということですが・・・

 

実は、お墓は国産墓石を選べば絶対安心とは言えません!

その理由は、日本に流通している「国産墓石」呼ばれるものの多くは、中国の石材加工工場で製品加工されているからです。

 

つまり、材料である石材は国産だが、加工は中国ということです。

 

詳しく説明いたしますと、日本で採掘された石を中国の石材加工工場に送り、中国で完全に墓石として加工され再び日本に送られてくるのです。

そして現在、日本の市場に流通している国産墓石は、ほとんどが中国で加工されたものなのです。

 

これを選んだ段階で「ハズレ」を引く確率がグッと上がります。

 

2.なぜ、国産墓石を選んだのか?

なぜ?国産墓石を選んだのか?

今や、日本の市場に流通している墓石の80%以上が中国の石材加工工場でつくられています。

 

そして、この「80%以上」という数字の中に、中国でつくられる国産墓石も含まれているのです。

 

日本の石なのに、日本で加工される数の方が少ないのです。

 

中国の石材加工工場でつくられるのに「国産墓石」?

これって、おかしくないの?法的に問題ないの?

って、思われる方も大勢いるかと思います。

 

しかし、これは問題ないのです。

 

日本の現行法律では、素材が国産ならば加工地が中国であっても、「国産墓石」と表示して販売することはまったくく問題ありません。

つまり、石材店はあえて「中国で加工した」と言う必要がないのです。

 

さて、消費者は「なぜ?」国産墓石を購入したのかを考えてみましょう。

 

おそらく、多くの方は安心感を求めての選択かと思います。

 

では、その国産墓石が中国で加工されている石材店から聞かされていたら、はたして購入したでしょうか?

 

多くの消費者は、中国で加工された国産墓石を日本でつくられているものと勝手に思い込んでいるだけに、後で分かれば精神面ではかなりショックでしょうね。

 

電化製品や衣料品などは、たとえ日本のメーカーのものであっても生産地が外国なら、「made in ○○」ときちんと表示がされているんですがねぇ・・・

 

法的には問題ないとしても、私たち墓石業界のモラルが問われる部分です。

 

3.中国加工の国産墓石の“3つの問題点”

中国加工の国産墓石の“3つの問題点”

これまでの説明で、日本市場で「国産墓石」と称して販売されているものの大半は中国の石材加工工場にてつくられたものであることはご理解いただけたかと思います。

 

では、実際のところ、中国加工の国産墓石はどうなのか?

 

  • 良いのか?
  • 悪いのか?
  • どこが悪いのか?

 

消費者からすると、真実を知りたいところかと思います。

ただ単に「中国加工だからNO!」では納得できないでしょうからね。

 

それでは、中国加工の国産墓石にはどのような問題があるのかを順にご説明いたします。

 

3-1.本当に良い石は中国には送られない

近年では、大量の日本の石が中国に送られています。

それらは、中国に送られていない石種を探す方が難しいくらい、ほとんどと言っていもいいくらいの日本の石が中国に送られています。

 

ただ、本当に良い石は中国には送られません。

 

どちらかというと、同じ石種での中でも中間から下のランクの石、時には、明らかに「問題あり」という品質の石も含まれています。

 

日本の加工業者が、採石業者から原石を仕入れる場合、品質に問題があった場合には、ほとんどの場合は取り替えてもらえます。

ところが、中国の石材加工工場に原石を輸出する際には、原石に問題があっても、基本的には取り替えはいたしません。

 

しかし、中国の工場側としては、高いお金を払って購入している以上、それが粗悪な石であるとわかっていても、墓石等に製品化してお金に換えないと仕方がないというのが言い分です。

 

そのような粗悪な原石は墓石に使用せず、良い石だけを吟味して使うとなると歩留まりが悪く単価が高くなり、中国で加工する意味がなくなるのです。

そして、結果的として「国産墓石なら安心だと思って買ったはずなのに」ということに気が付いた時には、すでに完成後なのでどうにもできないのが現状です。

 

3-2.日本と中国の技術レベルの違い

日本で加工した墓石ならすべて良くて、中国で加工した墓石がすべて悪いとは言いません。

 

人間がつくるものだけに、中国人より技術レベルの低い日本の石職人もいます。

 

ただ、平均的におしなべて考えると、日本で加工する墓石の方がはるかに良いものができると言えるでしょう。

特に、日本石材三大加工地と呼ばれる、香川県の「庵治・牟礼」、愛知県の「岡崎」、茨城県の「真壁」などの石材加工専門工場でつくられる墓石は、極めて精度の高い技術レベルを誇ります。

 

具体的にどこが違うのかというと、一番は「磨き」です。

石の表面をピカピカに仕上げる技術ですね。

艶持ちに関係しますので、磨きの良し悪しは年月が経つにつれて違いがよくわかります。

 

そして、角の部分がきちんと直角が出ているとか、シャープに仕上がっているかなどの加工精度も大きく違います。

 

その他にも、さまざまな点で違うところがありますが、これは技術力というよりもモノづくりに対する国民性の違いが影響しているかも知れません。

 

3-3.ごまかし加工のリスク大

石は自然のものだけに二つとして同じものはありません。

 

また、人間にホクロやあざがあるのと同じく、石にも「タマ」と呼ばれる、黒や白の斑点のようなものが含まれています。

 

石の「黒タマ」「白タマ」

大きなものになると、手のひら大くらいのサイズのものもあります。

 

通常、墓石をつくる際には、ある程度の大きさの「タマ」は取り除いていくのですが、製作工程の最終段階で出てくるときがあるのです。

その段階で新たにつくり直すとなると、材料費も手間ひまも余計にかかってしまうため、熱処理などを施し「タマ」をわかりにくくするのです。

 

その他にも、日本で加工する場合なら到底使わないであろう、赤茶けたきたない色目の石を薬品を用いて表面を脱色し、墓石として加工するのです。

 

言うなれば、墓石にお化粧を施したようなものなので、時間の経過とともに元のきたない赤茶けた色に戻ってしまいます。

 

中国では、このような「ごまかし加工」が、ごく当たり前に行われています。

 

そのような国産墓石が、あなたのお墓に当たるかどうかは運次第なのです。

 

4.中国加工の国産墓石は、はたしてお買い得なのか?

中国加工の国産墓石は、はたしてお買い得なのか?

消費者は品質の安心を求めて国産墓石の購入を検討するのですが、実はそれだけではありません。

 

「○○石」というブランドで選ぶ人も少なくないのです。

西日本で人気の「大島石」などは、その典型例です。

 

品質やブランドで選ぶにしても、値段は安いに越したことはありません。

 

そのため、複数の石材店に見積もりを依頼します。

 

すべてを日本国内で加工する「純国産墓石」を扱う石材店の見積りと、中国加工の国産墓石を扱う石材店の見積りとでは当然価格に差が生じます。

また、ほとんどの見積書には「中国加工の国産墓石」とは書いていません。

 

多くの消費者が、見積書の中で先ず目が行くのは値段です!

 

そうなると、「純国産墓石」と比較すると、明らかに値段が安い中国加工の国産墓石を選んでも何ら不思議なことではありません。

結果として消費者にとっては、「安かろう悪かろう」になるのですが、安かろうといっても、国産の石だけに極端に安いわけではありません。

 

これって、はたしてお買い得なのでしょうか?

 

5.お墓選びで押さえておきたい“5つのポイント”

お墓選びで押さえておきたい“5つのポイント”

それでは最後に、私ども第一石材がご提案する、お墓を選ぶ際にここだけは押さえておきたい“5つのポイント”をお伝えいたします。

 

(1)そこそこの予算があるのならば、国内の石材産地の一流工場でつくる「純国産墓石」がなによりもベストでしょう。

 

(2)国内加工ならば全て良しというわけではありません。

国内加工でも加工工場の技術力が低ければ全然ダメ!

 

(3)値段の安い国産墓石を求めるとなるとリスクを伴いますが、中国加工の国産墓石となるでしょう。

 

(4)中国産やインド産など、外国産の石でも良いものは多くあります。

中国の石材加工工場でも、技術力の高い加工工場を選ぶことが重要です。

 

(5)素材(石)選びも大切ですが、部材の結合方法や納骨室(カロート)内に水が入らないなど、構造面を考慮した設計の墓石を考えることの方が最も重要です。

 

 

6.まとめ

いかがでしたでしょうか

 

今回の記事に書かせていただいたように、国産墓石と言えども必ずしも安心はできないのです。

 

現在の私たちの身の回りのモノは「made in China」であふれています。

日用品や消耗品など、買い替えのきく商品や使い捨てのものなら、中国産でも問題はないでしょうし生活面ではありがたい存在です。

しかも、ユニクロのように高品質の中国産製品も数多くあります。

 

しかし、日本の石を中国で加工する国産墓石に関しては、「良い製品をより安く!」というような考え方は存在しません。

 

日本で加工するより安ければそれでいいのです!

そして、消費者に安く提供できればいいのです!

 

つまり、売る側が商売として成り立てば良いということです。

 

そこには、消費者は不在なのです。

 

そんな理由から、私ども第一石材では、中国で加工する国産墓石は一切取り扱っておりません。

 

さて、あなたならどちらの国産墓石を選びますか?

 

 

私ども第一石材では、お墓に関するさまざまな疑問にお答えさせていただいております。

相談は「1級お墓ディレクター」の私、能島孝志が対応させていただいております。

もちろん、相談は一切無料です。

 

当社では、

しつこい営業は絶対にいたしません。
売り込み電話は絶対にいたしません。
自宅への押しかけ営業は絶対にいたしません。
…ので、安心してお問い合わせください。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください