電話受付時間 平日10:00~17:30 第2・4木曜日定休
【近畿地方限定】失敗しないお墓づくりに役立つ小冊子プレゼント!

今選ぶべきお墓の最大ポイントは自然災害に強い墓石である理由

WRITER
今選ぶべきお墓の最大ポイントは自然災害に強い墓石である理由
この記事を書いている人 - WRITER -

いざ、お墓を建てるとなっても、わからないことばかり・・・

 

どんな石を選べばいいのか?

値段や価格相場もさっぱりわからない。

 

多くの方がこのような悩みを抱えているはずです。

 

こんにちは。(一社)日本石材産業協会認定「1級お墓ディレクター」の能島孝志です。

兵庫県神戸市で、“カロート(納骨室)に水が入らない特許構造墓石”『信頼棺®』を販売する、(株)第一石材の代表を務めさせていただいております。

能島

一般消費者にとって、お墓選びはたしかに難しいものだと思います。

 

過去に購入経験がないうえに、買い替えのきくものではないだけに慎重にならざるを得ません。

 

  • 石材の種類
  • 形やデザイン
  • 国産か中国産か?

 

どこにこだわるかは人それぞれです。

しかも、予算には限りがあります。

 

そんな中でも、絶対押さえておくべき、お墓選びの最大のポイントがあります。

 

それは、近年の日本の自然災害に強い墓石であることです。

 

いくら、良い石を選んで見た目にも豪華なお墓を建てたとしても、お墓の中に水が入り込んだり、ちょっとした地震でも倒れたりしたら何の意味もありません。

 

では、具体的にどのような部分を考えて選べばいいのかを順にご説明させていただきます。

 

1.お墓は法的制約がない商品である

お墓は法的制約がない商品である

お墓と並ぶ高額商品で思い浮かぶのは、お家やクルマでしょう。

 

そして、お家などの建物には建築基準法があります。

クルマにも国土交通省が定めた保安基準があり、適合していない場合はリコールとなります。

 

しかし、お墓には何の法的制約もありません。

 

つまり、石材店ごとに墓石の構造設計や施工方法が大きく異なるということです。

ところが厄介なのが、外から見ただけでは違いがわからないという点です。

 

それだけに、ついつい目に見える見積書の金額で比較してしまいがちです。

 

2.大地震を想定したお墓であるべき

大地震を想定したお墓であるべき

私どもの地元である兵庫県神戸市は、1995年(平成7年)に「阪神・淡路大震災」に見舞われました。

 

木造家屋はもちろんのこと、ビルや高速道路の高架までが倒壊しました。

当然ながら、あちらこちらの墓地や霊園で多くのお墓が倒壊し悲惨な状態でした。

 

それまでの関西方面でのお墓の基礎工事といえば気休め程度のものでしたが、この地震を機に多少見直されましたが、まだまだ十分とは言えないレベルです。

建築基準法に関しては、2000年(平成12年)に、阪神・淡路大震災の教訓を踏まえて、更に厳しい耐震基準が定められました。

 

その後も、日本中のあちらこちらで頻繫に大きな地震が起こっています。

そのたびに、多くのお墓が倒壊しています。

それも、比較的新しいお墓です。

 

つまり、お墓に関しては、大地震の教訓がさほど活かされていないということです。

 

これからのお墓の地震対策は、これまでのように長年の勘に頼った工事工法では不十分と言わざるを得ません。

 

  • 地盤調査、ならびに地盤改良工事
  • 建築レベルの基礎工事
  • 「震度7」クラスの地震に対応した耐震施工

 

など、様々な観点から大地震を想定したお墓にするべきです。

 

3.大雨を想定したお墓であるべき

大雨を想定したお墓であるべき

その昔は、夕立と呼ばれていた突然の雨も、今やそんな風情のあるものではありません。

 

「ゲリラ豪雨」と名を変え、全国のあちらこちらで大きな被害をもたらしています。

河川の氾濫などによる床上浸水で、家の中が水びたしになった映像を目にすることも多くなりました。

 

お墓も例外ではありません。

 

日本中のほとんどの地域のお墓は、カロート(納骨室)に中に水が入ってしまう構造なのです。

100年以上前から現在に至るまで、その構造はほとんど変わっておりません。

 

ただ、多くの消費者は、その事実を知らないだけです。

 

お墓参りに行って、わざわざ納骨室のふたを開けて中を確認する人はそういないでしょうし、ご先祖様も文句を言いません。

 

また、石材店側としても、これといった解決方法がなかったため、「水が入る」ということをお施主様にわざわざ伝えることはしません。

 

でも、よく考えてみてください。

いったい、何のためにお墓を建てるのでしょうか?

 

きっと誰しもが、大切な人のお骨を納めて供養するために建てるのだと思います。

 

そんな大切な場所であるカロート(納骨室)の中が水びたしになっているとしたら、あなたは耐えられますか?

 

今では、カロートに水が入らない構造のお墓も開発されています。

 

  • 国産の高級墓石を選んでも
  • 吸水率の低い石を選んでも
  • おしゃれなデザイン墓石であっても

 

肝心かなめの、ご先祖様の寝室が水びたしでは本末転倒かと思います。

 

4.大型台風を想定したお墓であるべき

大型台風を想定したお墓であるべき

気球温暖化の影響もあり、ここ最近の台風は半端ない勢力です。

 

2018年(平成30年)に、大阪府を直撃した台風21号の影響により関西国際空港連絡橋にタンカーが衝突し、大阪市の南港では20台以上の車が横転した被害は記憶に新しいかと思います。

 

実は、台風による風の影響は、お墓にも被害を与えるのです。

 

墓誌(霊標)は強風で倒れやすい

特に風の影響を受けやすいのが、お墓の横に設置される、お戒名等の故人の名前を刻む墓誌(霊標)です。

墓誌は、お墓のパーツの中でも、100㎏程度と比較的軽いのと、風を受ける面積が大きいため倒れやすいのです。

 

また、追加の文字彫刻をする際には墓誌を持ち帰り彫刻するため、簡単に取り外しができる構造になっていることも倒れやすい要因です。

 

倒れると当然のことですが、欠けたり割れたりします。

 

今どきのお墓は、猛烈な台風を想定しておくことも重要なポイントなのです。

 

5.まとめ

このところ、日本中のあちらこちらで、自然災害による大きな被害が起こっています。

 

台風や大雨などは、これまでの規模とは大きく異なります。

それに加えて、火山国日本ではいつどこで大地震が起こっても不思議ではありません。

 

これらの自然災害は家や建物だけに限らず、お墓にも被害をおよぼします。

 

いくら良い石で建てたお墓でも、倒れてしまえば欠けたり割れたりして元に戻すことはできません。

 

また、カロート(納骨室)の中に水がたまり、お骨がプカプカと浮いていることも、ごく普通にあることです。

 

しかし、これらの自然災害に強いお墓を建てることは決して難しいことではありません。

 

あなた自身がお墓を選ぶ際に、

 

  1. これらの部分に関心を向けること。
  2. そして、それを叶えてくれる石材店を選ぶこと。

 

この2つだけです。

 

今の時代のお墓選びの最大のポイントは自然災害に強い墓石。

すなわち、構造と耐久性を重視したお墓だということです。

 

 

【実録映像】第一石材のご紹介とお客様の声(00:04:40)

 

私たちに30分の時間をください!

お墓づくりに成功する秘訣をお伝えできるでしょう。

ここまで読んでいただきありがとうございます。

 

しかし、この記事だけでは、あなたのお墓への疑問を解決するにはまだまだ情報量が足りません。

 

もし、あなたが、

 

  • 満足のいくお墓を建てたい
  • お墓づくりで失敗したくない

 

と思われているのなら、私たちに30分だけ時間をください。

 

方法は簡単です。

当社にお電話をしていただくだけです。

 

フリーダイヤル:0120-756-148(ナゴム・イシヤ)

 

対応は、すべて(一社)日本石材産業協会認定の「1級お墓ディレクター」資格者の当社代表・能島孝志が承ります。

もちろん、相談は一切無料です。

 

私たちに30分のお時間をいただければ、あなたがお墓づくりで失敗する確率はかなり少なくなるはずです。

また、当社にご来店いただければ、あなたのお墓づくりの半分は成功へと近づくでしょう。

そして、あなたのお墓づくりを当社にお任せいただけるのなら、満足を超えた感動をご提供できると自負しております。

 

しかし、問い合わせをすれば、

 

  • 売り込まれるんじゃないか?
  • 後からしつこく電話が掛かってくるんじゃないの?

 

なんて心配をされているのならご安心ください。

 

当社では、

しつこい営業は絶対にいたしません。
売り込み電話は絶対にいたしません。
自宅への押しかけ営業は絶対にいたしません。

 

安心してお問い合わせください。

お問い合わせはコチラ!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
https://daiichisekizai.com/inquiry/

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください