電話受付時間 平日10:00~17:30 第2・4木曜日定休
【近畿地方限定】失敗しないお墓づくりに役立つ小冊子プレゼント!

お墓には当たり外れがある?(7)国産墓石のハズレ!(神戸・兵庫の墓石編)

お墓には当たり外れがある?(7)国産墓石のハズレ!(神戸・兵庫の墓石編)
この記事を書いている人 - WRITER -

「お墓もやっぱり国産!」それで安心?

お墓は自然素材を材料とし、人の手でつくり上げていくものだけに、
当たり外れがあることは、これまでのブログでご理解頂けたかと思います。

しかし、消費者側からすれば、お墓は食べ物や日用品とは違い、
一生に一回買うかどうかのもので、買い替えがきくものではありません。

ましてや、安い買い物ではなく高価な買い物なのです。

それだけに、「大当たり」は望まないとしても、
「ハズレ」だけは絶対に避けたいと考えるのも当然です。

ならば、少しでも「ハズレ」のリスクを少なくするため、
「中国産の墓石よりも国産墓石!」と考える人も少なくありません。

07171.png

最近、中国から日本に数多くやって来て「爆買い」をする、
中国人の富裕層の人たちだって「made in China」は買わないんだから…

「やっぱり、日本のモノが安心よねぇ」と考える人は結構います。

ところが、お墓は国産墓石を選べば絶対安心とは言えません!

その理由は、日本に流通している「国産墓石」呼ばれるものの多くは、
実は、中国の石材加工工場で製品加工されているのです。

つまり、材料の石材は国産だが、加工は中国なのです。

そうなると、これまでのブログに書かせて頂いた、
様々な「当たり外れ」の要因が国産墓石にも当てはまるという事です。

中国加工の国産墓石の「ハズレ」はひどい!

中国やインドの石を中国で加工し外国産墓石として輸入されるものより、
日本の石を中国に送り、中国でつくられる国産墓石の方がハズレが多い。

その理由をいくつか挙げてみましょう。

①精神的にショック!

消費者は「なぜ」国産墓石を購入したのかが問題です。

国産墓石を購入される多くの方は、安心感を求めてのものでしょう。

その国産墓石が中国で加工されていると聞かされていたとしたら、
はたして、その国産墓石を購入していたかどうかです。

日本の現行法律では、素材が国産ならば、加工地が中国であっても、
「国産墓石」と表示して販売することは全く問題はありません。

つまり、業者はあえて中国で加工したと言う必要がないのです。

多くの消費者は、これら中国加工の国産墓石を日本でつくられているものと、
勝手に思っているだけに、後で分かれば精神面ではかなりショックでしょう!

07172.jpg

電化製品や衣料品などは、日本のメーカーのものであっても、
「made in ○○」と、きちんと生産地が表示されているんですがねぇ…

②とりあえず「国産」ではある!


近年では、大量の日本の石が中国に送られています。

それらは、中国に送られていない石種を探す方が難しいくらい、
ほとんどと言っていいくらいの日本の石が中国に送られています。

ただ、本当に良い石は中国には送られません。

どちらかというと、同じ石種での中でも中間から下のランクの石、
時には、明らかに「問題あり」という状態の石も送られているのです。

日本の加工業者が、採石業者から原石を仕入れる場合、
品質に問題があった場合には、ほとんどの場合は取り替えてもらえます。

ところが、中国の石材加工工場に原石を輸出する際には、
原石に問題があっても、基本的には取り替えはいたしません。

07173.JPG

中国の工場側としては、それが粗悪な原石であると分かっていても、
墓石等に製品化して、お金に換えないと仕方がないというのが言い分です。

そのような粗悪な原石は墓石として使用せず、良い石だけを使うとなると、
歩留まりが悪く単価が高くなり、中国で加工する意味がなくなるのです。

そして、結果的として「国産墓石なら安心だと思って買ったはずなのに」
ということに気が付いた時には、すでに購入後なのでどうにもできません。

③はたしてお買い得なのか?

消費者は安心を求めて国産墓石の購入を検討するのですが、
やはり、それでも値段は安いにこしたことはありません。

そのため、複数の石材店、墓石店に見積もりを依頼します。

日本国内で全てを加工する「純国産墓石」を扱う業者の見積りと、
中国加工の国産墓石を扱う業者の見積りとは、当然価格に差が生じます。

また、ほとんどの見積書には「中国加工の国産墓石」とは書いていません。

多くの消費者が、見積書の中で先ず目が行くのは値段です!

そうなると、「純国産墓石」と比較すると、明らかに値段が安い、
中国加工の国産墓石を選んでも何ら不思議なことではありません。

07174.jpg

結果として消費者にとっては、「安かろう悪かろう」になるのですが、
安かろうと言っても、国産の石だけに極端に安いわけではありません。

これって、はたしてお買い得なのでしょうか?

 

中国加工の国産墓石の存在意義?

このように、国産墓石と言えども必ずしも安心はできないのです。

現在の私たちの身の回りのモノは「made in China」であふれています。

日用品や消耗品など、買い替えのきく商品や使い捨てのものなら、
中国産でも問題はないでしょうし、生活面ではありがたい存在です。

07175.jpg

しかも、品質面でも何の問題もない中国産商品も数多くあります。

しかし、日本の石を中国で加工する国産墓石に関しては、
「良い製品をより安く!」というような考え方は存在しません。

日本で加工するより安ければそれでいいのです!

そして、消費者に安く提供できればいいのです!

つまり、売る側が商売として成り立てば良いという事です。

そこには、消費者は不在なのです。

私ども第一石材では、中国で加工する国産墓石は一切取り扱っておりません。

第一石材がお薦めするベストな選択!

予算が十分にあるのならば、国内の石材産地の一流工場でつくる、
 「純国産墓石」がなによりもベストでしょう。

値段の安い国産墓石を求めるとリスクを伴います。
 すなわち、中国加工の国産墓石となるでしょう。

国内加工ならば全て良しというわけではありません。
 国内加工でも加工工場の技術力が低ければ全然ダメ!

中国産やインド産など、外国産の石でも良いものは多くある。
 中国内でも、技術力の高い加工工場を選ぶことが重要です。

素材選びも大切ですが、部材の結合の仕方や、
 カロート(納骨室)内に水が入らないなど、
 構造面を考慮した設計の墓石を考える事の方が最も重要です。

結果、中国加工の国産墓石を購入するより値段も安く、
 品質もデザインも、構造面でも優れた墓石ができるのです。

           ~つづく~

top_img_1604_520x265.png

top_bnr_inquiry_site_520x85.png

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください