電話受付時間 平日10:00~17:30 第2・4木曜日定休
【近畿地方限定】失敗しないお墓づくりに役立つ小冊子プレゼント!

お墓の石は同じ種類でも選ぶ時期によって品質に良し悪しがある理由

同じ名前のお墓の石でも選ぶ時期によって品質に良し悪しがある理由
この記事を書いている人 - WRITER -

お墓の石はいつ購入しても同じではありません。

 

選ぶ時期によって品質が異なります。

石に、「良い」「悪い」があるということです。

 

こんにちは。(一社)日本石材産業協会認定「1級お墓ディレクター」の能島孝志です。

兵庫県神戸市で、“カロート(納骨室)に水が入らない特許構造墓石”『信頼棺®』を販売する、(株)第一石材の代表を務めさせていただいております。

能島

はい!まったくその通りなのです。

それは、同じ名前の同じランク(等級)の石であってもです。

 

また、日本の石だけに限りません。

中国やインドなどの外国産石材にも言えることなのです。

 

では、具体的にどういうことかを説明してまいります。

 

1.地層や採掘場所による石の違い

地層や採掘場所による石の違い

お墓に使用する石である花崗岩などは、溶岩が地中深くや浅いところでゆっくりと冷え固まってできたものです。

ゆっくりと言っても、数千万年から数億年という、とてつもない時間をかけて形成されたものなのです。

 

石は自然界の産物だけに、金太郎飴のようにどこを切っても同じというわけにはいきません。

 

採掘される層や位置によって、色目や石目などが違って当然なのです。

 

そのため、「今年の○○石は、あまり良くない」というようなことは、石は自然界の産物だけに当然あり得ることなのです。

 

2.季節による石の違い

季節による石の違い

日本の石材産地の中で、最も寒いところというと東北地方です。

でも、東北地方がいくら寒いといっても、石材の採掘作業ができない時期はごくわずかの期間かと思います。

 

また、その他の国内の石材産地である茨城県や愛知県、そして、庵治石や大島石が採掘される四国の産地、天山石が採掘される九州の産地などは、雪の影響で採石丁場が閉鎖となることはほとんどないでしょう。

 

しかし、中国の場合は日本と違って国土が広いため、季節によって影響を受けやすい石種もあります。

 

大島石によく似た石目で西日本で人気の高い、通称「黒龍石」と呼ばれる石もその一つです。

「黒龍石」は、中国最北東部の黒龍江省で産出されます。

単に黒龍江省と言っても、日本の国土の総面積の約1.2倍もあり、北部はロシアと国境を境にしています。

 

この黒龍石が採れる地域は、冬場には氷点下20℃以下にも気温が下がる極寒の地です。

したがって、この地では毎年6月ごろから原石の採掘が始まり、10月末にはその年の採掘が終わってしまうのです。

ここ数年は、黒龍石の単価が高騰したため、以前と比べると需要が少ないので品薄の心配はそうありませんが、仮に大量需要があった場合には、やはり原石を採掘中の夏場の方が、丁場閉鎖の冬場と比べると良い石を選べる確率が高くなります。

 

また、季節に関係なく、中国政府の政策で採石中止になっている丁場や、原石の採掘量に制限を掛けられている丁場などもあります。

 

その他、インドは道路の整備状況が悪いため、雨期の時期には港まで石を運ぶことができず品薄状態になることもあります。

 

このように、石の種類によっては季節に影響されるものもありますが、あまり神経質になるほどのことはないでしょう。

 

3.まとめ/良い石に当たるためには

ご説明のように、お墓の石も選ぶ時期によって品質に当たり外れがあるのです。

 

これは、日本の石だけに限らず世界中のあらゆる石材に当てはまります。

でも、せかっくのお墓だけに、できれば良い石に当たりたいと誰しもが願うことです。

 

では、どうすれば良い石に当たるのでしょう。

 

それは、最新の石材情報を熟知している石材店に相談することです。

そして、同じ石でも石材店に置いてあるサンプルと出来上がった墓石とが極端に違う場合もありますので、加工を始める前に、実際に使用する石のサンプルを提示してくれる石材店ならより安心できますね。

 

つまりは、信頼できる石材店選びが、石の当たり外れの被害に遭わないための最良の方法なのです。

 

 

私ども第一石材では、お墓に関するさまざまな疑問にお答えさせていただいております。

相談は「1級お墓ディレクター」の私、能島孝志が対応させていただいております。

もちろん、相談は一切無料です。

 

当社では、

しつこい営業は絶対にいたしません。
売り込み電話は絶対にいたしません。
自宅への押しかけ営業は絶対にいたしません。
…ので、安心してお問い合わせください。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください