電話受付時間 平日10:00~17:30 第2・4木曜日定休
【近畿地方限定】失敗しないお墓づくりに役立つ小冊子プレゼント!

最高の国産墓石材「天山石」以外にも、佐賀県は良いものが生まれる土壌がある

最高の国産墓石材「天山石」以外にも、佐賀県は良いものが生まれる土壌がある
この記事を書いている人 - WRITER -

国産の墓石材で有名なのは、なんと言っても天下の銘石「庵治石(あじいし)」でしょう。

 

その中でも、最高峰は「庵治石細目(あじいしこまめ)」です。

 

しかし、良い石でお墓をつくると高級車一台分くらいの値段なので、なかなか手が出ないのも実情です。

 

そんな庵治石に負けずとも劣らない品質を誇るのが、佐賀県産の「天山石」なのです。

 

天山石は、“硬い”“水を吸わない”“変色しない”という、墓石の材料としては理想的な墓石材なのです。

 

たしかに、見た目の華やかさや豪華さは庵治石に劣るかもわかりませんが、品質だけなら天山石の方が上かもと思うくらいです。

 

1.フランスで行われた日本酒コンクール

フランスで行われた日本酒コンクール

天山石のブログを書いている最中にふと目にとまったのが、2017年10月9日のNHKのネットニュースです。

 

お墓の石とは全く関係ないのですが、日本酒は野菜などを多く使った健康志向の料理に合うと、近年、日本酒の人気が高まっているフランスで、ワインのソムリエたちが日本酒を飲み比べ味や香りを審査する、初めてのコンクールの審査結果が発表されたニュースです。

 

このコンクールは、2017年6月にフランスで行われたもので、一流のソムリエたちが、550もの銘柄の審査をしました。

 

2.最優秀賞に佐賀県の天山酒造の「七田純米吟醸雄町50」が選出

最優秀賞に佐賀県の天山酒造の「七田純米吟醸雄町50」が選出

その結果が2017年10月8日、パリ市内で開かれた日本酒の見本市で発表され、最優秀賞に佐賀県の天山酒造の「七田純米吟醸雄町50」が、審査員特別賞には熊本県の花の香酒造の「花の香桜花」が選ばれました。

 

審査委員長を務めたソムリエのグザビエ・チュイザさんは、「最優秀の日本酒は上質な白ワインと似ていて、フランス料理との相性のよさや可能性を感じた」と話していました。

最優秀賞に選ばれた天山酒造の七田謙介社長は、「フランスで高い評価を受けたことは大きな自信になるし、今後、ヨーロッパに向けて日本酒を輸出する際の力になると思う」

※引用元:NHKニュース

 

3.まとめ

佐賀県、熊本県と、偶然にも二つの賞に選ばれたのは、いずれも九州のお酒です。

 

最高品質墓石材の天山石材産の「天山石」をはじめ、今回、最優秀賞を受賞した佐賀県の天山酒造の「七田純米吟醸雄町50」。

 

その他にも、近年では国産和牛のメジャー級ともなった「佐賀牛」など、佐賀県には良いものが生まれる土壌があるのかも分かりませんね。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください