電話受付時間 平日10:00~17:30 第2・4木曜日定休
【近畿地方限定】失敗しないお墓づくりに役立つ小冊子プレゼント!

大島石の墓石をランク(等級)だけで選んではダメな理由とは?

WRITER
大島石の墓石をランク(等級)だけで選んではダメな理由とは?
この記事を書いている人 - WRITER -

「大島石の“特級”で9寸神戸型のお墓をつくったら値段はいくら?」

 

最近、こんな内容のお問い合わせを数多く頂きます。

 

こんにちは。(一社)日本石材産業協会認定「1級お墓ディレクター」の能島孝志です。

兵庫県神戸市で、“カロート(納骨室)に水が入らない特許構造墓石”『信頼棺®』を販売する、(株)第一石材の代表を務めさせていただいております。

能島

「大島石」といえば、愛媛県で採石される国産銘石です。

 

硬くて経年劣化が少ない石として、西日本では最も人気の高い石種の一つです。

そして、大島石は、見た目の石目や色目によって、ランク(等級)付けされ流通しています。

 

それゆえ、できることなら最高の大島石でお墓を建てたいと考えている方も少なくありません。

 

では、大島石の「特級」って、いったいどの程度のランク(等級)の石なんでしょうか?

また、等級の高い大島石を選びさえすれば、はたして良いお墓になるのでしょうか?

 

今回の記事は、そんな疑問にお答えすると共に、大島石の墓石をランク(等級)だけで選んではダメな理由についてご説明させていただきます。

 

1.まぎらわしい大島石のランク(等級)

まぎらわしい大島石のランク(等級)

大島石のランク(等級)で、業界内で一般的に使われているのは、

 

ランクの高い順に、

 

  1. 特級
  2. 一級(一等)
  3. 二割
  4. カレイ
  5. 二等

 

と、なっております。

 

また、これらのランク以外に「極上」もあれば、「特上」「特A」なんてのも聞いたことがあります。

 

「極上」と「特上」と「特A」ならどれが一番良いのでしょうか?

さらには、新幹線じゃあるまいし、「超特級」なんてのもあるようです。(笑)

 

いずれも「特級」よりは上なんでしょうか?

それとも、特級クラスの石を勝手にこのようなランク付けをしているだけなのか?

 

いずれにしても、一般消費者にとっては「まぎらわしい」の一言です。

 

2.大島石のランク(等級)は誰が決めるのか?

大島石のランク(等級)は誰が決めるのか

大島石にランク(等級)があることは、ご理解いただけたかと思います。

 

では、このランクは、いったい誰が決めているのでしょうか?

消費者の立場からすると、気になるところかと思います。

 

ちなみに、ランクで思い浮かぶのはダイヤモンドです。

 

ダイヤモンドの価値は、「4C」で決まります。

4Cとはダイヤモンドの品質等を評価する基準4つの要素のことです。

 

  • カラット…重さ
  • カラー…色
  • カット…プロポーション
  • クラリティ…透明度

 

の、各要素の頭文字に「C」がつくことから「4C」と呼ばれています。

 

4Cは、鑑定機関の専門家がダイヤモンドの特徴を比較し、価値を厳密に定めるための基準です。

一方、大島石は、石目の細かさや色目によってランク(等級)が決められます。

 

そして、それを決めるのは、大島石の採石業者です。

 

数十か所ある大島石の採石業者が、自社で採石された石をそれぞれの業者がランク付けするのです。

それ以外にも、墓石の卸売業者である石材商社がランク付けをする場合もあります。

 

つまり、採石業者や石材商社が「特級」と言えば特級なのです。

 

・・・・・・。

 

3.大島石とダイヤモンドのランク付けの違い

大島石とダイヤモンドのランク付けの違い

大島石もダイヤモンドのように厳格な方法ではありませんが、一応ランク(等級)はあるわけです。

 

でも、もっとも大きな違いは、どの段階でランクを決めるかです。

 

ダイヤモンドの場合は、加工のすべての工程が終わった段階で「4C」に基づき鑑定されます。

逆に、大島石の場合は、採石された原石の段階で等級(ランク)が決められます。

 

しかし、石は大地の自然から生まれた産物です。

 

いくら、「特級」とランク付けされた大島石であっても、切って磨いてみないと、実際のところ良い石かどうかは分からないのです。

 

その点では、ダイヤモンドと同じです。

 

それゆえ、ダイヤモンドは高価なものだけに、加工後にきちんと鑑定されるのです。

大島石の墓石もダイヤモンドとまではいかなくとも、高価なものには変わりありません。

 

しかし、採石業者から「特級」として原石を仕入れた以上、見た目が少々悪くとも「大島石特級」として販売されるのです。

 

4.大島石の墓石には2種類ある

大島石の墓石には2種類ある

大島石の墓石には2種類あります。

 

ランク(等級)とは関係ありません。

 

  • 日本国内の石材加工工場でつくられる国内加工の大島石墓石
  • 中国の石材加工工場でつくられる中国加工の大島石墓石

 

このように、「国内加工」と「中国加工」の2種類の大島石墓石があるのです。

 

国内加工については説明不要かと思いますが、中国加工の大島石墓石って、なんかよく分かりませんよね。

 

どういうことかと言うと、愛媛県で採石された大島石の原石をコンテナに詰めて中国に輸出し、中国の石材加工工場にて墓石として完全に加工され、再び輸入された大島石墓石のことなのです。

何トンもの重量がある大島石の原石を、どうしてわざわざ中国にまで送って墓石をつくる必要があるの?って思われることでしょう。

 

それは、単に安い値段でつくることだけが目的なのです。

 

国内加工の大島石墓石と、中国加工の大島石墓石とでは、国内加工の方が品質は格段に上です。

いくら、大島石の特級で墓石をつくっても、つくり手の腕が悪ければ良い製品になるはずがありません。

 

しかし、どちらも「大島石特級」として販売されるのです。

 

 

5.後悔しない大島石の墓石を建てるには

後悔しない大島石の墓石を建てるためには

大島石は、30カ所を超える事業者の採石場から採石されます。

 

それらの採石場から採石された大島石は、各採石業者が「特級」や「一級」などにランク分けされます。

 

しかし、同じ大島石の特級であっても、Aという採石場から採石されたものと、Bという採石場から採石されたものでは、石目や色目が異なります。

また、同じAの採石場であっても、切り出される地層ごとでも石は異なります。

 

それが、自然の産物である所以です。

 

そうなると、今現在どこの採石場で採石される大島石が良いのかという情報をいち早く入手でき、最良の大島石を最高の技術で加工できるルートを持ち合わせている石材店に依頼することが、後悔しない大島石の墓石を建てるための秘訣です。

 

中国加工の大島石特級墓石を選ぶくらいなら、ランク(等級)を少々落としてでも国内加工を選んだ方が、数倍良いお墓になるでしょう。

 

6.まとめ

大島石の特級を選べば、良いお墓になるというわけではありません。

 

お墓も料理と同じく、素材の良さに加えて、つくり手の技術が必要なのです。

 

いくら大島石の特級であっても、中国で加工された段階で品質には期待できません。

 

また、ひと口に「大島石特級」と言っても、

 

  • 採石丁場
  • 採石時期

 

によって、石目や色目が異なります。

 

また、あなたが選んだ石材店のもとに、最高の大島石が届くかどうかも重要なポイントです。

 

それらの総合的な要因が重なってはじめて、最高の大島石墓石となるのです。

見せかけのランク(等級)やブランド名だけで選んでしまうのは、かなり危険です。

 

後悔しない大島石の墓石を建てるには、具体的にどのような手順をふめばいいのかを知りたい方は、ご遠慮なく当社までお問い合わせください。

 

 

私たちに30分の時間をください!

お墓づくりに成功する秘訣をお伝えできるでしょう。

ここまで読んでいただきありがとうございます。

 

しかし、この記事だけでは、あなたのお墓への疑問を解決するにはまだまだ情報量が足りません。

 

もし、あなたが、

 

  • 満足のいくお墓を建てたい
  • お墓づくりで失敗したくない

 

と思われているのなら、私たちに30分だけ時間をください。

 

方法は簡単です。

当社にお電話をしていただくだけです。

 

フリーダイヤル:0120-756-148(ナゴム・イシヤ)

 

対応は、すべて(一社)日本石材産業協会認定の「1級お墓ディレクター」資格者の当社代表・能島孝志が承ります。

もちろん、相談は一切無料です。

 

私たちに30分のお時間をいただければ、あなたがお墓づくりで失敗する確率はかなり少なくなるはずです。

また、当社にご来店いただければ、あなたのお墓づくりの半分は成功へと近づくでしょう。

そして、あなたのお墓づくりを当社にお任せいただけるのなら、満足を超えた感動をご提供できると自負しております。

 

しかし、問い合わせをすれば、

 

  • 売り込まれるんじゃないか?
  • 後からしつこく電話が掛かってくるんじゃないの?

 

なんて心配をされているのならご安心ください。

 

当社では、

しつこい営業は絶対にいたしません。
売り込み電話は絶対にいたしません。
自宅への押しかけ営業は絶対にいたしません。

 

安心してお問い合わせください。

お問い合わせはコチラ!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
https://daiichisekizai.com/inquiry/

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください