電話受付時間 平日10:00~17:30 第2・4木曜日定休
【近畿地方限定】失敗しないお墓づくりに役立つ小冊子プレゼント!

石材店ごとに国産墓石の値段が違う理由?

石材店ごとに国産墓石の値段が違う理由?
この記事を書いている人 - WRITER -

こんにちは。兵庫県神戸市兵庫区にある株式会社第一石材の能島です。

(一社)日本石材産業協会認定の「1級お墓ディレクター」です。

能島

お墓には、日本でつくられるものと外国でつくられるものとがあります。

 

その外国の中でも、圧倒的多数を占めるのが中国産です。

そして、今や日本国内に流通している墓石の80%以上が中国でつくられたものと言われています。

 

このあたりまでは、「なんとなく知っている」という方もいることでしょう。

 

そんな中でも、どうせなら日本の石でお墓を建てたいという方も一定数いらっしゃいます。

 

というわけで、何軒かの石材店に国産墓石で見積りをしてもらったが、同じ石なのに値段に差があり驚いた、という声も耳にします。

 

しかし、理由もなく値段が高いわけではないのです。

 

実は、国産墓石には多くの消費者が知らない事実があるのです。

 

いったい、どういうことなのかを見ていくことにいたしましょう。

 

国産墓石を選びさえすれば安心というわけではないのですよ。

 

1.「中国加工の国産墓石」って何?

「中国加工の国産墓石」って何?

国産墓石には、日本でつくられる「国内加工の国産墓石」と、中国でつくられる「中国加工の国産墓石」があることを知っている消費者はあまりいないと思います。

 

「中国加工の国産墓石」っていったい何なの?って思われた方もいることでしょう。

 

国産の墓石なのに、なぜ中国加工なんでしょうか?

 

中国加工の国産墓石とは・・・

 

日本の石を中国の石材加工工場に輸出し、中国で墓石としてつくり上げた製品を再度輸入したものなのです。

そして、現在では中国加工の国産墓石の方が圧倒的に多く、国産墓石全体の80%以上を占めるとも言われています。

 

つまり、「国産墓石」として販売されている墓石のほとんどは、中国でつくられたものであるということです。

 

「それって、やばくないの?」と思われるかもしれませんが、現在の法律では問題ないのです。

素材である石が国産なので、「国産墓石」として販売できるのです。

 

なんかずるい感じがしますが、そうなんです。

 

2.日本の石を中国で加工する目的とは?

日本の石を中国で加工する目的とは?

日本で採れた石を、わざわざ高い運賃を払ってまで中国へ送る理由はなぜなのでしょう?

原石を輸出するときも、中国の石材加工工場で製品化された墓石を輸入するときにも関税が掛かるのです。

 

そうまでしても、中国でつくる理由は値段の安さです。

日本でつくるより、中国の方が技術力が優れているわけではありません。

 

コストダウンだけが目的なのです。

 

それ以外の理由はありません。

 

とにかく安くつくることだけを目的としたのが、中国加工の国産墓石なのです。

 

3.国内加工と中国加工!どちらの国産墓石が良いのか?

国内加工と中国加工!どちらの国産墓石が良いのか?

結論から申し上げますと、中国加工の国産墓石に「良い」と言えるほどのものはありません。

 

良くてそこそこ。

ひどいものは、とことんひどいと言ってもおかしくないくらいです。

 

その理由は、モノづくりに対する考え方の違いに起因します。

 

「そこまでするか!」と言われるほどの職人気質でつくり上げる国内加工。

「この程度で十分使える」という考え方の中国加工。

 

これは、国民性の違いであるゆえに、どうしようもありません。

 

では、国内加工の国産墓石がすべて良いかというと、そんなこともありません。

 

日本でつくるといえども、人それぞれ技術力に違いがあります。

また、加工工場の経営方針も品質に影響します。

 

今の時代、国内加工と言っても、自社で墓石を加工している石材店は全国でもごくわずかです。

都市部では、ほとんどないと言ってもいいくらいです。

 

多くの場合は、香川県の「庵治・牟礼(あじ・むれ)に代表される、石材加工産地と呼ばれる地域にある加工専門工場でつくられています。

 

ちなみに、庵治・牟礼には、200軒近くの石材加工関連工場が軒を連ねています。

 

当然ながら、それぞれの工場ごとに技術レベルが異なります。

そこそこの技術力の工場もあれば、極めて素晴らしい技術力を誇る工場もあります。

 

もちろん、価格も違いますので、どのレベルの工場を使うのかは、石材店の考え方次第ということになります。

 

いずれにしても、中国加工の国産墓石よりは格段に良いものができることには間違いはありません。

 

4.まとめ

いかがでしたか。

 

石材店ごとに国産墓石の値段が違う理由についてお伝えいたしましたが、国内加工と中国加工のどちらを選ぶかお決まりになりましたか?

 

お墓は一生に一回の大きな買い物だけに、悩むところかと思います。

 

もし、あなたが、本当に品質の良い国産墓石を望まれるのなら・・・

 

原石の採石業者との間に非常に良好な人間関係ができており、極めて高い技術力を有する石材加工工場と直接対話ができる関係を持つ石材店を選ばれることが重要です。

 

やはり、どんな商売でも最終的には人間関係です。

 

例えば、あるレストランが貴重なヴィンテージワインを、たまたま酒屋さんを通じて手に入れたとしましょう。

 

さて、その店の店主は、この貴重なワインを誰に勧めるでしょうか?

 

初めて来られた一見のお客様でしょうか?

それとも、いつも贔屓にしていただいている常連のお客様でしょうか?

 

普通に考えれば、やはり常連さんでしょうね!

 

墓石業界も同じく、原石の採石場で採れた最も良い石は、長い年月つき合いのある加工工場に優先的に卸されます。

そして、加工工場は、その良い石をどの石材店からの注文分に使うかです。

 

このような流れで、墓石の善し悪しが異なってきます。

 

そう考えると、本当に良い高品質のお墓づくりのためには、いかに良い石材店に出会うかが重要な問題となるのです。

 

少しばかり値段が安いという理由だけで、中国の石材加工工場でつくられた国産墓石を選ぶ前に、今一度考えてみてはいかがですか。

 

 

【実録映像】第一石材のご紹介とお客様の声(00:04:40)

 

私たちに30分の時間をください!

お墓づくりに成功する秘訣をお伝えできるでしょう。

ここまで読んでいただきありがとうございます。

 

しかし、この記事だけでは、あなたのお墓への疑問を解決するにはまだまだ情報量が足りません。

 

もし、あなたが、

 

  • 満足のいくお墓を建てたい
  • お墓づくりで失敗したくない

 

と思われているのなら、私たちに30分だけ時間をください。

 

方法は簡単です。

当社にお電話をしていただくだけです。

 

フリーダイヤル:0120-756-148(ナゴム・イシヤ)

 

対応は、すべて(一社)日本石材産業協会認定の「1級お墓ディレクター」資格者の当社代表・能島孝志が承ります。

もちろん、相談は一切無料です。

 

私たちに30分のお時間をいただければ、あなたがお墓づくりで失敗する確率はかなり少なくなるはずです。

また、当社にご来店いただければ、あなたのお墓づくりの半分は成功へと近づくでしょう。

そして、あなたのお墓づくりを当社にお任せいただけるのなら、満足を超えた感動をご提供できると自負しております。

 

しかし、問い合わせをすれば、

 

  • 売り込まれるんじゃないか?
  • 後からしつこく電話が掛かってくるんじゃないの?

 

なんて心配をされているのならご安心ください。

 

当社では、

しつこい営業は絶対にいたしません。
売り込み電話は絶対にいたしません。
自宅への押しかけ営業は絶対にいたしません。

 

安心してお問い合わせください。

お問い合わせはコチラ!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
https://daiichisekizai.com/inquiry/

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください