電話受付時間 平日10:00~17:30 第2・4木曜日定休
【近畿地方限定】失敗しないお墓づくりに役立つ小冊子プレゼント!

石・デザイン・値段、それとも石材店?お墓選びのポイントと注意点

WRITER
石・デザイン・値段、それとも石材店?お墓選びのポイントと注意点
この記事を書いている人 - WRITER -

いさ、お墓を建てるとなっても、一般消費者にはわからないことばかり。

 

ホームページで調べても、どの石材店も自社の良いことしか書いていないし、石材店に行って話を聞いても今一つよくわからない。

 

「お墓はどこの石材店で建てても同じ。違うのは値段だけ!」なんて思っている人もいるでしょう。

 

でも、お墓を建てるのは一生に一回あるかないかのことだけに、誰しも失敗はしたくないはずです。

 

そこで今回の記事では、消費者にとって極めてわかりにくい、お墓・墓石の選び方と注意点をお伝えいたします。

 

お墓を建てる目的を考えることで、お墓選びで何が最も大切なのかが自然と見えてきます。

 

それでは、早速ご紹介いたします。

 

1.何のため?誰のため?にお墓を建てるのか?

何のため?誰のため?にお墓を建てるのか?

お墓を建てる目的といえば、

●亡くなった人のため

●将来の自分たちのため

 

ほとんどがこの二つでしょう。

 

つまり、誰かのお骨を納めたり、ご先祖様を供養するためにお墓を建てるのです。

何かの記念や観賞用ではないはずです。

 

そう考えると、お墓の主人公である故人やご先祖様主体で捉えてみると意外に簡単に答えが導かれてきます。

 

それが、お墓・墓石を選ぶ際に最も大切なポイントなのです。

 

では、それらのポイントを具体的に紹介していきましょう。

 

2.故人やご先祖様が喜んでくれるお墓とはどんなお墓?

故人やご先祖様が喜んでくれるお墓とはどんなお墓?

故人やご先祖様を主体に考えるのならば、その人たちが喜んでくれそうなお墓はどんなものかを考えてみてください。

 

生前に建てられるお墓ならば、自分がご先祖様になったつもりで考えてみてもいいかもしれませんね。

 

2-1.いい石を選んでお墓をつくりたい

いい石を選んでお墓をつくりたい

お墓を買う際、多くの人はお墓に使用する石にこだわります。

 

「料理も素材が一番」というくらいですから当然のことかもわかりません。

 

とにかく国産

どうせなら「大島石」

できる限りきれいな石目を希望

・・・など、こだわりポイントは人それぞれですが、亡き故人のためにできる限りいい石でお墓をつくりたいという想いを持っている人は少なくありません。

 

国産・外国産に限らずいい石にこしたことはありません。

 

では、いい石の根拠とは何なのでしょう?

実はこれも明確な答えがないのです。

 

見た目の美しさで評価の高い石もありますし、硬さや耐久性に優れている点でいい石といわれるものもあります。

色の変化を「変色」と嫌う人もいますし、「わびさび」と捉える人もいます。

 

要は、あなたが何を基準に選ぶかなのです。

 

2-2.おしゃれなデザインの墓石

おしゃれなデザインの墓石

和型・洋型、お墓の形に限らず、「亡くなった父はおしゃれだったから、カッコいいお墓にしたい」と、洗練されたデザインのお墓を希望される人もいます。

 

「家族の絆を表すようなデザインのお墓が欲しい」など、想いをカタチにしたオリジナル墓石を考えている人もたくさんいます。

 

いずれにしても、在りし日の故人を思い浮かべながら、お墓づくりに反映するのもいい供養になるかも知れませんね。

 

ただし、いざお墓が完成してみると、「想っていたイメージと違う!」なんて話もよく耳にします。

 

おしゃれなデザインの墓石をお考えの方は、その道に精通した石材店に依頼することが重要です。

 

 

2-3.「納骨室に水が入らない」「地震に強い」など構造重視の墓石

“納骨室に水が入らない”“地震に強い”など構造重視の墓石

故人やご先祖様が喜んでくれるお墓とはどんなお墓か?ということで、ここまで「いい石」「おしゃれなデザイン」の二つをご紹介してきましたが、もうちょっと深掘りして考えてみてください。

 

どちらも、亡くなった人のためと言うのなら、ちょっと何か足りない感じがしませんか?

そうです!いずれも見た目の観点で選んだものなのです。

 

お墓は、クルマや家電製品のように定期的に買い替えをするものではありません。

風雨にさらされる中で、長い年月あり続けるだけに見た目の良さだけでは不安材料だらけです。

 

日本中、いつどこで地震が起こっても不思議じゃないだけに、大きな地震でも倒れない仕様のお墓でないとダメでしょう。

 

また、日本全国ほとんどの地域の墓石は、カロート(納骨室)の中に水が入ってしまう構造です。

 

かつては夕立と呼ばれていた雨も、今では「ゲリラ豪雨」と称され、あちらこちらで大きな被害をもたらしています。

大切な家族のお骨が水びたしになっているとしたら、あなたは耐えられますか?

 

「いい石」や「おしゃれなデザイン」など、外観上の観点からお墓選びをすることも間違いではありません。

 

しかし、本当に故人やご先祖様のことを考えるならば、基礎工事や耐震・免震施工など耐久性を考慮した工法や、“納骨室に水が入らない”など構造面重視でのお墓選びこそが最も重要と言えます。

 

 

3.いいお墓を建てるには良い石材店選びにつきる

いいお墓を建てるには良い石材店選びにつきる

さあ、あなたの方針が決まればいよいよ本格的なお墓選びです。

 

いい石のお墓

おしゃれなデザインのお墓

構造重視のお墓

文字で書くのは簡単ですが、これらの想いを叶えてくれる石材店を探すのは結構難しいことなのです。

 

あなたがどの程度で満足されるのかによりますが、本当にいい石ですばらしい加工技術のお墓を提供できる石材店はそう多くありません。

 

おしゃれで、年月を経ても色褪せしないデザインのお墓をつくることも石材店のセンス次第です。

 

そして、納骨室に水や虫が入らない構造のお墓をつくることができる石材店は全国でもほんのわずかです。

 

そう考えると、いいお墓を建てるには良い石材店選びにつきます。

そこにたどり着けるかどうかで、すべてが決まると言ってもいいくらいです。

 

 

4.まとめ

いかでしたか?

あなたは、何を重視したお墓づくりをしたいか決まりましたか?

 

一生に一回のお墓づくり。

 

国産・外国産に限らず、どうせならいい石でつくりたい。

・・・というよりも粗悪な石に当たりたくないはずです。

 

見た目のデザインや設計内容には頓着しないという人もいるかと思いますが、お掃除のしやすさや、お参りのしやすさなども「デザイン」なのです。

 

そして、なによりも大切なのが内部の構造です。

 

外からは見えませんが、そこはあなたの家族やご先祖様が眠る場所です。

そして、いずれは、あなたもそこに入るかもしれないのです。

 

お墓を建てて満足できるか?後悔するか?は紙一重です。

 

私ども第一石材では、そんな悩みをお持ちの方のために無料相談を承っています。

 

もし、あなたが少しでも不安に思っているのなら、後悔しないお墓づくりのためにまずはお電話をしてみてください。

しつこい営業や押し売りは一切しておりませんので、きっと損はないと思いますよ!

 

それではお待ちしています。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください