電話受付時間 平日10:00~17:30 第2・4木曜日定休
【近畿地方限定】失敗しないお墓づくりに役立つ小冊子プレゼント!

ご先祖様だってキレイな環境のお墓の中で眠りたいはず!

WRITER
ご先祖様だってキレイな環境のお墓の中で眠りたいはず!
この記事を書いている人 - WRITER -

お盆、お彼岸といえば、お墓参りです。

 

墓前で手を合わせ、お墓の中で安らかに眠っている方に感謝の気持ちを伝えたり、日々の報告をするという方は多いと思います。

 

こんにちは。(一社)日本石材産業協会認定「1級お墓ディレクター」の能島孝志です。

兵庫県神戸市で、“カロート(納骨室)に水が入らない特許構造墓石”『信頼棺®』を販売する、(株)第一石材の代表を務めさせていただいております。

能島

亡き人を偲んで墓前で手を合わす。

素晴らしいことですね。

 

きっと、ご先祖様や亡くなった大切な方も喜んでおられることでしょう。

 

今の自分がこの世に存在するのはご先祖様がいたからこそ、と考えると、安らかに眠ってもらいたいと願うのは当然のことかと思います。

 

そんなご先祖様の寝室をのぞかれたことはありますか?

おそらく、ほとんどの方がないのではないでしょうか。

 

でも、はたして安らかに眠れる環境なのでしょうか・・・

 

1.意外と知られていないお墓の中の状態

意外と知られていないお墓の中の状態

お墓参りにはよく行くが、お墓の中をのぞいたことがある、という方はそう多くはないはず。

 

重い石を動かさないと、中をのぞくことはできないので無理もありません。

 

でも・・・

 

実は・・・

 

お墓の中は水びたし

日本全国のほとんどの地域のお墓は、カロート(納骨室)の中に水が入ることをご存知ですか?

 

ほとんどの地域のお墓がです!

 

大雨の後なんかはカロート内に水がたまり、骨壺が水没していたり、お骨がプカプカと浮いていることもあります。

 

なんと!お墓の中にハチの巣が…

また、入るのは水だけではありません。

 

クモやムカデなど、虫のすみかにもなっています。

スズメバチが巣を作っていたりすることもめずらしくありません。

 

これが、大切な家族やご先祖様のお骨を納めている、お墓の中の実態なのです。

 

2.納骨式に見たときはきれいな状態だったけど…

お墓の中ってキレイじゃないの?

「お墓の中のに水が入るなんて・・・。お墓を建ててもらった石材店が、きちんと工事をしてくれているはず」

と思われている方も多いかと思います。

 

事実、「納骨式にお墓の中を見たときはきれいな状態だった」と言われるかもしれません。

 

しかし、私たち石材店は、誰しもがお墓の中に水が入ることを知っています。

 

それゆえ、納骨式の前日までにお墓を開けて中を確認し、

 

  • 水がたまっていれば汲み出し
  • 骨壺が倒れていれば元に戻し
  • クモの巣を取り除いたり

 

しているのです。

 

手強いのは、スズメバチと蛇くらいです。

 

こうして、納骨式の当日までにきれいな状態にしておくのです。

 

当社も以前はそのようにしていましたし、そうするしか方法がなかったのです。

 

だから、ほとんどの消費者が知らずにいるのです。

 

3.どうしてお墓の中に水が入るのか?

どうしてお墓の中に水が入るのか?

「お墓のカロート(納骨室)の中に水が入るのがわかっているのなら、どうして入らないようにしないのか」という消費者の声が聞こえてきそうです。

 

しかし、全国のほとんどの地域のお墓は、何十年も前から水が入ってしまう構造なのです。

 

そして、今でもです。

 

その原因は、納骨は1回限りではないからです。

 

今の時代のお墓は「○○さんのお墓」ではなく「○○家のお墓」です。

つまり、個人のお墓ではなく、家(家族)のお墓なのです。

それゆえ、何人ものお骨を納めないといけません。

 

だから、強力な接着剤等で完全に固定してしまうわけにはいかないのです。

 

お墓の中に水が入る原因

どちらかというと、簡単に開け閉めができるような構造になっています。

 

その結果、隙間から水や虫が入ってしまうのです。

 

4.お墓の中に水が入らないようにするには

お墓の中に水が入らないようにするには

では、お墓の中に水が入らないようにするには、いったいどうすればいいのか?

 

それは、従来の墓石の構造を変えるしかありません。

 

たとえば、

 

地上納骨式(丘カロート)の墓石

富山県などのお墓にあるような地上納骨式(丘カロート)仕様の墓石にするとかです。

 

地上納骨式のお墓なら、水の侵入はかなり防げます。

 

しかし、富山県のお墓は日本一大きな墓石として有名です。

そのため、他の地域においては、墓地の規定や高さ制限に反する可能性があるのと、使用する石の量も多くなるため価格にも大きく影響します。

 

できれば、その地域の墓石の形状に合ったスタイルで、水が入らないようにしたい・・・

 

このように想われても当然のことです。

 

納骨室に水が入らないお墓「信頼棺®(しんらいかん)」

そんな場合に効果を発揮するのが、特許・実用新案登録構造の“納骨室に水が入らないお墓「信頼棺®(しんらいかん)」”です。

 

「信頼棺®」なら、どこの地域のお墓にも適用できます。

もちろん、和型墓石だけに限らず、洋型墓石・デザイン墓石にも対応可能です。

 

ただ、従来型の墓石と比べると、わずかですが石の量も増え、加工や施工も複雑になるため、少々価格は高くなります。

 

また、「信頼棺®」は知的財産権に守られた独自構造の墓石につき、全国でも限られた石材店でしか取り扱いできません。

 

ご相談は、こちらの「信頼棺®」全国正規加盟店までお問い合わせください。

 

5.まとめ

お墓の中の納骨室がどのような状態か知らない方がほとんどです。

 

それゆえ、亡くなった大切な家族やご先祖様がどのような環境で眠っているのか知る由もありません。

 

では、ちょっと想像してみてください。

 

あなたが日々眠っている寝室の天井から雨水がポタポタと落ちてくる。

大雨のときは、ベットの上まで水が上がってくる。

水が引くと今度は窓の隙間からクモやハチが入ってくる。

 

実は、お墓の中はこんな感じなのです。

 

  • 良い石
  • オシャレなデザイン

 

なども、お墓選びには重要かと思いますが、亡き人の寝室にも目を向けてみてはいかがでしょうか。

 

ご先祖様も、生きている私たちと同じように、きっと快適な環境のお墓の中で眠りたいはずです。

 

 

私たちに30分の時間をください!

お墓づくりに成功する秘訣をお伝えできるでしょう。

ここまで読んでいただきありがとうございます。

 

しかし、この記事だけでは、あなたのお墓への疑問を解決するにはまだまだ情報量が足りません。

 

もし、あなたが、

 

  • 満足のいくお墓を建てたい
  • お墓づくりで失敗したくない

 

と思われているのなら、私たちに30分だけ時間をください。

 

方法は簡単です。

当社にお電話をしていただくだけです。

 

フリーダイヤル:0120-756-148(ナゴム・イシヤ)

 

対応は、すべて(一社)日本石材産業協会認定の「1級お墓ディレクター」資格者の当社代表・能島孝志が承ります。

もちろん、相談は一切無料です。

 

私たちに30分のお時間をいただければ、あなたがお墓づくりで失敗する確率はかなり少なくなるはずです。

また、当社にご来店いただけるのなら、あなたのお墓づくりの半分は成功へと近づくでしょう。

そして、あなたのお墓づくりを当社にお任せいただけるのなら、満足を超えた感動をご提供できると自負しております。

 

しかし、問い合わせをすれば、

 

  • 売り込まれるんじゃないか?
  • 後からしつこく電話が掛かってくるんじゃないの?

 

なんて心配をされているのならご安心ください。

 

当社では、

しつこい営業は絶対にいたしません。
売り込み電話は絶対にいたしません。
自宅への押しかけ営業は絶対にいたしません。

 

安心してお問い合わせください。

お問い合わせはコチラ!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
https://daiichisekizai.com/inquiry/

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください