電話受付時間 平日10:00~17:30 第2・4木曜日定休
【近畿地方限定】失敗しないお墓づくりに役立つ小冊子プレゼント!

良い石を選んでも必ずしも良いお墓にならない目からウロコの話

良い石を選んでも必ずしも良いお墓にならない目からウロコの話
この記事を書いている人 - WRITER -

お墓づくりの際に、あなたは何にこだわりますか?

 

お墓を建てるのは、一生に一度あるかどうかの大きなお買い物です。

 

それだけに、デザインや施工方法など、いろんなこだわりがあるでしょうが、やはり、なんと言っても、石にこだわる方が意外と多いのです。

 

こだわりの観点は人それぞれで異なりますが、とにかく「良い石」が欲しいのです。

 

今回のブログでは、

何をもって良い石とするのか?

消費者がはたして良い石を選ぶことができるのか?

 

そして、「良い石」を選べば、はたして「良い墓石」となるのか?についても検証してみたいと思います。

 

1.そもそも良い石とは何か?

良い石とは何か?

「お墓を建てるにあたり良い石を選びたい」という声を良く耳にしますが、そもそも良い石とはどんな石でしょう。

 

お墓は長く使うものだけに、耐久性という観点で考えると、一般的に「みかげ石」と呼ばれている花崗岩なら、どれを選んでも少々の年月で朽ち果てたりはしません。

 

ただ、そう簡単にいかないのがお墓の石選びです。

 

国産の石にするか?中国産やインド産などの外国産の石にするか?など、国産か外国産かが気になる人。

見た目の好みの色目や石目で石種を決める人。

吸水率や圧縮強度などの物性データに基づく経年劣化や、変色・変質しにくいなど、品質重視で石を選ぶ人。

・・・などなど、それぞれ人により石を選ぶ観点が違います。

 

それゆえ、私たち石材店が考える良い石と、消費者が考える良い石とが必ずしも合致するとは限らないのです。

 

近年のお墓選びは、一昔前のように、すべてを石材店主導で進めていくという時代ではありません。

 

家やクルマを選ぶのと同じように、消費者の意見を取り入れながら提案していくのが主流となっています。

 

でも、共通して言えるのは「良い墓石」が欲しいのです。

 

2.関西と関東とは、墓石材の選定基準が異なる

石には「タマ」と呼ばれる黒や白の斑点がある

石は自然界の産物だけに、すべてが均一の石目ではありません。

 

人間の身体にもホクロがあるように、石にも「タマ」と呼ばれる黒や白の斑点があります。

それも、ごくごく小さな米粒大のものから、握りこぶし以上の大きさのものまでさまざまです。

 

お墓づくりに携わる石職人は、長年の経験から、これらの「タマ」を避けながらきれいな石目の部分を選んで加工していくのですが、すべての「タマ」をかわして墓石に仕上げるには天然の資源だけに限界があります。

 

そうなると、「このくらいの大きさまでは許容範囲とする」という「タマ」の大きさが、関西と関東とでは違うのです。

 

「どちらが厳しい?」って。

そりゃ当然、商売に厳しい関西ですよ。

 

「タマ」以外にも、目地幅なども関西と関東とでは異なりますが、どれをとっても厳しいのは関西です。

 

もちろん、値段に関してもシビアです(笑)

 

3.消費者が考えている理想通りの石が手に入るのか?

消費者が考える理想通りの石とは?

お墓に使う石は、国産と外国産を合わせると100種類を超えます。

 

そして、それぞれの石にランク・等級があります。

 

きちんとしたランク・等級を定めていない石であっても値段によって見た目や品質が異なります。

 

「良い石が欲しい」「きれいな石が欲しい」と言う人が多い中、はたして、消費者の理想通りの石が手に入るのでしょうか?

 

これは、「YES」とも「NO」とも言えますね。

 

その理由は、おおまか以下の内容が挙げられます。

 

「良い石」「きれいな石」の判断基準が人それぞれ違う。

どのランク・等級の石を扱うかは、石材店の経営方針にもよる。

お客様の予算によって提供できる石が変わってくる。

その時々に採掘される岩盤の層によって採れる石の良し悪しが異なる。

石材店と加工業者・原石採掘元との人間関係。

「先月まで最高の石があったのに…」→契約のタイミング。

 

こうして見てみると、理想通りの石を手に入れることがいかに難しいかがお分かりかと思います。

 

しいて方法があるとするならば、「良い石」を探すことより「良い石材店」を探すことですが、それでも飛び切り良い石に当たるのは、やはり運もあるでしょう。

 

4.最高の石でつくれば「良い墓石」ができるのか?

最高の石でつくれば「良い墓石」ができるのか?

先ほどの項では、「良い石」「きれいな石」についてお伝えいたしましたが、「良い石」を選べば、はたして「良い墓石」となるのでしょうか?

 

これに関しては、私の考えは絶対「NO!」です。

 

最高品質の小麦粉があれば誰でもが美味しいパンを焼けますでしょうか?

最高級のピアノがあれば誰でもが素晴らしい演奏をすることがでしょうか?

最高品質の木材があれば誰でもが良い家を建てることができるでしょうか?

重要なのは、この「誰でもが…」なのです。

 

つまり、いくらすばらしい素材があったとしても、それを、良いモノやコトにすることができるのは、最終的には「誰が手掛けるか」によるのです。

 

5.「良い石でつくった良い墓石」は「良いお墓」なのでしょうか?

「良い石でつくった良い墓石」は「良いお墓」なのか?

なんか、よく分かりにくいタイトルですね。

 

もう少し分かりやすく説明いたします。

 

最高ランクの良い石を最高レベルの技術を持つ石職人が手掛けたならば「良い墓石」ができるでしょう。

 

ここで言う「良い墓石」とは・・・

石目・色目をきれいに合わせている。

磨きの精度が高い。

矩手(かねて)が出ている。→直角90°がきちんと出ている。

 

・・・などなど、これらはすべて、自然の石をどう生かしてどう仕上げたか墓石なのか?という、見た目上の観点での「良い墓石」というモノであって、大切な家族のお骨を納める礼拝の対象としての「良いお墓」とは別問題です。

 

たとえば、国産の最高級の石でつくった墓石であっても、全国のほとんどの地域の墓石は、カロート(納骨室)の中に水が入ってしまう構造なのです。

 

それって、正直「良いお墓」と言えますか?

 

「お墓」とは、亡くなった家族のお骨を納め供養するためのものです。観賞用のモニュメントではないのです。

 

その肝心要の大切なお骨を納める場所であるカロート(納骨室)に水が入るとなると、いくら良い石を使ったお墓であったとしても本末転倒です。

 

6.まとめ

さて、良い石を選べば良い墓石ができるのかどうかについて、ご理解いただけましたでしょうか。

 

いくら良い石を使っても、手掛ける石職人の技術レベルや、石材店や加工工場、石材商社など、墓石を売る側の経営方針で良い墓石にもなり、そうでない墓石にもなってしまうのです。

 

お墓づくりは、自然界の産物である石を人の手でつくるものだけに、工業製品のように画一した製品づくりはできません。

 

「良い石」≠「良い墓石」であることを知っておくべきです。

 

そして、なによりも大切なのことは、お墓は大切な家族のお骨を納める場所であるということです。

 

見た目の美観性ももちろん大切なことかもわかりませんが、ご先祖様にとって良いお墓かどうかが最も重要なことかと思います。

 

「良い墓石」≠「良いお墓とも言えます。

 

あなたにとって良いお墓とは何なのかを今一度考えてみてはいかがでしょうか?

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください