電話受付時間 平日10:00~17:30 第2・4木曜日定休
【近畿地方限定】失敗しないお墓づくりに役立つ小冊子プレゼント!

和の心を感じさせるシンプルモダンの和洋折衷のデザイン墓石

WRITER
和の心を感じさせるシンプルモダンの和洋折衷のデザイン墓石
この記事を書いている人 - WRITER -

その昔は、お墓といえば、四角い石を3~4段積み上げただけの、いわゆる「和型墓石」というものが主流でした。

主流というよりも、五輪塔など特別な形のものを除けば、和型墓石しか選択肢がありませんでした。

 

高さが低く横に広い「洋型墓石」と呼ばれるお墓は、「キリスト教の方が建てるもの」なんて概念がありました。

 

それが、今やお墓も自由設計の時代。

 

こんにちは。(一社)日本石材産業協会認定「1級お墓ディレクター」資格の能島孝志です。

兵庫県神戸市で、“カロート(納骨室)に水が入らない特許構造墓石”『信頼棺®』を販売する、(株)第一石材の代表を務めさせていただいております。

能島

平成に入ったころから徐々に流通し始めた「デザイン墓石」も、今や世の中にすっかり定着いたしました。

 

でも、「極端に“洋”の雰囲気が強いものではなく、“和”のテイストを残したデザインにしたい」という方もいらっしゃいます。

 

今回の記事では、そんなあなたのために、和洋折衷の素敵なオリジナルデザイン墓石をご紹介いたします。

 

1.背の高い和型墓石に囲まれた墓地にデザイン墓石を建てる

背の高い和型墓石に囲まれた墓地にデザイン墓石を建てる

松本様が選ばれたのは、神戸市立鵯越墓園内にあるご実家のお墓の隣の墓所です。

たまたま募集が出ていたのを見つけて申し込みをされ当選されたとのことです。

 

ご実家のお墓の隣とは理想的な条件ですね。

 

いつもご先祖様に見守っていただけるのですから、これ以上の場所はないかと思います。

 

ただ、ご実家のお墓を含め、周りは和形の墓石ばかりで、両隣に建っているのは地面からの高さがゆうに2メートルを超える大きなお墓。

その間に、松本様が希望された黒みかげ石を基調にしたバリアフリータイプのデザイン墓石を建てるとなると、かなりの高さの差が生じるため、両隣のお墓の間に埋もれているような印象を受けてしまいそうです。

 

そこを考えると、デザイン墓石に和形墓石の要素を取り入れ、ある程度の高さがあるデザインにした方が周囲の景観にしっくりと収まります。

 

2.デザイナーズブランド墓石「casa memoria/カーサメモリア」

デザイナーズブランド墓石「casa memoria(カーサメモリア)」

松本家のお墓に当社第一石材が選んだのは、デザイナーズブランド墓石「casa memoria/カーサメモリア」の「MEGUMI・NI/メグミ・ニ」です。

 

「カーサメモリア」は、北海道を拠点に活動されている墓石デザイナー・福田和哉氏が主宰するデザイナーズブランド墓石で、兵庫県では当社が唯一のライセンス契約を交わしております。

 

ただし、カーサメモリアの「MEGUMI・NI」は正方形の墓地を想定して設計されているのと、ベンチなどご要望の付属品の追加もありますのでリデザイン(再設計)の必要があります。

 

カーサメモリア「MEGUMI・NI」のリサイズバージョン

こうして完成したのが、デザイナーズブランド墓石・カーサメモリア「MEGUMI・NI」のリサイズバージョンの設計図です。

 

松本家墓所の奥行はオリジナルデザインの2倍近くありましたので、参道も十分に確保でき、霊標(墓誌)やベンチ、ローソク立てなどの付属品もバランスよく配置できました。

 

3.松本家墓碑に使用した石の種類は?

松本家墓碑に使用した石の種類は?

松本家墓碑のメイン石種に選んだのは、インド産黒みかげ石「クンナム」です。

世界有数のみかげ石産出国であるインドは、多くの良質な黒みかげ石が採れることでも有名ですが、その中でも最高峰に位置するのがクンナムなのです。

 

そして、アクセントには、淡い桜色の色調が特徴の中国産桜みかげ石「G663」を使用しています。

 

また、墓地を囲む外柵には、ポピュラーな淡いグレー系の中国産みかげ石「AG98」を選びました。

 

実は、初回のご提案では、この外柵部分も黒みかげ石「クンナム」でご提示させていただいたのですが、「少しトーンを落とした優しいイメージの石にしたい」というお施主様からのご要望でグレー系の「AG98」に変更したのです。

 

3種類の石を使うことで、ゴチャゴチャした感じにならないように、玉砂利は五色石を使用せず黒の那智石を使うことで引き締まった印象に仕上げております。

 

4.松本家墓碑の各部詳細をご紹介

松本家墓碑の各部詳細をご紹介

デザイン墓石でありながら、周囲の和形墓石の中にあっても違和感を感じさせない「和・モダン」を基調としたデザイナーズブランド墓石「casa memoria(カーサメモリア)」の「MEGUMI・NI(メグミ・ニ)」をリデザインした松本家墓碑が完成いたしました。

 

中国の石材加工工場での検品作業

墓石棹石のはめ込み部分の精度を高めるため、私自ら中国の加工工場に出向き、何度も何度も微調整を行いました。

 

究極のデザイン墓石「カーサメモリア」

棹石正面には書家直筆文字による家名を、日本三大石材加工地の一つである香川県「庵治(あじ)・牟礼(むれ)」の碑銘彫刻師の匠の技にて彫り上げております。

 

墓石本体の構造は地上納骨室仕様になっております。

もちろん、納骨室に水や虫が入らない、ハチが巣を作ることもない「信頼棺®です。

 

納骨室のふた板部分に、松本家の家紋を浮き出し紋にて彫刻させていただきました。

 

香炉と花立に加え、お水入れには水垢が付きにくくお手入れのしやすいステンレス製の水皿を装着いたしました。

 

ゆっくりとお墓参りができるワイドベンチ

入口の左側にワイドベンチを設けました。

お供物等の準備をしていただくためのテーブルとしてもお使いいただけます。

 

ワイドベンチ付き墓石

実際にお施主様ご家族に座っていただきました。

大人二人がゆったりと座っていただけるスペースを確保してあります。

 

見えやすい位置に配置した霊標(墓誌)

そして、入口右側の見えやすい位置に故人の名を刻む霊標(墓誌)を配置いたしました。

ベンチの真っ正面に位置しますので、腰を掛けてゆっくり故人と語り合ってください。

 

風が吹いても消えない墓前小型燈明立

墓石本体の両脇には、御燈明を灯すローソク立をご用意いたしました。

ガラスカバー付きですので、風が吹いても消えません。

 

墓石に模様を彫刻

外柵入口左右の足元に、松本様が経営されている服飾専門学校の校章を彫刻し、金色のペイントであしらいました。

 

5.松本様から頂いた「お客様の声」(メール)

松本様から頂いた「お客様の声」(メール)

好天にも恵まれ、滞りなく開眼法要も終え、松本様からうれしいメールを頂戴いたしました。

 

株式会社 第一石材
能島様

中央区の松本です。

日曜日は皆様に大変お世話になりまして、ありがとうございました。

また本日はお葉書もいただきまして恐縮でございます。

貴重な晴れ間に恵まれまして、式典を行わせていただきました。

多少風はありましたが、影響があるほどではなく、一週間ほど、お天気をずっと心配していましたが、申し訳ないほどありがたかったです。

息子家族も福山から無事、車で往復出来ました。

95歳の父は除幕式で初めての新しいスタイルのお墓に感動してくれました。

帰り道、ひいらぎ地区から降りる途中、様々なお墓に注意して「少しあるある、黒い墓石が。これからは増えるかなあ。りっぱなお墓やなあ。」と言ってくれましたので、ほっとしました。

スタイリッシュなお墓を建てて頂きまして本当に有難うございました。

能島様、どうぞこれからもお元気でご活躍下さい。

6.第一石材から松本様へ/まとめ

このたびは、すばらしいご縁をいただき心から感謝申し上げます。

松本様ならびに、ご家族の皆様に喜んでいただけて何よりです。

 

また、松本様ご自身が服飾専門学校経営という、分野こそ違えどデザインに関連するお仕事に携われていらっしゃるためか、すべてにおいて物事がスムーズに運びました。

 

満足のいくデザイン墓石をつくるには、お施主様と石材店との相性は重要です。

美的感覚やデザインの嗜好が違うと、なかなか難しいものなのです。

 

そして、最後になりましたが、当社ホームページへの掲載をご快諾いただき、あらためて厚く御礼申し上げます。

 

私ども第一石材では、デザイン墓石に関するご相談にお答えさせていただいております。

相談は「1級お墓ディレクター」の私、能島孝志が対応させていただいております。

もちろん、相談は一切無料です。

 

当社では、

しつこい営業は絶対にいたしません。
売り込み電話は絶対にいたしません。
自宅への押しかけ営業は絶対にいたしません。
…ので、安心してお問い合わせください。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください