電話受付時間 平日10:00~17:30 第2・4木曜日定休
【近畿地方限定】失敗しないお墓づくりに役立つ小冊子プレゼント!

大島石の墓石に合わす外柵・付属品の石種は何を選んだら良いのか?

WRITER
大島石の墓石に合わす外柵・付属品の石種は何を選んだら良いのか?
この記事を書いている人 - WRITER -

お墓のすべてを日本の石という人はそう多くいませんが、せめて墓石本体だけは国産にしたいという人は結構いらっしゃいます。

 

そして、関西で国産墓石といえば、やはり「大島石」が人気です。

 

しかし、大島石といっても等級やランクがあり、どれを選べば良いか迷うところですが、墓石本体に使う大島石が決まれば、次は外柵や付属品に使用する石種を何にするかでまた迷いますよね。

 

理想は、外柵も付属品も大島石がベストでしょうが、予算にも限りがあることでしょう。

 

そうなると、多くの方が外柵などに選ぶのが外国産の石ですが、外国産といっても中国やインド、アフリカ、ヨーロッパなど、今や世界中の石が使われています。

 

そこで、

●墓石の石の色と外柵の石の色とそろえた方がいいのか?

●違っていてもいいのか?

●選択の基準は?

 

今回のブログでは、大島石の墓石に合わす外柵の石種は何を選べばいいのかについて解説いたしますので、あなたの好みに合った最適の組み合わせにしてください。

 

ちなみに、大島石は関西では「青みかげ石」に分類されるのですが、関東では「白みかげ石」に属するみたいです。

 

地域が変われば、石の分類も若干違ってくるようです。

 

1.墓石と外柵とは、石の色目をそろえるのか?

墓石と外柵とは、石の色目をそろえるのか?

大島石の墓石の外柵に、どの石を選ぶかですが、一般的には外国産材を選ぶのがほとんどです。

 

それも、中国産のみかげ石を選ぶケースが最も多いように思います。

 

あとは、どこまでこだわるか?

 

どのくらいの予算で考えているかによっても選べる石種が決まってきますが、まずは、大島石の墓石の色と外柵の石の色とをそろえるのか?それとも全くこだわらないか?に分かれます。

 

1-1.一昔前の関西のお墓は、外柵にお金を掛けない風習がある

一昔前の関西のお墓は、外柵にお金を掛けない風習がある

昭和の終わり頃までは、関西のお墓は外柵にあまりお金を掛けないというのが一般的でした。

 

当時は、比較的安価な国産白みかげ石を用いた「延石(のべいし)」と呼ばれる角柱の石で墓所を簡単に囲った程度の外柵が大半でした。

 

その石自体も今の時代のようなピカピカに磨き上げた「本磨き加工」ではありません。

 

石材専用のノコギリで切った状態のままのツヤのないものです。

 

その後、「関東型」と呼ばれる豪華な門柱が付いた外柵が登場したのは平成の時代に入ってからでした。

 

まさしくその名のとおり、関東で主流に使われていた形の外柵です。

 

関東では、従来からお墓の外柵にもお金を掛ける文化が定着していたようですね。

 

1-2.値段優先か?見た目優先か?

値段優先か?見た目優先か?

外柵に多額のお金を掛けるくらいなら、墓石に使う大島石のランクをもっと良いものにできるという考え方もあるでしょう。

 

逆に、外柵もお墓の一部だから、やはり見た目の豪華さも重要と考える人もいるでしょう。

 

外柵にお金を掛けるか?掛けないか?は個々の自由です。

 

むしろ、どちらを選んだとしても、大きな地震にも対応できる頑強な基礎工事をしているかなどの施工部分の方が重要かもしれません。

 

2.大島石の墓石に合う外国産外柵の石種は?

では、墓石本体に大島石を選んだ場合の、外柵に選ぶ石は実際はどれがいいのでしょうか?

 

石材店からもいろいろと提案をしてもらえると思いますが、それぞれの好みや考えもあるでしょうから基礎知識として知っておいてください。

 

そして、「予算面」「見た目」「品質」など、あなたが最も重視する観点から外柵にはどの石を選べばいいのかを決めてください。

 

2-1.外柵にあまりお金を掛けたくない!値段で選ぶなら「G623」

外柵にあまりお金を掛けたくない!値段で選ぶなら「G623」

「G623」は、中国・福建省で産出される世界で最も有名な白みかげ石です。

 

日本で最も古くから使われている外国産石材のひとつで、値段は安いが硬くて良質な白みかげ石として主に外柵材として使用されています。

 

本当に使い勝手の良い石なんですが、中国政府の施策によりすでに採石が中止になっているため、今は過去に採り貯めていたものを使っている状態なのでいつまであるかが分からない石です。

 

ただ、G623は上の画像を見ていただければ分かりますが、大島石とは全く石目・色目が違う石です。

 

つまり、石目や色目は大島石とそろいません。

 

でも、昔の国産白みかげ石を使っていた頃の延石と違って、本磨き加工で仕上がっていますので、石目や色目がそろわないのが気にならなければ良質廉価の選択肢と言えるでしょう。

 

2-2.色目がピッタリそろうのは何といっても「AG98」

色目がピッタリそろうのは何といっても「AG98」

外柵と言えども、「やっぱり、大島石と色目をそろえたい」という考えなら、「G623」と同じく中国・福建省で産出される「AG98」がお勧めです。

 

一般消費者が見ると、大島石と見分けがつかないほど良く似ています。

 

ただ、大島石と比べると硬さや吸水率など品質の面では大きく違いますが見た目だけはよく似ていることは確かです。

 

そこそこの予算で、見た目も重視したいという方にはピッタリの組み合わせです。

 

その他、同じく中国・福建省産の「G688」や、福建省の北に位置する湖南省で産出される「213」という石を勧める石材店もあるでしょう。

 

2-3.品質重視で選ぶなら「黒龍石」

品質重視で選ぶなら「黒龍石」

大島石と見た目の色目もそろい、強度や吸水性などの品質にも優れた石で外柵をつくりたいとなると、お勧めなのは中国北部の黒龍江省で産出される、総称「黒龍石」と呼ばれる石です。

 

この「黒龍石」と呼ばれる石は数十種類以上あり、採石丁場ごとに石目や色目だけではなく、品質も大きく異なりますので注意が必要な石ですが、良い石は大島石と石目も色目もよく似ているだけではなく、品質も負けず劣らずというくらい評価の高い石です。

 

ただ、黒龍石の方が大島石と比べると少し色が濃い目ですが、黒龍石は時間の経過とともに色が少々薄くなる性質を持ち合わせていますので、お墓が建ち上がってしばらく経ってからの方が、むしろしっくり見えると思います。

 

「少々予算をアップしてでも外柵にこだわりたい」という方には一押しの石ですが、黒龍石に精通している石材店に依頼されることをお勧めいたします。

 

 

3.十分な予算があるのなら、外柵も「大島石」がベスト!

十分な予算があるのなら、外柵も「大島石」がベスト!

「お墓は一生に一回の買い物だけに、多少予算をアップしてでも安心できる石でつくりたい」

 

そう考えるのならば、墓石本体だけじゃなく、外柵も大島石を選ぶのがベストでしょう。

 

それも、墓石本体・外柵・付属品のすべてを国内加工でつくる

 

これ以上の「安心」はありません。

 

大島石の等級・ランクもいくつかあるので、外柵に使用するのなら、そんなに高価な大島石にする必要はないかと思います。

 

今や、黒龍石でも良い石はかなり高額になっていますので、シンプルなデザインで「大島石二等」あたりを使用すれば、そう大きく値段は変わらないかと思います。

 

 

4.まとめ

いかがでしたか?

 

大島石の墓石に合わせる外柵の石種はなんとなく決まりましたか?

 

外柵と言っても、使う石と石の使用量によっても大きく値段が違ってきます。

 

それゆえ、どの石を使うか迷われるのは当然です。

 

同時にもう一つ目を向けてほしいのが、車いすでもお参りがしやすいバリアフリー仕様など、お参りする側の立場を考えた設計や構造面です。

 

そして、なによりも、お墓の主役である大切な家族のお骨がきれいな環境のもとで納められているかどうかです。

 

いくら最高級の大島石のお墓であっても、納骨室(カロート)の中に水が入り、大切な人のお骨が水びたしになっているとしたら、あなたは耐えられますか?

 

お墓づくりには、ついつい見える部分ばかりに目が行きがちですが、目に見えないところこそが本当に重要なのです。

 

そう考えると、大切な人のお骨を納める場所である納骨室(カロート)こと、大島石でつくることこそがベストなのかもしれませんね。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください