電話受付時間 平日10:00~17:30 第2・4木曜日定休
【近畿地方限定】失敗しないお墓づくりに役立つ小冊子プレゼント!

あなたが買おうとしている国産墓石は中国でつくられているかも?

あなたが買おうとしている国産墓石は中国でつくられているかも?
この記事を書いている人 - WRITER -

墓石を購入するときには、「国産」にするか?「中国産」にするか?迷いますよね。

 

お墓は買い替えのきくものではないだけに、安心重視でかんがえるとやはり国産かと思います。

 

こんにちは。(一社)日本石材産業協会認定「1級お墓ディレクター」の能島孝志です。

兵庫県神戸市で、“カロート(納骨室)に水が入らない特許構造墓石”『信頼棺®』を販売する、(株)第一石材の代表を務めさせていただいております。

能島

お墓だけに限らず、他のものでも、国産と中国産とでは「国産の方が安心」と誰しもが考えることでしょう。

 

ただ、国産墓石となると、そこそこの値段になるので悩むところですです。

 

でも、やっぱり「安心」重視で、清水の舞台から飛び降りるつもりで国産墓石に決定。

と、なったわけですが、あなたが買おうとしている国産墓石は、実は中国でつくられているかもしれないということをご存知ですか?

 

「そんなバカな!私は国産墓石を選んだんです」と怒られれそうですが、少しだけ私の話に耳を傾けてください。

 

それから、決断されても遅くないですよ。

 

1.「国産墓石」には2種類ある

「国産墓石」には2種類ある

 

「国産墓石」には2種類ある?

何かよくわからないタイトルですが、ここが一番大事なところなのです。

 

そして、意外と多くの方がご存知ないのです。

 

実は、「国産墓石」と呼ばれるものには以下の2種類の墓石があります。

 

  1. 国内加工…日本で採れた石を日本で加工
  2. 中国加工…日本で採れた石を中国で加工

 

「1」の国内加工に関しては、説明の必要がないかもわかりませんね。

文字通りの内容で、日本で産出される石を日本国内で墓石として加工された製品です。

 

わかりにくいのが、「2」の中国加工です。

しかし、国産墓石を検討される際にはとても重要ですので、しっかり覚えておいてください。

 

これは、日本で採れた石を大量に中国の石材加工工場に輸出し、中国で完全に墓石として加工された製品を再び輸入して販売されている国産墓石です。

 

「でも、これって“国産墓石”として売っていいの?

 

と、きっと不思議に思っておられる方もいることでしょう。

 

でも、現在の日本の法律では、加工地が中国であっても、材料である石が日本のものであれば「国産墓石」として販売しても問題ないのです。

それゆえ、あえて中国加工であることを消費者に告げず、堂々と「国産墓石」として販売している石材店もあるようです、

 

法的には問題なくとも、モラル的には中国加工であることは告げるべきかと思いますがね・・・

 

 

2.国内加工の「国産墓石」

国内加工の「国産墓石」

日本国内で採れた石を日本国内で加工する「国内加工の国産墓石」。

昭和40年代頃までのお墓といえば、すべてがこちらでした。

 

しかし、今では「国産墓石」と称して販売されている墓石の80%以上は中国でつくられているのです。

 

数百年の歴史を誇る日本のお墓づくりは、もはや貴重な存在になりつつあります。

 

そんな、国内加工の国産墓石ですが、

 

こちらも、

 

  • 自社加工
  • 産地加工

 

の、2つに分かれます。

 

では、それぞれについてご説明いたします。

 

(1)自社加工の国産墓石

「自社加工の国産墓石」とは、小売石材店自らが原石を仕入れ、自社の工場でつくる墓石のことです。

 

このスタイルは年々少なくなりつつあり、都市部ではほどんど見られなくなりましたが、地方の石材店では今でも自社加工にこだわっているところが僅かですが残っています。

 

その他にも、「名工」と呼ばれる石職人が匠の技でつくる、すべて手加工の墓石もあります。

 

(2)産地加工の国産墓石

お墓に使用する石が産出される地域に集まる、石材加工専門業者でつくられる国産墓石が「産地加工の国産墓石」です。

 

有名なところでは、

 

  • 茨城県の「真壁(まかべ)」
  • 愛知県の「岡崎」
  • 香川県の「庵治・牟礼(あじ・むれ)」

 

が、日本三大石材加工地として知られています。

 

産地加工業者のほとんどが卸売業者なので、小売石材店経由で購入することができます。

 

これら、国内加工の国産墓石に関しては、中国加工の国産墓石と区別をするため、「産地証明書」や「製造証明書」が発行される製品もあります。

 

ちなみに、当社第一石材がご提供する国産墓石は、すべて「庵治・牟礼」産地の一流加工工場でつくられる“純国産墓石”です。

 

 

3.中国加工の「国産墓石」

中国加工の「国産墓石」

今や「国産墓石」とは名ばかりで、日本国内に流通している国産墓石の大半が中国の石材加工工場でつくられています。

 

■重い石を中国に送るには運賃が掛かります。

■輸出される原石には税金が掛かります。

■中国で加工された製品を輸入する際にも再び税金が掛かります。

 

そうまでしても、日本の石をわざわざ中国で加工する理由はどこにあるのでしょうか?

 

それは価格です。

日本で加工するより安くできるのです。

 

ただそれだけの理由です。

 

「今や日本で加工するより中国の方が技術力は上」なんて言う石材店もあるようですが、決してそんなことはありません。

 

そりゃあ、国内加工もピンからキリまでありますので、中には中国加工の方が上だと感じる石材店もあるでしょうが、日本の一流加工工場でつくる国産墓石と比較すると大きな技術力の差があります。

 

国内加工か中国加工のどちらを選ぶかは人ぞれぞれですが、問題は「中国加工」であることを知って買っているかどうかです。

 

4.まとめ

いかがでしたでしょうか。

 

中には、国産墓石の大半が中国加工であることを知って驚かれた方もいることでしょう。

 

字で書けば同じ「国産墓石」であっても、日本と中国ではモノづくりに対する考え方が大きく異なります。

それは国民性の違いによるものだけにどうしようもありません。

 

今一度、原点に戻って考えてみてください。

何のために国産墓石でお墓を建てようと考えたのか?を…

 

「安心感」でしたよね。

 

これって、

 

日本で採れる石だから安心なのでしょうか?

 

それとも、

 

日本でつくられるから安心なのでしょうか?

 

もしかしたら、両方かもわかりません・・・

 

そこを突き詰めれば自ずと答えが出るかと思います。

 

お墓は一生に一度あるかどうかの大きな買い物です。

そして、買い替えの利くものではありません。

 

どうか慎重にお選びください。

 

 

私たちに30分の時間をください!

お墓づくりに成功する秘訣をお伝えできるでしょう。

ここまで読んでいただきありがとうございます。

 

しかし、この記事だけでは、あなたのお墓への疑問を解決するにはまだまだ情報量が足りません。

 

もし、あなたが、

 

  • 満足のいくお墓を建てたい
  • お墓づくりで失敗したくない

 

と思われているのなら、私たちに30分だけ時間をください。

 

方法は簡単です。

当社にお電話をしていただくだけです。

 

フリーダイヤル:0120-756-148(ナゴム・イシヤ)

 

対応は、すべて(一社)日本石材産業協会認定の「1級お墓ディレクター」資格者の当社代表・能島孝志が承ります。

もちろん、相談は一切無料です。

 

私たちに30分のお時間をいただければ、あなたがお墓づくりで失敗する確率はかなり少なくなるはずです。

また、当社にご来店いただけるのなら、あなたのお墓づくりの半分は成功へと近づくでしょう。

そして、あなたのお墓づくりを当社にお任せいただけるのなら、満足を超えた感動をご提供できると自負しております。

 

しかし、問い合わせをすれば、

 

  • 売り込まれるんじゃないか?
  • 後からしつこく電話が掛かってくるんじゃないの?

 

なんて心配をされているのならご安心ください。

 

当社では、

しつこい営業は絶対にいたしません。
売り込み電話は絶対にいたしません。
自宅への押しかけ営業は絶対にいたしません。

 

安心してお問い合わせください。

お問い合わせはコチラ!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
https://daiichisekizai.com/inquiry/

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください